<   2014年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

同居していても一つ家族ではない


昨夜のこと。

母は6時過ぎに夕食を終わる。
最近は母だけ別メニューの日も多い。
母が食事している間にも、更に続けて料理している日も多いし、
そうでないときはテレビみながら食事を見守ったり。


昨日はオットと二男が同じ時間になったので、9時くらいに夕食が始まった。
最近このパターンも増えてきたのだけれど、そうすると母も起きてくる。
そして昨夜はとうとう自分も夕飯を食べると言い出した。
すでに食べたことは忘れている。
そりゃそうだ、夕方過ぎれば、何度も朝になってしまうくらいだから。


夜8時を過ぎれば、母のお世話は終了している。
あとはトイレに付き添うくらいで。

ところが昨日はそんなわけで、9時過ぎからお腹が減ったとか言い出して。
わたしは既に休止モードなので、何を要求されてもめんどくさい・・・


母にしても話声が聞こえたら参加したくもなると思う。
でも、母が起きだしたらまたわたしは介護者となる。


あ、でもこの時不機嫌モードになるのは私だけで、オットはうまく話相手になっている。

お腹減ったというので、テーブルロールを出したら、
母はオットに、

 このパン、味がなくておいしくないのよ・・・

だって。オットは、このパン我が家ではみんな好きですよ~ なんて言ってる。
私は、台所から、

 嫌いならもう二度と出しませんっ!

って言うと、母、

 怒ってばっかりのオバチャンどこにいるんやろ?

だと・・・
何もかもかなぐり捨てて、お風呂に入りました。


何か、自分だけが馬鹿みたい。

わたしは自分で今は、二つの家族を回しているつもりでいる。
一つは母と私だし、もう一つは本来の、うち。

オットも二男も母と上手に会話してくれているけれど、
それ以上は望まない。
家族中が母の介護一色になってしまったら、それこそ…再起不能。


母と私のことを助けてくれるのはやっぱり小規模のスタッフであってほしい。


朝のお迎え時間、早くできるよう調整してくれているようです。
とりあえず今日はいつもより一時間早くきてくれました。
やっぱり、楽チンだった~。週一度でもそうしてくれれば喜べます。



今日の早朝、3時?4時?頃
母が寝ている私のそばにきて、

 わたし、昨日ひどいことしたやろ、堪忍してや・・・

と。ちょっとコワいっちゅうのよ。
ぺったり座り込んで謝ってる。とりあえず、引張り上げて
もう一度ベッドに戻し、
 
 大丈夫なので、もう一度寝てください。

というと、

 あんたも、寝てください。

って、起こしたのはあなたです。


最近のわたしは、母の扱いが乱暴で、ぞんざいです。
でも、できるだけ反省もしないことにしています。
ダイエットのリバウンドと同じで、反省するとよけい反動がキツくなるんじゃないか、
そんな持論から。

母と娘ってしょっちゅう喧嘩したりする間柄のはず。
それがただ、母が認知症だからといって娘が反省することもないんじゃないか
って。こんな娘を産んだのは母親なんだから、許せ!



あとでまとめて、謝るから。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-28 20:48 | ひとりごと。 | Comments(3)

期待はしない、落胆するから。


今日も、ボケボケ型作戦に対抗して、自分で送って行った。

結局、慣れてしまえばこの方がラクなんだと思う。
途中、急発進するな!みたいなダメ出しは頂いたけれど。


昨日の記事に対して、ケアマネは少しズレてないか?という指摘を
信愛なる放浪カモメさんから受けた。


皆様もそう思われますか?
実は・・・・そうなんです。


とにかく、今の小規模に出会った時の母の状態は凄まじく、
私自身、人生で最悪に途方に暮れていた時だったと思います。

介護のことも認知症のことも全く知らない状態で、不穏マックスのレビーです。


まぁ、そんなスタートだったので、ケアマネとしては
介護初心者として、介護とは?的サッシーへとつながるのだと思います。

もちろん未だに知識は全く広がりません。ほかの認知症の方も知りません。
でも、母のことはこの数か月ひたすら見て来ました。


ケアマネは、被介護者は介護者の鏡なんです、みたいなこともいいます。
眉間にしわ寄せて介護すると、高齢者の方も必ず不安になります。
だから私もいつも、ここのしわ伸ばしてるんですよぉ~   って。


