<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今日はかなりの別世界


昨夜はなぜだかひどく寝付けなくて
2時過ぎまで、グダグダ苦しんだ。

多分、日曜日ほとんど動かずに過ごしちゃったからだな。


ようやく、トロトロし始めたと思ったら
母が和室の入り口に立って、


すみません。すみませんけど、私の姉がチョットちょっとと呼んでます


と。
夕食の時、すみれさんから電話があって、
久しぶりに母と代わった。

朝ご飯食べてる・・・なんだか難しいことわからない、
とか、ちょっと話が通じてない様子。ややこしい。

でも電話を切ったら、懐かしくて涙が出るから
あっちで泣いてくる、なんて言ってベッドに戻った。



そんなことがあっての、夜中の行動。


その次は5時ごろ、

わたしどこにいればいい?

久しぶりにかなり別世界に行ってる感じ。
パラレルワールド・・・


どうしたらいい?
お父さんに挨拶させて。けじめつけないといけないから…
今日の子供は何人?


すみれさんの電話で、変なスイッチが入った感じ。



あ~、明日から朝のお迎え8時半なんだけどな…
すんなりとは行ってくれそうにもないな。



もう一つの気がかり。とうとうできた褥瘡。

とにかく背中の曲がり方がひどくて、
前かがみはもちろん、背骨が左に湾曲してて
右側に大きく傾いている。左側の肋骨が大きく盛り上がっていて、
本当にいびつな状態。
そんな影響だろう、いつも右側を下に寝ているから
右の腰骨下あたりが赤くて。だんだん紫色になってきてる。


薬もつけて、小規模の看護師さんにも経過みてもらっているけど。
マットレスも多分いいものを借りてると思う。


そろそろ整形外科の注射が終わる頃、
次は褥瘡だろうな・・・


考えても仕方ないね。


Let it go.







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-31 15:14 | ひとりごと。 | Comments(4)

相変わらずのユルユルぶりですが、

3月もいよいよ終わりです。

今日は良い天気で、もう寒さも安心かなとようやく思えました。

やっと、春ですね。



今年の冬は、母と同居して初めて、高齢者とすごした初めての冬でした。

ほんっとに、厳しい冬でした。



それから、昨年11月ごろに、持ち前の要領の良さだけで大学合格し、
そこから長い長い春休みをちょーーーーー楽しそうに過ごしてきた
自由人次男の奔放生活もようやく終わってくれます(大泣)。



4月からお泊りも入れて、お迎えも復活させてもらって・・・
と、考えているけれど、ケアマネから訪問の連絡がない。
月に一度はあるはずでしょうに・・・


最近は悩むことなく朝は小規模に送って行ってるわけですが、
取りあえず予定ではお迎えになってるわけで、
毎日、今から出ます、と電話しています。


実はこれがめんどくさい。
で、母の拒否が始まって、送っていくことが増えた頃、
施設長に電話しないで行ってもいいか聞いたところ、
大丈夫ですと言ってもらった。

うちの定時は10時30分で、わたしが送っていくのは9時過ぎなので
入れ違いになることもないと思ったし。


その後、8時40分に時間調整したと言ってもらった時に
やはりもう少しの間は自分で送って行くと言ったら、
来る前に電話頂ければ、何時でも大丈夫ですから、と
前回と同じ施設長。


えーーーっ?言うてること違うやん!って思ってるけれど、
適当に聞き流し、現在、毎回電話しているわけです。
(わたくし、典型的なオオザッパO型です)



電話して出たからと言って別に出迎えてくれるわけでは
もちろんなくて、ひどい時にはもう一度玄関で、
今玄関にいます、と電話してます・・・




そして今朝。今から出ますと電話したら
出たのがちょうどケアマネで・・・


訪問しないといけないのに、ごめんなさい・・・カラノ、
ハンコお持ちいただけますかぁ?


えっ? まじっすか???


です。電話はいつも、母も車に乗せて、
正に出発の直前にかけてるので・・・


明日にしてもらいました。



送って行った玄関でケアマネを呼んでもらって
来月2回のお泊りと、
朝は8時30分のお迎えにしてもらってきました。


ここの所、状況が随分変わった母。
私の負担も増えてることはわかってると思う。
やっぱり、向うから来てくれるべきだよねぇ~。


と思うけれど、
やっぱり自分で解決できてしまったから、まぁいいっか!


