<   2014年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

淡々と過ごしてます


ここのところ、穏やかに、いや、淡々と過ごせています。


段々と 介助したり見守ってないといけない場面は確実に増えて、


でもどうせ、小規模に行かない日は何にもできない一日になるのだから、
何があってもイライラしても仕方ないしなぁ~ って気持ち。



あっという間に2度目の夏がきそうで、また着るものに苦労しそうです。
昨日など暑いからって、一枚脱いでシャツのまま夕食たべてました。
少し前までオットやら次男の目をやたら気にしてたのに。



GWってね、なあんにも変わらない・・・
いや、確実に食事の用意が増える。


すみれさんからの電話でここ2回ほどに新しいセンテンスが加わった。


 お兄ちゃんは何か手伝ってくれてるか?

すみれさん、昔から触れてはいけない部分によく手が届く…


義姉は正月以来来ていないし、兄も最近すっかり音沙汰はない。
きっとこの連休は初孫の初節句とかで・・・



チラッとモヤッとしているのだけれど、
考えまい・・・蓋、フタ。




外はホントにいい季節。
それだけでも気分が晴れます!



多分次の私の大凹は・・・梅雨だな。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-28 12:04 | ひとりごと。 | Comments(2)

にんじんの日


昨日は自分にぶら下げておいた、にんじん の日。


母を宿泊にして、久しぶりにママ友と、正統派おばちゃんの娯楽、
お花を愛でに出かけた。


前回、告知なしで宿泊に至ってしまって、プチ虐待、人権無視かと思ったので
今回は・・・


出かける前に、

明日注射の日だから朝迎えに行くから・・・

と、絶対理解できないだろうけれど、それっぽいことを伝えたら、


 で、私はどうしたらいいの?

待っててぇ----!




取りあえず、告知したっていう私の自己満足しただけみたいで、
母を無事送りだした。


そして今朝は整形外科なので迎えに行った。
それが一番の気がかり。
ただでさえ、10分待てないのに、どうなるか・・・
チョーーー不安。

何かがうまくいっても、いつもその後のことを心配するようになった。
介護者の基本か・・・


整形外科はいつも11時あたりに行くので混雑のピークは過ぎていて、
今日の待っている人は一人。ところが、やっぱり30分以上かかった。
ドクター、ながいよぉ~。


ケアマネの話では、夜中頻繁にトイレに行ったらしいから、
疲れてるだろうと思ったけれど、何とか注射も終了。
注射、あと4回。


帰宅後、ずっと寝ていた母。夕食も終わって先ほどベッドに戻ったとき、

 今日は(小規模)休むわ・・・

この時点で休むと言ってるので、明日の朝は、

 昨日、休んだでしょ?

で・・・




ここまで数回宿泊を利用したけれど、ホントに不思議なことに、
宿泊に関して、母は何も言わない。

宿泊したこと、わかってないのかも・・・
最近は小規模でも寝ていることが多いみたいで、
居室を一つ、必ず確保しているよう。

寝て起きたら、小規模の居室なのか、自宅のベッドなのか。
いつ来たのか、帰ったのか、混乱してわからないのかもしれない。

それはそれで、大いに助かってる。


また、次のにんじんまでガンバロー!






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-24 19:14 | ひとりごと。 | Comments(2)

どんよりの二日間は長い。


日曜日、月曜日。
みっちり二人きりの二日間はやっぱり長い・・・



お茶ちょうだい・・・

ちょっと聞き取れなくて、

 えっ?何?お茶?

と聞き返すと、

 なに?なんか用?



いやいや、用があって呼んだのはあなたの方で・・・
みたいなやり取りがマル二日。



分かってます、こんなもんだって。
でも、もうなんか・・・イチイチね・・・


日曜日、午後3時頃すみれさんから電話があったけれど、
母もややこしい時間帯だし、対応も面倒なんで、居留守・・・

でも、わかってる。一度かけてきたら
応答するまでその日一日かかり続けること。


そしてそれ以上放置すると、親族を巻き込んで
大変なことになる。


その後、夕食中にかかってきました。

 もしもし・・・お食事中ですか?

はい、食事中です、と答えても、

 忙しい時にすみません、かずちゃん元気?