お仕事の方には是非そうしてもらいたいけれど、
私にはできないので、よろしくぅ~  です。
それが出来たら、小規模にすがりません。


認知症の方ってホント可愛いですよぉ~
なんて話も・・・うちは間に合ってるのでいいのです。
わたしは、自分ではケアマネが思っている以上に冷静なんじゃないかと。


一月の訪問の時に、三月に結婚式の為にお泊り2泊お願いしたいと言ってありました。
前回、もう少し予定がはっきりしたので更に1泊延長で3泊でと伝えました。
昨日持ってきた予定表はやっぱり2泊のままで、私が指摘しました。


今月は小規模で散髪してもらう月です。
私は偶数月にカットしてもらえると、認識していました。
昨日、聞いたらちょうど今日水曜日がその日だと言うので
よろしくと伝えておきました。


でも帰宅した母の髪はそのままでした。
連絡ノートに書こうかと思ったけれど、電話にしました。

ちょうど電話に出た方が担当者で。でも今月は予約していなかったと。
2か月に一度という定期的予約は今月ぶっ飛んでいたこと、
昨日ケアマネに伝えたことも伝わってなかったこと・・・


何故だか、別にそんなに頭にもこない。
そんなもんでしょ・・・
とりあえず、それなりに一生懸命やって貰ってると思うので。


でも少しギアチェンジして、今日の散髪のことは電話しました。
明らかな連絡ミスとか、これからキチンと指摘していきます。



母はちょっと前に起きて来て、

お姉ちゃん、明日京都には行けないよ。あんな遠いところ・・・

なんてことを言いにやってきたきり、
夕食も食べずに寝たままです。


小規模、二日連続が限界なんでしょうね。


はぁ~ 今日も一日終わったようです。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-26 21:56 | ひとりごと。 | Comments(3)

今の時期、認知症はひどくなるのか?


今日も朝がきた。

昨夜寝る前に今日が小規模に行く日だということを確認して
自分が何時に起きればいいかしつこく聞いてきていた母。

私は8時と答えたけれど、8時半を過ぎても起きてくる気配はない。


最近わかったこと。母には小規模を拒絶するのに二つのパターンがある。

ヨボヨボ型とボケボケ型。


ヨボヨボ型は、朝一番、物凄い泣き顔で、

 しんどくて今日は行けないからでんわしてぇぇぇ・・・


ボケボケ型は、まるで小規模なんてことをすっかりなかったことにしている。
が、普段ではありえない時間まで起きてこないので逆にばれる。
そして比較的機嫌がよく、元気そうである。


8時半で起きてこないので、今日は送って行こうと決めた。


食後またベッドに戻ったので、自分の用意やらを済ませて
母の着替えから一気に車まで連れていくことにした。


母はわたしに、

 ねぇ、お互い名前を呼び合って仕事した方がいいと思うけど。名前教えてくれる?

今日の私の判断はやっぱり正解。さぁ、小規模に行きましょう!

 誰が迎えにくるの?

本日はわたしが当番なので、送っていきます!!!

 向こうの当番は?

わからないので向こうで聞いてください!



車中では寒い寒いを連発し、到着したときには顔色すでに悪く、
大不穏と書いてありました。


今日のこの作戦に対し、明日はどんな反撃にでてくるかと思うと、
憂鬱で、コワい。

もうホントに、寝たいだけ家で寝ていればいい!って・・・




その後、ケアマネに来てもらって話をしました。
そうそう、また例のサッシーの話がでて、あの認知症とは?的な。
わたし、お渡ししましたっけ?

もちろん、いいえですけど。
わたし、タメになるブログをいっぱい読んでますから結構です!
とは、相手の顔をたてて言わず、苦笑い~しときました。

今年に入って認知症の症状が随分すすみ、骨粗しょう症も悪化し、
今後に備えたいことを伝えました。

わたしは母の認知症がまた回復していくとは考えられません。
でも、まだあきらめちゃダメです!と言われました。
前回はあきらめろ、だった気がするけれど、どっちでもエエわ。
この時期は寒さでどうしてもいろんな症状が悪くなるから
気候が変わればまたよくなることもあると、楽観的に考えましょうと。