相変わらずユルーーーイかもねぎ利用者さまでありますが、
私なり上手くやってければいいなと・・・・



↑ 読んでもイライラしないでね(汗)



本当に何もかもぶっ飛ばしたいくらい重い・・・
だけど、生来のオオザッパはまだまだ健在。


結局、図太いんか・・・



でも、やだ。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-28 19:34 | ひとりごと。 | Comments(3)

朝がすべてをダメにする


昨日寝たおしたお蔭か、目覚めたら体が少し軽くなってた。
よし!今日は動けるな!と思ったけれど・・・

今朝も母の部屋からは行きたくないオーラが発生してた。

自分でも不思議だけれど、わかるよねぇ~


今日は行きたくないわぁ~
アンタ、忙しいからって私のこと追いやるのは止めてよ。
一人で留守番してるわぁ~

と今日もおかしなハイテンションで言う。
それも通用しないとなると今度は完全なウソ泣き。

全く朝からジョーダンじゃない・・・
婆さんの駄々なんぞ、なんの効果もあるわけがない。


車でマンションを出たらすぐ、今度は、

 明日は病院でしょ?

なんでそこだけはっきりさえてるんでしょうか・・・

 忙しいなら一回くらい飛ばしちゃってもいいのよぉ~

最近、病院の度に言ってる。めんどくさいのはこっちの方だ。
痛みも治まってるし、実際その注射の効果なんだかもわかんない。
だけど、いいって言うまでは続けなきゃと自分にムチ打って連れてってる。
ここの所の毎週木曜日の雨と、今日は止めようっていう誘惑にも負けず。


 病院は絶対飛ばさない!飛ばせるものなら何もかも飛ばしてしまいたいわよっ!


って、つい言ったら・・・


 そんなぁ、ヒステリー起こさなくていいやんかぁ~~~


もう、黙って!!!!!
あたしは、しんどいのよっ!!!!!



ちっこい車が粉々になるくらい、ブチ切れてました。

なんでそんな好き勝手なことばっかり言ってんのよっ!

アクセルべた踏みして前のトラックに突っ込んでやろうかと…
落ち着け、落ち着け。こんなことで爆発するなんて。
やっぱり体調不良だ、ってことにしておこう。


普段車中では全く話さないし、反応もない母だけれど
今日は、
 あらぁ、桜だわぁ~。キレイねぇ~
とか。
やっぱり、厄介なハイテンションだ。


よし、今日はがんばろう!って気持ちも
すっかり萎える。いやな気持ちを引きずってしまう。




なんで、こんなにボケちゃったんだよ・・・






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-26 10:22 | ひとりごと。 | Comments(2)

春の陽気バージョン。


抗うことなく受け入れてしまった風邪は、ビミョーに大変で。

昨日、ゲホゲホしてたら母に、

 風邪?

と見破られてしまった。
周囲の風邪にはムッチャ敏感でした、昔から。


案の定、朝から、

 今日はとても調子悪いわぁ~

と、元気そうに言います。
母のテンションは春の陽気に誘われてるようで、
ゲホゲホの私は真冬に逆戻り。


今日はホントに具合悪いから小規模に行ってもらわないと困る、と言うと

 でしょ?あんたも休んで、二人とも休もう!

 私、85歳あたり(←83歳)の、お婆さんなんよ!
 無理させんといて頂戴!

 けんかしないで仲良く暮らそ!


厳冬の私は冷たい声で、

 51歳の私は先に死んでしまいそうです、行ってください。

以上。有無を言わさず送り届けました。



母のカバンの中にフツーの箱ティッシュが入っていて、
帰りのスタッフによると、母が居室にあったこのティッシュが気に入って
もって帰りたいとおっしゃったので入れておきましたと。


やっぱり今日の母は春の陽気に誘われてバージョン。


夕飯が出来たと言っても、何とそれが理解できなくて
ようやくテーブルに来ても、
 もう食べたわよぉ~
だとか、わからんことを陽気に話続けている…


もう食べたということとか、これが夕飯だとか、
正直、どうでもいい。

まだ食べてないから、ここにあるのよ、

なんて言ったって、だってさっき食べたもの!とか
堂々巡りになるだけ。


自分が話す分にはさほどわからないけれど、
聴いた言葉を理解する能力は、随分ひどいことになってるみたい。

相手の言葉を理解するには、置かれている状況を把握していることも
大いに関係してくるだろうし。


昨日も、

 脱いで。

って言ったのに、

 井戸???

