カテゴリ:はじめに…そして終わりに。( 1 )

終わりに、そして、はじめに。


このブログは4年前、82歳でレビー小体型認知症を発症した母の最期の日々を
そしてその母を何とか見送った50代半ばとなった娘のココロの葛藤を書き残しました。


迷って苦しんだとき、たくさんのブログを彷徨いわたり
何とか答えを見つけようとしていた、その時の自分に
探していた答えを残したいと思ってきました。



母がレビーだとわかったとき、これからどうなっていくのか、
予後が知りたくて知りたくて。
あまりはっきりしたことが書いてあることはなかったけれど、
どこかで、発症してから6年くらい とあったのを見た。
倒れた時母は82歳。女性の平均寿命が約87歳。
そんなことばかり考えていた。


レビーの症例なんかもたくさん読んだから、
次はこうなっていく、こんな症状がでるはずと
毎日ビクビクして過ごしていたけれど、
今になってみれば、そのすべての症状が現れるわけではないとわかる。
パーキンソンに似た症状もあまり見られなかったし
拘縮もほとんどなかった。


ただ、他に病気はなかったけれど、
レビーを発症してから身体の機能が低下していく速度は
とても早かった。
そしてそれも今になって理解できたこと。


先日帰阪した際、久しぶりにすみれさんに会ったけれど、
面会に行った時、デイルームで殻付きピーナツをむきながら
バリバリ噛んでお茶していた。91歳。
足は多少弱っているものの、背中も曲がらず
容姿は4年前と全く変わっていなかった。
こちらは時が止まっているかのようだった。


四十九日を済ませ、お香典返しなども終わり
従姉から厳しいダメだしがあったり、
兄よ、しっかり頼むで~的なことも重なり
少々バテ気味な今日この頃。


先日、施設の帰りによく通った道を歩いていたら
突然、母のやせ細った手を思い出し、その手をぎゅっと握りたいと感じた。
在宅だった頃、母への嫌悪感が大きくなり、
身体に触れるのも抵抗がある時期があった。
なのにね。自分がこんな風に母を想う日がくるとは思わなかったな。



ブログを書き始めたころ、何人かの友達にもブログのことを伝えたので
お悔みしてもらった。

本当にありがとう。

それから、4年間、心配かけてしまったね。ごめんね。
今思うとあの頃のテンションは変に高かったような気もする。
単に、若かったからか?
自分の苦労話を押し付けてしまったようで…申し訳ない。


友人たちは 自分は介護したことがないからと
私のことを思いやってくれて、
だけど介護ブログ界(?)じゃあ、
私なんぞのは介護のサワリみたいなものだったと思う。

母が特養の入居が決まった時も、
介護ブログ界の同志たちに申し訳ないみたいな気持ちにもなったりして。


でも、私の介護なんてまだまだだ って
この程度で弱音を吐いてるなんて って
それでもやっぱり苦しくてもがいてて
そんな4年前の私のような人がまたこのブログを読んで
おんなじだ・・・とホッとしていただけたら嬉しいです。




母をおくり、
来春次男は大学を卒業し就職。子育ても一応おしまい。
次は、オットの定年が近づき、自分たちの老後のこと。
自分たちの身体のこと。
自分たちの終い方を考えていく時になりました。



これで私の介護ブログも卒業です。



読んでくださってありがとう。
コメントをありがとう。
励ましてくださってありがとう。
一緒にもがいてくれてありがとう。








f0291972_11401437.jpg
ありがとう。



































[PR]

by kissinheaven6002 | 2017-08-10 12:00 | はじめに…そして終わりに。 | Comments(6)