それはもちろんそうだとも思うけれど、楽観的に考えてもメリットあるかな。
わたしは客観的に考えたいけれど。


とりあえず、お迎えの時間を早めてほしいことは伝えました。
ダメ元ですけど。

でも、なんかケアマネと話て少しスッキリしました。
やっぱり自分で何とかしないとどうにもなんないやって。
期待するから落胆する・・・


それから、特養の申し込みもしておきたいと。
正直なところ、特養ってなんだ?ってレベルなんですけど、
3年後順番が回ってくるかも~、っていう、儚い楽しみ。



今日は二男がようやく部屋を片付ける気になって
ガラクタ捨てまくり、ちょっとストレス解消。
ようやく、足の踏み場ができました。


はぁーーーーーー
また朝がやってくる。

怖い。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-25 20:34 | ひとりごと。 | Comments(4)

穏やかに老いることは難しい


オリンピックも終わってしまい、気づいたら3月になってしまう。


3月はやっぱり気忙しい。
すっかりただのフリーターと化した二男の卒業式と謝恩会がある。
これには参加しないけど。
母とは関係なく、大所帯の私立なので、パス。


下旬には長男が大学宿舎からアパートへ移動する。


そして何より、姪の沖縄での結婚式。
母は3泊小規模にお泊りの予定。
これが実は、かなり重く深く、ココロにひっかっかている。



今日は月一回通ってる歯医者に行った。
先月は腰痛が始まってて、十分ケアできなかった。

あれからもう一か月たったのかぁ~。

今日の歯医者も、ここの所の不穏状態からもう無理かと思ったけれど、
実は歯も痛いらしい。


一か所悪いところがあって、もう神経に届きそうらしい。
本当は神経を抜きたいらしいけれど、母の状態からちょっと無理かなとドクター。

他の歯も手入れが行き届かないし、いつ歯茎が腫れてもおかしくない状態とか。


母は歯磨きが嫌い。
食事の時、テーブルに歯磨きセットを用意するのだけれど、
食卓に着くときにはヨボヨボ、一人じゃ歩けない…なんて言うのに、
食後、一瞬のすきにベッドに戻ってしまってる。

歯磨きは?っていうと、これまた泣き顔で

腰が痛いから・・・

とか言って逃げる。
かと言って私の歯磨きは乱暴にされると思っているのか
事実がそうなのか、断られるし、正直、そこまでどうでもいいや・・・


しかし、いつかは歯の大治療が必要となるんだろうけど、
拒否ったりする認知症の人にはどうするんだろう?


母は腰痛から一気に認知症が悪化したけれど、
歯が一本抜けただけで悪化したっていうのも読んだことがある。



体中が老朽化してギシギシ軋んでいて、痛いところだらけ。
老いるってこんなに痛みを伴うことなんだ。


昨夜はあまり眠れなかった。
ウトウトしては目が覚めるを繰り返して。
ようやく深く眠ったかと思ったら、ガタッと音がして
見ると、和室のふすま(掴まれるように半分閉めてある)の横で
母がしりもちついてて、私が起きたことに気づいたら
そのままズルズル進んで、

一本いれて・・・

*ボトルではありません。

座薬のことです。


座薬を使い始めた頃は、効いているんだかわからなかったけれど、
最近は座薬を入れると、突如歩けるようになるので
効いてるんだなと思っているけれど、
例のレビー小体型特有の、変化が激しいってことも関係してる気がする。




前回の記事でご心配頂いてる小規模のこと。


まずは母のいない時間にケアマネに来て話を聞いてもらうことにしました。
月に一度の訪問のときは母がいるので際どい話できないので。
もう少し要望だします。
それから自分が細かい身辺の介護はできず、ネグレクトだってことも
ぶっちゃけます。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-24 14:01 | ひとりごと。 | Comments(5)

ますます悪くなっていく。


昨日も朝から小規模へは行けないモードだったけれど、
座薬を使い、寝たきり脅しをして送り出した。


帰宅して連絡ノートを見ると、

今日は穏やかで歩行練習をしたり積極的に動いていました・・・

みたいなこと書いてあって、驚き。
動けてんじゃんかっ!



そして今朝です。
今日は本当に具合が悪く、おしっこも全くでない・・・
と言います。

ポータブルトイレを見ると、確かに一度使ったキリの感じ。
そういえば、昨年入院した時にも出なくて、心因性膀胱とか言われてたな。
まずはコーヒーなどを飲ませたら、ほどなく排尿ありました。


でも、その後もう一度ポータブルに座った時にはまた、
朝から一度も出ていない・・・と。


今日小規模に行ったら死んでしまうって。
そんな簡単には死ねませんから、と口にしてしまった。


しんどい、しんどいって寝てばかりいるけれど、
病気じゃないんだから、頑張って起きないとホントの病気になるでしょ?

