のこりの時間


ドクターの話を聞いた日の夜は
流石にあまり眠れなかった。
何度も目が覚めて。
まさにココロがザワザワしてる感じ。



昨日病院からの帰り、施設によってみた。
でも会議中だとかで事務の人以外誰もいなかった。

伝言しておきますって言われて、
伝言レベルの話ではないんだけれど、
とりあえず、
ここに戻ることはできないかもしれないので相談したいと伝えておいた。


今朝、今年度より生活相談員になった、セカオワみたいな兄ちゃんから電話。



昨日お電話いただいた件で~
↑直接出向きましたけど、あたし。

入院が長引くので退去の手続きをということですね?

って、そんなこと言うてるかーーーーーー



先日のドクターとの話でも、お互い直接的明言はやんわり避けての会話でした。
人の命断言なんてできないから。
それがその兄ちゃんには伝わらない。
三が月後にはどこか他へ移るつもりみたいに受け止めてる。


三か月ももたないっていうことです!!!!


その後 施設長兼ケアマネに確認して折り返し連絡すると。
返事としては、退去はあくまでも入居者の意思なので
居住費はかかるけれどそのままで大丈夫だし、
途中で一日でも施設に戻ってくれば
そこからまた3か月と伸ばすことができると。
↑だからそういう状態じゃないって言うてるやろうがーーー

その間、一言のお見舞いの言葉も母の様子を尋ねる言葉もなし。

何だかイラっときたから、絶対答えられないだろうと思いながら、
退去したら住民票どうなりますか?

兄ちゃん、また誰かに聞きに行って、
元いた住所にもどして下さい。

住民票移すのはちゃんと居住してからでないとムリじゃないですか?
↑最初に母が倒れた時に散々苦労した件なので。


兄ちゃんまた周囲に聞いて、
退院後そこに戻る予定ということで転入手続きできますって。


え~~~、ホントかなぁ~~~
これ違ってたら大変なことになるけどなぁ。


というような一連の不愉快なやりとりがあったので
この件については考えるの止めました。
お金がかかろうと、住民票の行き場がない苦しみを
思い出すのも辛いので。


あ~今まで抑えてきた不満が噴出しそうで自分がコワい。







そして今日の母。
目はぼんやりあいているけれど、
顔を覗き込んで呼びかけても全く反応はない。
口も大きく開いていて、呼吸音を聞いていると
眠っているようだけど、目は開いている。
もしかして、意識レベルで言うとかなり低い状態か?
と顔をみてると思うけれど、
やっぱり手は動いている。
ベッドの柵を指でなぞったり、
結構な力でガタガタ揺らしたりしている。
この手の動きは ”うわごと” みたいなものなのかもしれない。
自分の意思と関係なく動き続けてるみたい。
途中2回ほど、肩をトントンして声をかけたら
眼だけが左右に動いた。反応はそれだけだった。
溶けてしまってる氷枕もあったので、午前中は熱があったのかも。


のこりの時間はそれほど長くはないのかもしれないと
今日は感じた。







[PR]

by kissinheaven6002 | 2017-05-24 21:40 | ひとりごと。 | Comments(0)