と話は進みます。すみれさん、もともとこういう人です。
人に物凄く気を使っている発言はしますが、行動はあくまで
自分本位。


目の前に座っている母に、電話にでるか?聞いたところ、

 寝てるって言って。

というわけで、

 かずちゃんは歩けているのか?
 あんたにばっかり世話になって申し訳ない
 いるものがあったら言ってね、送るから。
 わたしはこんな座敷牢みたいな所(介護付き老人ホーム)に閉じ込められてる。

以上4,5個の文章を3,4回繰り返して電話は終わり。


 毎回、同じことばっかりよぉ~~~

と私がいうと、

 でも、やっぱりなんか悲しくなってくる。寂しい…

と母。



それから、あれしてくれ、これしてくれと謎のリクエストが続き、
その夜は1時間に満たない間に何度もトイレに行く。



夜はポータブルトイレを使うはずなのに
何度もスリスリと歩くので気が気じゃない。


すみれさんの電話、もうダメだ。




アルツハイマー型であるようだけれど、
ホントに、すみれさんって元々こういう人だったので、
相手は認知症って思えていない・・・




すみれさんがもう少し普通の人だったら…
そんな思いがココロの片隅にあるので、尚更、
イラッとするわたし。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-22 13:43 | ひとりごと。 | Comments(1)

ゆっくり、ゆっくり。


おとといはエラく立派な筍を頂いて、
半日、悪戦苦闘して、筍ごはんと煮物を作った。

母が喜んでいたので、何よりなにより。


昨日の木曜日も天気がよかったので、車いすを押して歩いて
整形外科に行った。

もう待つのは15分が限度。それからは不安で不穏スイッチが入る。
終わったら、ケロッとしてるのになぁ・・・


帰りにコンビニでパンを買う。
パンを選ぶのはとても嬉しいらしい。



そして午後からケアマネの訪問。


送迎スタッフの一人の男性が、いつもその日の様子を伝えてくれる。
ずっと居室にいたとか、今日はとても調子よかったとか。

先日はここ最近では一番お元気で、カラオケも口ずさんでおられました、とか。

ところがその後連絡ノートを読むと、看護師さんから
大変不安そうで、ほとんど居室で過ごされました、と書いてあった。


どっちよ・・・
まぁ、どっちでもいいけど。



それで昨日のケアマネの話では、居室とフロアを行ったり来たり、らしい。
とにかく、出たり入ったり。20分は座ってられないようです、と。

わたしは、10分と見ている。


居室にいてもとにかく寂しいらしく、そばにいて欲しいとか言うらしい。

というわけで、やはり家にいるときとそんなに変わらないってことかな。



昨日、母の古い友人から電話があった。
ほんというと、あんまり電話はかわりたくないけれど。


案の定、ウトウトしていた母は真夜中だと思ったらしく、

一体、こんな時間にどうしたのか?って
恐ろしく不安状態になり、隣でわたしが今はお昼って言っても
全く聞いてない。

そして、何が何だかわからなくて無茶苦茶だから、もう止めて、

とか言うので、わたしがかわって電話を切った。




あちこちの痛みが今はあまりないと思ったら、またまた不安の塊。
娘と暮らしているのが一番いいわよってよく言われてるけれど、
どうしようもない。砂漠に水まいているようで、寂しさが癒されることはない。



今朝は紙パンツが濡れていた。
本人からの申告はない。
でも、最近ではなくなってたのに、自分から履き替えようとしていたので
中でしてしまったことはわかっているんだろうな。



来月も3回、泊まりを入れてみた。
10日に一度の割合か・・・
自分の鼻先に ニンジンぶら下げた感じ

p(・∩・)qガンバロ!











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-18 14:38 | ひとりごと。 | Comments(2)

ブラック鬼娘。


小規模から帰ってテーブルでおやつを食べていた母。

後ろで洗濯物片付けてたわたし。

ふと気が付くと、母はティッシュを取ろうと立ち上がっていた。

そしたら、ティッシュに手を伸ばしたかと思ったとたん、

ゆーっくり、身体正面をこっち向きに反転しながら、

ゆーっくり、壁にもたれ掛りながら、ずり落ちていった。


あーーーーーれーーーーー


と思ったら、お尻がすっぽりと、
たまたまそこに置いてあった、プラスティック・ゴミ集めた
ゴミ袋にすっぽり。

しかも中身がほとんど梱包用のエアークッション・ぷちぷち。


いやぁ~、なんて偶然なんだぁ~ 
ばっちりやぁーーーo(^▽^)oキャハハハ


って、変にツボってしまった介護者・鬼娘。



笑ってる場合かっ! でした。




ここのところ、認知症の方もかなり怪しい雰囲気で、
するとやはり足元も怪しく、ちょっとコワい。

なのに、行動が怪しいので無駄な動きが多くてますますややこしい。


今朝は、8時過ぎには用意できてしまい、
8時15分頃には、

こんなに遅いのならもう行かない!