すべてがこの調子。
短い言葉も一度で通じることはない。



せっかく天気も良くなってきたのに、
体が動かない。

特養の申し込みも書類は手元にあるのに
まだ出していない。


何も、進まないうちに4月になっちまう。




 
 
 



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-25 19:52 | ひとりごと。 | Comments(0)

お泊り作戦成功…その後。


3泊のお泊り後、母には大して変化はありませんでした。

 アンタは今日はまだ帰ってきてないの?

という複雑な質問などがあるので、やっぱり多少の混乱はあるようですが。



しかし沖縄が気がかりで先送りにしてしまってたことが
いよいよ切羽詰まってきていて、
連休初日には長男のプチ引っ越しに行ってきました。

母を8時過ぎに送って行って、9時には出ようと思っていたけれど、
ラジオの交通情報ではすでに激しい渋滞が始まっていると・・・


これじゃあ慌てて出発しても意味ないかなと多少時間をずらして
普段の倍ほど時間かけて、長男のところについたのはすでに1時。


大方の荷物は前日に友達に手伝ってもらって終わっているので
オットと長男を買物に出して、わたしはひたすら片付けに専念。

息子が可愛くて手をかけるタイプの母さんでは全くないけれど、
何もかもがあまりに汚い。
新品だった炊飯器は捨ててあるヤツの方がよっぽどきれいだし、
冷蔵庫の全面には、接触事故を起こした車みたいな傷があって、
キミは冷蔵庫の車庫入れでもしてるんか?
と聞きたいくらい。

白かったはずのTシャツは薄汚れ・・・ って、もういいですね、この話。


でひたすら片付けて、タイムリミットは3時30分。

その時間でもすでに帰りの渋滞は始まってて、
でも何とか母の迎えに行く時間5時半に間に合った。


翌土曜日、今度は次男のスーツを買いに。
それから机を替えたいというのでニトリにも行って。

この日も街中は渋滞気味だったけれど、
時間には戻らなくちゃいけない。


こうして母の時間に追われながら二人の新学期の用意をした。


離れて暮らしていた母はいつもいつも兄弟のことを一番心配していた。
オットは一年単位での不在が続いていて、ほとんど母子家庭のようだったから、
母はとにかくわたしに子供を一番に考えなさいと言い続けてきた。


それが今は・・・と考えるときが一番切ないな。


ただでさえ次男は、オット方では忘れられがち。
オットの兄、姉、それぞれにうちの長男と同学年の、末っ子長男がいる。

つまりその年にはオット方に、それぞれ跡取り息子ができたわけだった。
(あ、うちには取るような跡はありませんが…)


初節句とかで、オイオイどこに置くのよ?ってような兜だとか、
五月人形だとかが親戚から送られてきて・・・ただただ困ったっけなぁ。


そんな盛り上がった長男誕生イヤーから2年後、
ひっそりと新種の小型爆弾・次男が誕生したわけです。

しかし、初節句とかいう行事もなく、一体何年生なんだかもわからず、
親戚中で一番大きく育っているけれど、未だに中学生くらいだと思われているはず。


そんな次男を忘れず可愛がってくれたのは母だったけれど、
大学入学を祝ってくれることはない。


残念ながら先日あった義母もすでに怪しいので、祝ってくれそうにもない。


仕方がないね。
それでも元気に4月を迎えられることに感謝・・・


と言いたいけれど、とうとう風邪をひいてしまった。
なんか今回はもうダメ・・・って風邪を受け入れちゃったわ。


とにかく、ちゃんとしなくちゃ! ってココロで叫び続ける今日この頃。

がんばれ、あたし!

