特養退居


昨日は一日中寝て過ごしてしまった。
それが、寝ても寝ても寝られるもんで。
まぁ、それはそれで仕方ないかな。
ただ、家の中が乱れ続けてる・・・


母の所へ行かなきゃって考えなくていいんだって
考えることがちょっとしんどいっていう感じ。




さて、入院中から引っかかっていた特養のこと。
特養には2年と1か月間お世話になりました。

一言で言い表すなら


なんだかなぁ・・・


です。




母が亡くなった日の午後、
とりあえず施設に電話して、
今は施設長兼任となっているケアマネを呼び出して
亡くなったことを伝えました。


スッゴイびっくりした様子でした。
・・・いやいや、その前に相談員にちゃんと長くないこと
伝えたはずでしょうに、今さらそんな驚かれても困る、でした。

亡くなった日をもって、施設での費用はかからなくなるようでした。



母の荷物は、チェストとポータブルトイレ、ハンガーラック。
あと、車椅子とセンサーマット。

葬儀の翌日の金曜日、手続きやら段取りの為に
施設に行きました。

もうすでに次の入居者の準備が始まっているようで
荷物はホールの端に出されていました。


入居の時にオーダーミスをしたカーテンも私物でした。
カーテンの洗濯は各自となっていたので
今回の入院の時に外して家で洗ってました。
丈が長かったので、修正しようかななんて悩みながら
結局・・・もう一度カーテンをつるすことはありませんでした。


衣類はその日に全部持って帰って
その他のチェストなどは、市の回収を手配しておけば
当日スタッフが運びだしてくれるということでした。


車椅子は使いたい友人がいるので持ち帰り
残ったのが、センサーマット。
こればっかりはどうにもなんないし。
とりあえずどこか下取りしてくれないか探してもらうことにして
帰宅しました。


それから市の粗大ごみ回収の申し込みをしたら
週明けの月曜日に回収してくれるとのこと。
そうなると土日をはさむので、今日中にシールとか
用意しておいた方がよさそうなので
結局・・・退居の書類やら全部揃えて
再び施設へ。


窓口でやり取りすべて終えて、
メンドクサイからもうセンサーマットも寄付することにして…
そしたらすべての手続きが終わって
あっけなく特養退居終了。


最後に窓口に行ったときにも、相談員とか
奥で研修中だとかで出て来なくて、
ケアマネに至っては最後に会ったのはいつだったか。


母がもう戻ることはないと相談に行った時も
奥で研修中だったなぁ。
家族の話聞かずに何が研修なんだか。


ユニットリーダーにも会ったけれど
私が、お世話になりましたと挨拶しても
はぁ・・・・みたいな。
こういう時の言葉こそ研修しとけばいいのにね。
若いお嬢さんだから、経験も浅いってことでしょう・・・けど、
プロなんだからさ。


多分家族としての私は、それほど多くの事を
施設に望んでいたわけではないと思うけど、

特養ってこんなもんなのかな…なんだかなぁ

っていうのがすべてに対しての気持ち。


お世話になったことに対して
もちろん感謝もしているけれど、
それは対価として
介護保険と自己負担で支払ってきたもので
充分な範囲かな・・・みたいな。

何か大事なものが足りなかったような。


うまく書けないけれど、
もっと切り込んでいけないのは
やっぱり在宅をやめて特養でみてもらったっていう
負い目を少なからず感じてるからでしょうね。


そんな気持ちもこの記事で整理してしまいます。



ただうちみたいに認知症で特養に入居される時、
デイサービスで受けていたような刺激は全くなくなる
ってことは理解しとく必要があると思います。

















[PR]

by kissinheaven6002 | 2017-06-18 12:55 | ひとりごと。 | Comments(0)