終わりに、そして、はじめに。


このブログは4年前、82歳でレビー小体型認知症を発症した母の最期の日々を
そしてその母を何とか見送った50代半ばとなった娘のココロの葛藤を書き残しました。


迷って苦しんだとき、たくさんのブログを彷徨いわたり
何とか答えを見つけようとしていた、その時の自分に
探していた答えを残したいと思ってきました。



母がレビーだとわかったとき、これからどうなっていくのか、
予後が知りたくて知りたくて。
あまりはっきりしたことが書いてあることはなかったけれど、
どこかで、発症してから6年くらい とあったのを見た。
倒れた時母は82歳。女性の平均寿命が約87歳。
そんなことばかり考えていた。


レビーの症例なんかもたくさん読んだから、
次はこうなっていく、こんな症状がでるはずと
毎日ビクビクして過ごしていたけれど、
今になってみれば、そのすべての症状が現れるわけではないとわかる。
パーキンソンに似た症状もあまり見られなかったし
拘縮もほとんどなかった。


ただ、他に病気はなかったけれど、
レビーを発症してから身体の機能が低下していく速度は
とても早かった。
そしてそれも今になって理解できたこと。


先日帰阪した際、久しぶりにすみれさんに会ったけれど、
面会に行った時、デイルームで殻付きピーナツをむきながら
バリバリ噛んでお茶していた。91歳。
足は多少弱っているものの、背中も曲がらず
容姿は4年前と全く変わっていなかった。
こちらは時が止まっているかのようだった。


四十九日を済ませ、お香典返しなども終わり
従姉から厳しいダメだしがあったり、
兄よ、しっかり頼むで~的なことも重なり
少々バテ気味な今日この頃。


先日、施設の帰りによく通った道を歩いていたら
突然、母のやせ細った手を思い出し、その手をぎゅっと握りたいと感じた。
在宅だった頃、母への嫌悪感が大きくなり、
身体に触れるのも抵抗がある時期があった。
なのにね。自分がこんな風に母を想う日がくるとは思わなかったな。



ブログを書き始めたころ、何人かの友達にもブログのことを伝えたので
お悔みしてもらった。

本当にありがとう。

それから、4年間、心配かけてしまったね。ごめんね。
今思うとあの頃のテンションは変に高かったような気もする。
単に、若かったからか?
自分の苦労話を押し付けてしまったようで…申し訳ない。


友人たちは 自分は介護したことがないからと
私のことを思いやってくれて、
だけど介護ブログ界(?)じゃあ、
私なんぞのは介護のサワリみたいなものだったと思う。

母が特養の入居が決まった時も、
介護ブログ界の同志たちに申し訳ないみたいな気持ちにもなったりして。


でも、私の介護なんてまだまだだ って
この程度で弱音を吐いてるなんて って
それでもやっぱり苦しくてもがいてて
そんな4年前の私のような人がまたこのブログを読んで
おんなじだ・・・とホッとしていただけたら嬉しいです。




母をおくり、
来春次男は大学を卒業し就職。子育ても一応おしまい。
次は、オットの定年が近づき、自分たちの老後のこと。
自分たちの身体のこと。
自分たちの終い方を考えていく時になりました。



これで私の介護ブログも卒業です。



読んでくださってありがとう。
コメントをありがとう。
励ましてくださってありがとう。
一緒にもがいてくれてありがとう。








f0291972_11401437.jpg
ありがとう。



































[PR]

by kissinheaven6002 | 2017-08-10 12:00 | はじめに…そして終わりに。 | Comments(8)

Commented by そら at 2017-08-12 16:13 x
はじめまして。
ご挨拶が今日になりましたご無礼をお許しください。
4年前、母のレビーを疑う中できっちょん様のブログに出会いたくさんのことを学ばせていただいてきました。

現在85歳の母の生活はショートステイ利用で支えてもらっています。
この先迎えるであろう施設入所の日や別れの日の気持ち、娘としての心構えを教えていただきました。
最近は、母との日々の疲れや私と弟との関係もあり、母への気持ちが冷めつつありました。

でもまたいつか私も母を想う日がやってくる。

そう思えましたら気持ちが少し軽くなりました。
きっちょん様、お母様、ご家族の皆様、たくさん教えていただきありがとうございました。
どうぞお健やかに。
ご自愛くださいませ。

Commented by kissinheaven6002 at 2017-08-13 17:27
> そらさん

コメントありがとうございます。
本当にとても嬉しいです。
教えるだなんてそのような大それたものではありませんが
ただ少しでも共感していただけたらそれだけで嬉しいです。
今もいろいろな思いが溢れるのですが、何よりも、
母が今はレビーから解放されたんだ…そう思うと少し落ち着きます。


私たち、精一杯やってるよ!