頑張りましょう!!!  敬愛するみなさま!!!!!













にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-24 18:40 | ひとりごと。 | Comments(2)

めんそーれ~


という訳で、一大懸念イベントが終了いたしました。

まぁ、わたしのめんそーれはともかくといたしまして、
母の初めての3泊のお泊り。無事終了です。

昨日一日もいつもの許容範囲内の言動で不穏になることなく、
今朝も、無事に送って行くことができました。


母に泊まりであることを告げる、大告白タイムは
やはり当日朝にしました。

車に乗せ、小規模へ行く途中、長い信号待ちがあるのでそこから。

 あのさぁ~、今日さぁ~、わたしさぁ~、結婚式行くんだけどさぁ~

と、歯切れの悪さは、親に借金の申し入れでもしてる気分。
沖縄まで行くので、今日は小規模に泊って欲しいと・・・
すると母は、

わたしみたいな年寄が結婚式に行っていいの?

などと、まぁ一度で状況が把握できるはずもないので
あとは到着までの間、のらりくらりと説明し、
一泊ではなくもうちょっと長いことまで告白したあたりで到着。

迎えてくれたケアマネに今説明したところだと伝えて、
わたしは撤退。

帰りの車中、わたしは、ただただ、ただただ、


 やったぁーーーーーー


送り出しに成功した金曜日が一番幸せだったかも。
薄情だと言われようと、母が帰ってこない、当分顔を見なくていい、
それだけで充分。


ホテルの部屋がオーシャンビューで、外を見ていたら泣けてきました。

あ~、あたし、生きてるわぁ~


f0291972_10513921.jpg





母のことも忘れ、命の洗濯! したわけですが、
気がかりなこともあり・・・

久しぶりに会ったオットの母。
79歳だと思いますが… 要検査だと感じました。
義父も健在で、今は義兄夫婦と同居しているので
わたしたちがどうすることもありませんが。

義母は歩くのが早いので、大変でした。
それに、実母ならともかく、義母だし本人元気そうなので
足元が気になっても腕をつかむのも悪い気がして、
なんだか、結構気疲れもしました。



それでも無事にすべてが終わって空港から帰りの車内でぐったりしていたら、
メールが一通。私の従姉から。


番外編の小事件が発生してました。
すみれさんです。

今も時折、思い出したように電話攻撃があり、
また突然ぱったり電話がなくなったりという状況で、
どうやら留守の間に電話をかけていたらしく、
誰も出ないので、大騒ぎしている様子。

従姉が何かあったかとメールをしてきてくれたのでした。


ヤレヤレ。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-19 11:08 | ひとりごと。 | Comments(3)

今でしょ!は、何時なのか。


先週の木曜日も朝からボケボケだった気がするけれど、
やっぱり今日も朝からおかしい。


火曜日、水曜日と有無を言わさず小規模に連行されて、
木曜日は防御態勢ということかと、思う。


あんたどこ行ってきたの?
小規模行ってきたんでしょ?エライねぇ~
私は昼から?
私も連れてってね?
今日は留守番してるわ…


やっぱりこっちの様子を伺ってるんだろうなぁ。
今日は注射の日!ってことさえ言えない。


用意をすっかり済ませて、ようやく注射に行こうと声をかけたら、
案の定、動く気はない様子。


一回くらいやらなくてもいいでしょ・・・

とか。誰の為の注射なんだか。
車に乗ってからも、

混んでたら帰ろうね。

帰りませんっ!




今日はすいていたのに、すっかり不穏状態。
目が恐怖と不安に慄いてる。

でもすぐに名前を呼ばれて、看護師さんが来ると、

 この前はお世話かけてすみませんでしたね・・・

とか、言っちゃってる。覚えてるんかいーーーー?


帰りの車に乗ったら、今度は

 う●こがしたい・・・

はいはい、かっ飛ばして帰ります。


朝から何度もトイレに行って、
なんだかいろんなこと言ってたけれど、
わかった… 木曜日はかまってチャンデーなんだ。めんどくさ



そんなこんなな状態ながら、いよいよ明日から3泊4日にお泊りです。
多分、ずっと寝ているのだろうから、きっと問題ないと思います。


ただ、一番の難題は・・・

泊まりだと言うことをいつ言うか。

もちろん今日では早すぎる。
明日出かける準備できた時にと思ってたけれど、
今日みたいにベッドから動かなくなると困る。

玄関で車いすに乗った時?