って母に言ったのに、なんだか自分のこの言葉に納得してしまって、
そうだ、これでいいのよって。


スパルタスイッチオンになって、パキパキ用意を進め、
後は出かけるだけの状態にしてベッドに寝ていてもらった。


ところが、この時同時に不穏スイッチまでオンになってたことを
一時間後に知ることになった、わたし。



そろそろお迎えがくるかなって頃になって、フラフラ一人で歩いて出てきた。


あんたはどうするの?どこ行くの?
あんた、なんか変よ!おかしい!
お兄さん、お兄さん(←テレビ見てるオット)、この人おかしいよ!
他に誰もいないの?おかしいよ?


二男が寝ているって答えたら、
起こさないと!起こしておかしいって言わないと!


そうこうしてたら、二男が起きだして来て、顔をみるなり、

おかしい!変よ!あんたのおかあさん!

あーーー、まるっきりデジャヴです、去年の5月ごろ。
おかしい、変っていいながらじっとわたしの顔をみる、
何かが足りないくらい透明みたいな目。

おかしいとか言いながら、人の顔じっとみないでよ。

あ~、ついに口にしてしまったわ、この言葉。
私のこと、見ないでって。この10か月、ずっと思ってきたこと。


家でじっと寝ていればこんなに不穏にもならないだろうに、
毎日、こんなこと繰り返してまで送り出す必要あるのか・・・
毎日のこの駆け引きみたいなのが、いやだ。


もういいや、好きなだけ家で寝てればいい!
ってことを実行したら、ネグレクト?だし。


母の状態は昨年の一番悪かったころに戻ろうとしていて
同じことが繰り返されようとしているけれど、決定的に違うことがある。


わたしの気持ち。
もう、必死に不安を取り去ろうとする余裕もないし、
1年分疲弊してしまってる。


ああーーー、もう!なるようになれ!だ。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-22 12:16 | ひとりごと。 | Comments(6)

寝たきりという現実が。


今朝は、ちょっとすみません、の呼び声から始まった。

和室入り口付近に置いてある椅子に腰かけている。

聞けば、左足が痛くて立てないらしい。

ベッドから起き上がって、5,6歩は歩いているから、
どうしようもない状態ではないみたい。

でももう、どうしよう、どうしようのプチ不穏スイッチは入っている。
正直なところ、高齢者の痛い痛いにはての施しようはない。


朝ご飯に誘導したけれど、普段の半分程度で、絶対忘れない薬飲むのも忘れてるし。
脳内がまた新たな痛みに支配されているみたい。


今日は整形外科に行く日なので、注射のついでに様子を見てもらった。

看護師にも、痛くて情けなくてと訴えていたけれど、
看護師対応できず。そこは適当な一言でも答えろよ…


医師にも、特別どこが悪いわけじゃないけど、
足がかなり細くなってて、使わないから痛くなるみたいに言われて、
 
 このままじゃ、すぐ寝たきりになるよ

とバッサリ。私もたまに、寝たきりになるって言ってきたけれど、
私の言葉は理解できないのか、医師の口から出たら、メッチャ反応してた。

 そ、そ、そ、そんな、寝たきりなんてぇ・・・

それから医師が運動のやり方とか書いたパンフを取ってきてくれて、
母にも説明していた。


出かけるときは私の腕にぶら下がるように玄関まできたのに、
帰宅したら、なんとか一人でベッドまでたどり着いた。
それからベッドの上で足を上げたり下ろしたり、自主トレに励んでいた。

医師の口からでた、寝たきりって言葉の威力。

昨夜はオットが久しぶりに母の歩く姿を見て、

 すごい背中まがっちゃったなぁ。すぐ寝たきりになっちゃうんじゃない?

という、得意の近所のおっさんみたいな発言に
ちょっとイラっとしたばっかりだった。

すぐ寝たきりになっちゃうんじゃないかって、私に言われても困るわ。


ところが、昼過ぎて起きてきたら、前よりひどくなってるみたいで
歩けない。立ち上がれない。ポータブルトイレにも一人で行けない・・・




暗雲立ち込める。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-20 15:35 | ひとりごと。 | Comments(5)

やっぱりくじけて、疲れた。


2週続けての大雪。

先週土曜日は小規模行き諦めてしまったけれど、

今週は送り出す!と昨日から固く決めていた。

入浴の日だし。


しかし、雪は朝から雨にかわり、
激しくややこしい状況に陥っている。


玄関前からエレベーターホールに行く廊下でさえ雪かきが必要で。

一度は、様子を見て送って行きますと電話したんだけれど・・・

結局、くじけた。


母は朝早くから、私の枕元にたち外の様子をうかがい、
今日は休むと連絡してください、と。

そしてその後は行くつもりはない!オーラを発光させながら
頑なに眠り続けている。


この状態から説得して用意をするのか?
休んだら、お風呂どうなるんだ?
もう少し時間がたてば、お天気もましになるんじゃないか?