介護友達とこう言って乗り越えてきました。

そらさまも、どうかどうか、ご自愛くださいませ。

ありがとうございました。
Commented by ゆか at 2017-08-13 23:54 x
このブログも卒業されるんですね。
私も随分励ましていただきました。
今年は新盆で、8日から15日まで、毎日お膳づくりに励んでいます。精進料理じゃなくていいから、お母さんの好きな物をお供えしてあげてくださいと言われ、料理しながら、あれやこれやと母のことを思い出しています。
私も介護の世界でいうなら、5年ちょっとですから、大したことはなかったんだと思います。
今は私自身の第二の人生に向けて、人生設計をしているところです。
ブログを通じてしか交流できませんでしたが、きっちょんさんのブログは本当に参考になりました。
ちょっと寂しい気もしますが、新たな人生の第一歩を踏み出されるのですよね。
どうか、きっちょんさんの今後の人生が幸せなものであることをお祈り申し上げます。
お母さまも、きっと見守ってくれていると思いますよ。
本当にありがとうございました。
Commented by kissinheaven6002 at 2017-08-15 18:55
> ゆかさん

いつもコメントを本当にありがとうございました。
ブログを読んでいただいて、共感していただけて
そのことで私も励まされすくわれました。
仏壇は兄のところにあるし、うちの宗派はほとんどお盆の行事もないのですが
母方の従姉妹が、母と祖母と戒名を並べて迎えてくれました。
母は大阪でたくさんの親族に囲まれて賑やかにすごした初盆だったと思います。
ここからは自分の人生の終点まで、前向いて歩いていかなきゃなぁ~ ですね。
ゆかさまも、どうかお元気でお過ごしこださいませ。

本当にありがとうございました。
最後にもコメント頂けて、とっても嬉しかったです。




Commented by 放浪カモメ at 2017-08-16 12:35 x
きっちょん様
お母様、故郷・大阪でゆっくり、のんびり、楽しく過ごされているようですね。

お写真の佇まいが凛としていらっしゃいます。素敵なお母様ですね!


4年間、お母様もきっちょん様も本当に本当にお疲れ様でした。

きっちょんさんは、命の恩人です。あのとき、助けていただいたおかげで今のわたしがあります。

いろいろありましたけど、精一杯がんばりましたですよね。よくわからない病名を聞かされて、それでも何とかやってきましたよね。

たくさんお伝えしたいことがあるのに、いざとなると文字に出来ません。

本当に、本当に本当にありがとうございました。
Commented by kissinheaven6002 at 2017-08-16 18:27
> 放浪カモメさん
この4年間、いつも前を走る放浪カモメさまの後をついて行かせてもらいながら
ここまでたどり着きました。
放浪カモメさまのお母様に、母はご挨拶できたでしょうかね?
彼の地を案内して頂いているかもしれません。

レビー、本当に不思議な病気でしたね。
そして本当に残酷な病気でした。

こちらの方こそ、いつも的確なアドバイスをありがとうございました。
敬語でやり取りしていた頃から早4年。
長かったけど、アッと言う間だった…
夜中に部屋をノックされるキョーフを泣き笑いあったことが懐かしい。
いつかはこういう日が来るのは分かり切ったことだったけれど、
終わりました・・・
いつもいつも気にかけていただいて
ありがとうございました。

Commented by まっち at 2017-09-02 10:41 x
お母さまもきっちょんさんも本当にお疲れ様でした。
Commented by kissinheaven6002 at 2017-09-05 12:02
> まっちさん

お久しぶりです。
お変わりありませんか?
いつもいつも、気にかけていただいて
本当にありがとうございました。

寂しさは枯れることなくジワジワと…
でもこの寂しさこそが自分が最後に子供として与えられた感情って
ことなんでしょうね。

そうそう、いろんな意味での悲願の高校野球初優勝でしたね~

本当にありがとうございました。