車に乗せた時?

小規模前で、車から降りる直前?

いっそ、黙っとくか・・・
↑ これはダメ? ほんとはこの作戦でいきたいけれど。



今でしょ! がどのタイミングなのか。
その後きっと情けない顔で見つめられる。
その時の目。 あ~ダメだ。

考えているだけで、動悸が激しくなる。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-13 16:06 | ひとりごと。 | Comments(2)

相手の方がいつも上をいく


金曜日の朝、母はヨタヨタ一人でトイレにも行ってたし
椅子に座って、朝食もふつうに食べた。


時間を見計らって、着替えを済ませて・・・
今から小規模に行きます、と伝えた。

とたんに、


右わき腹が激しく痛みだした。

適当に聞き流し、ほとんど強引に車にのせた。

10分足らずの間、激痛に苦しむかのように

あいたたたたたたたたたたたたたたたた(←今の私がやけっぱち!の、た連打)

取りあえず、玄関にいたケアマネに状況は伝えたおいた。



そして、帰宅した母はいつも通りで、
連絡ノートにも、特に痛みはなかったと。


今朝も何ら問題もないようだし、久しぶりにお迎えを待ってみようかなぁ~
なんて早速ラクしようという考えが浮かぶ。

そしたら、

 ちょっとおねえさん!今日はお風呂の日?あんたも入るの?あんたはいつ入るの?

なんて、雲行きが怪しくなってきてるので、やっぱり送って行った。
つまらんラクなんて考えるもんじゃない。絶対ドエライ目にあう。

やっぱり歩けないほど痛そうにしていたけれど、
今日の連絡ノートには、すこぶる元気そうで、自分から歩行練習をし、
なんと初めて、カラオケまでうたったとか。
どうした? こっちもやけっぱちかっ!
カラオケなんて多分生まれて初めてだったと思う。



結局のところ、子供みたいなやり口に、ただ振り回されてるだけだった。
なんか、自分が馬鹿みたいで情けない。


他の方のブログを読むと、夜も何度も起こされ十分睡眠がとれなかったり、
飲み込み易い食事を作り、一口ずつ食べさせ、トイレの介助をし・・・
本当に頭が下がる。

わたしなんか、なんもしてないうちからこの有様だ。


だけど、自分は自分で変われない。
自由になりたくて、明日もみっともなく、苦しむ。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-08 22:40 | ひとりごと。 | Comments(3)

ピッカピカの特養見学。


昨日、今月オープンした特養の見学に行ってきた。

担当者は既に申し込みが済んでいると思っているらしかった。
特養の見学なんてあんまりしないものなのかな?
そう入れるものじゃあないものね。

入居もはじまったばかりでまだまだ準備段階のようだった。
2月末で申し込みを一度締切、入居者130人を決めるということだったので
ちょっとのことで逃してしまった・・・とも思わない。
所詮、うちは介護度3で、同居、わたしは無職、
入居できるはずもないし。


特養ってのも全く知らなかったけれど、もっと病院ぽいのかとおもってたら
そうじゃなかった。こんなにきれいなんだ~って。
すみれさんが入居したサ高住も新規オープンのところで、
それに匹敵するものだった。


しかし現時点で350人ほどの申し込みがあり130人の入居者を決め
残りが待機者になるという。


見学当日も入居者がいたようで、サカイさんが来ていた。
もし、母が入居するとして、一体なにを搬入するんだろう。
今の母には着替え以外、何一つ必要なものがない。
ユニット型個室ほどのスペースは必要ない。
だけど、4人部屋ではほかの人に気を使いずぎるだろう・・・



今朝は5時頃から母は何度も何度もトイレに行っていた。
でも腰とか足とか痛みがましになってきているってことで、
ちょっといいのかなぁ・・・・なんてね。そんな甘いはずがない。