そんな事を朝から、ぐるぐるグルグル考え続け
行くか行かないか、決断しきれない自分にイライラをつのらせ、

そいで何もかもめんどくさくなって、


やっぱり今日は休みます…


と電話したころにはぐったり。

そしたら外は雨も上がり、少し明るくなってきたりなんかして、
行けばよかったって、現在もまた後悔をするっていう・・・


今日からまた3日間、缶詰状態だよ。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-15 11:15 | ひとりごと。 | Comments(5)

線路は続くよどこまでも。


さっきから何度か、寝ている和室から不安顔で出てきて、

 ジュンちゃんのお風呂…

を繰り返す。
お風呂に入りたいのかと聞くと、
娘のジュンちゃんが長らくお風呂に入っていないらしく
どうか世話をしてやってほしいと。

 だって、私のむすめだもの。

どうぞ、お気遣いなく。


先日は小規模から帰ったら、二男がリビングにいて
おかえりって言ってもらって、和室に入った。

そしたら私に、

 息子さん、男前やねぇ~。

息子さんに、男前って褒めてるよぉ~って話してたら
後からついてきてて、再び、二男を見て、

 あら、帰ってたの?

二男も私も、何も聞かなかったことにして
それぞれ次の動作へと移る。



最近の母は10分座っているのがやっとという状態。
病院の待ち時間も少し長引けば、しんどい、といい始める。

腰痛は依然としておさまらない。
痛みが引くのに2,3か月。注射は4,5か月続ける。

ほんとに、痛みとれるのかなぁ。
80歳も越えて骨粗しょう症とか言われても、
勝手に、骨の老朽化と解釈しているので、
一か所が回復しても、また別の場所で起こりそうだけれど。


ただただ痛みに耐える毎日・・・かわいそうだと思う。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-13 17:22 | ひとりごと。 | Comments(3)

気のせいだった。


せっかく書いた怒りの記事が消えちゃった・・・
何をやってもついてないな・・・


エキサイトブログのバカ野郎ーーーーー

いや、

ばっかっもーーーーん!

か。


金曜日に普通に小規模に行ってくれたので
何となく、峠は越えて落ち着きを取り戻したと思い
やっぱり腰痛のせいで認知症すすんだとおもったのかなぁ~
って考えてたけれど、気のせいだった。


土曜日は雪のせいもあったけれど
本人ハナから行く気もなかったようで、小規模は休んだ。
そしたら今日で3日間、臥床(←放浪カモメさま記事より学習した言葉)状態で
今朝からもう・・・何もかもがとっちらかっちまった。


私どうしたらいい?
の恐怖の定番ワードから始まり、
1人では帰れないんだけれど、
トイレどこにあったかしら?
この人(わたくしのこと)は名前なんだっけ?
この人とあんた(二男くんね)は友達だったの?


もーーーーーー
カンベンしてくらはい。


私も3日間缶詰状態で煮詰まってます。



なんなんだろ、認知症って。












にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-10 21:13 | ひとりごと。 | Comments(1)

ありがとうございます。


先日の巻き寿司写真にコメントいただいてありがとうございました。


母には褒めてもらえなかったけれど、


皆様にお褒めいただき、本当に嬉しかったです。


同じ写真を兄にもメールして、母の反応がなくてがっかりしたと送ったところ、

兄から、

 反応がないのはザンネンだったけれど、
 巻き寿司はさすがの出来栄えだな、

と。
さすがというのは決して私が料理上手という意味ではなく、
母の巻き寿司がしっかり伝授されてるってことだと思います。




昨日は小規模に送っていこうにも、車のフロントガラスが

カッチカチ!


諦めて、それでも何とかお迎えの車で行ってくれました~。




さあ!オリンピックだ!!!








にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-02-06 21:44 | ひとりごと。 | Comments(3)