今日は整形外科で注射の日。いつもより人が多くて、最終的に2時間半かかることになった。

最初に腰の痛みがきて、最近は足首が痛いといい、今日は右わき腹あたり。
待ち時間が長くなるほど痛みがまして、痛い痛いと泣き始めた。
あとどれくらいなのか、聞いてこいといわれ、
簡易ベッドで寝かせてもらって、手を握って、痛い痛いと泣き続け、
とうとう 助けてーーーと。


その後ようやく診察となりレントゲンも撮ったけれど
予想通り、何事もなく帰宅となった。

帰りの車に乗ったときにはすっかり元通りで…
ただただ、わたしだけがぐったりした2時間半だった。


これだけのことなんだけれど、本当に参った。
痒いとか痛いとか重いとか、きついとか・・・
そんな言葉に振り回され、何を説明しても通じなくて。

具合が悪いか病院に行くのに、待ってる間に具合が悪いと泣き叫ばれて。
あとどれくらいこうやってどうしようもなく待合室での時間を過ごすんだろう。


しんどいなぁ。
もう、エエんちゃうん。

[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-06 22:37 | ひとりごと。 | Comments(4)

この件はこれが最後、のはずだった。


土曜日の朝は、ヨボヨボ、ボケボケのミックス型。
具合が悪くて起きられないわよ・・・オーラ全開。


もう送っていくつもりで用意を進めていたら、
9時ころにお迎えが来た。
わたしが驚いていたら、昨日の送りのスタッフに9時ころいくと
伝言したとか・・・

聞いてませんけど。


母は用意は整っていたけれど、ベッドにもぐりこんでいた。
迎えにきてくれたのが、施設長で、当初毎日訪問に来てくれていた方。


母は具合が悪いとか、84歳なんだから(83ですけど)もう
いつ死んでもいいんだとか、うそ泣き攻撃にでている。

それでも小規模で医師に診てもらいましょうとか
上手いこと言って母を連れ出してくれた。


でも、わたしのココロの萎えっぷりは、半端じゃなかった。

これからのお迎えの時間を、8時40分に調整しますと言ってくれていたけれど、
今の状態じゃ、今度はそれでは早すぎる。
なんてったて、8時過ぎまでベッドで粘るし。

きっと今度は、もうお迎えが来ちゃう!っていうストレスになると思う。


考えて、昼過ぎに電話して、しばらくは自分で連れていくから
お迎えの時間設定は今まで通り、10時30分でいいと連絡した。

それでも、8時40分の枠は空けておくので、と言ってくれた。


だからもういろいろ思わず、朝の送りのことはこれで解決にしようと思った。
ブログの記事もなんだかそのことばっかりで、

人間がちっちぇえじゃないかっ!

やめだ、やめでぇーーーーーい!





と、

思ってたわけですが、

そういう決心の上を行くのが、
レビー小体型認知症・・・



今日は歯医者の日でした。
先週はちょっとした治療で、今日はクリーニングでした。

それを伝えると、
 歯医者はもう終わったから行かない。だって、先生そう言うてたもん・・・

なんだそれ・・・
わたしもやっぱりイライラたまってるようで、
そんなことに対して、とうとう怒鳴ってしまいました。


その後歯医者は有無を言わさず行ってきましたが、
なぜかその後今日一日中、ウトウト眠りから起きる度に、

小規模行くんでしょ?

いつ迎えがくるの?

見たら、ズボンの着替えまでしてるし。



もうこの件が解決だとココロに決めたのに、
一日中、小規模に行かないと!みたいなことばかり口にする。


なんでそんなにつまんないことで苦しめるのか・・・


そんなに行くことが負担ならもう止めてずっと寝てればいいじゃん!

と、言わせて頂きました。
普段ならこんな長文はもう通じないんだけれど、
こういうことは通じるんだよね。


昔、勝手つ●ぼ なんて言葉があったでしょ?
意地悪ばあさんとか、そんな感じだった。

認知症ってそういうところあるよね?
わざとじゃないことは分かってるけど、自分に都合はムッチャいい。



つまんないことばかりグチグチ言ってる自分がホントにいやだ。

3月のくせに相変わらず寒いのは、もっと嫌だ。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-03-03 19:21 | ひとりごと。 | Comments(4)