とか言い出して。
遅いってさ・・・ほんと、どんだけぇーーーー だわ。


けれども、小規模ではとても元気に機嫌よく過ごしているらしい。
それだけは救い。



ちょっと気をつけないとな・・・










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-15 22:24 | ひとりごと。 | Comments(0)

くぎ煮が牙をむく!


昨日、やや強引なお泊りから母が帰宅しました。

一回りとは言わないけれど、0.3回りくらいは小さくなったような。

小規模での宿泊なので、基本デイサービスは日曜日は休みだから
日曜日の室内はどんなんだろう・・・ほかの利用者はいたのかなぁ・・・



とか、気にはなるけど気にしない!


やっぱり土曜日の宿泊はかなりイイ感じでした。
これ、使って行きたいなぁ。



明けて今日は、再び歯医者の日。
もちろん拒否です・・・
しかし、脅しと泣きつきで粘りの説得。
やっとこ、行っていただけるようでした・・・


ところが、朝食の時、物凄くむせ込んでしまいました。
ヤバかったぁ~。

原因は、いかなごのくぎ煮。
これは、瀬戸内海の春の味。

詳しく説明できないんですけど、このいかなごってのは
おじゃこみたいなんだけど、どうも長距離輸送に絶えないらしい。
なんか溶けちゃうみたいです。
なので、捕れたらすぐ甘辛く煮てしまわないといけない。

母も明石の知り合いのお家に作りに行ったり、
最近では、今はあべのハルカスなんて洒落た名前になっちまった
デパ地下で買えるようになったらしく、家で煮ておりました。


こちらのスーパーなんかでも、いかなごのくぎ煮って売ってましたけど、
いやぁ、柔らかさが全然違ってて。

それを先日またスーパーで見つけて買ってみました。
母が好きなので。
そしたら、これが結構いけました。柔らかくてふっくらしてて。
母も、美味しいねぇって喜んでました。・・・が!


今日は体調やっぱりわるかったのかなぁ~
ご飯の柔らかいのと、ちょっと固めのくぎ煮が食べにくかったのか。
喉に突き刺さってしまったんでしょうか?

ちょっと、食べ物にも気を使わないとな。



あ~、これで今日の歯医者もキャンセルだなぁ・・・
でも、先週バカみたいにこのことで凹んだら、何だかどうでもよくなって。
いいや、キャンセルしるかっ!って思ったら、


随分長時間苦しんだのにも関わらず、歯医者に行ってくれました。


そしたら、下の前歯が一本なくなってるとか・・・
えーーーー? です。
どこいっちまったんだ?食べちゃったか?



そのほかにも、いつも下にして寝ている右耳の
皮がめくれてるとか・・・これは連絡ノートに書いてあった。
耳にも褥瘡できるのか? 理屈としたらできてもおかしくないしな。


そして、今日も会話にはならないし、やっぱりジワジワいろんなことが
悪くなってるかな・・・


足元はますます悪くなるのに、トイレに行くのかズボンを半分下げた状態で
ウロウロしてるし、何だかホントに目が離せなかった。



いかなごのくぎ煮、美味しいねぇって言えたのも
これが最後だろうな。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-14 19:29 | ひとりごと。 | Comments(3)

忘れてた休日


なんだかすっかり忘れていたけれど、昨日から母お泊りでした。

今月からもう少しお泊り利用しよう!と
なんの用事もないけれど、週末に1泊入れてたんでした。



金曜日、小規模から帰ってベッドで寝ていた母ですが、
(まぁ最近はこの時間必ず)夕食前に起きて来て、
今日は休むわ・・・と。


出たよ・・・まるで翌日からのお泊りを察知されたかのよう。


やだなぁと思いながら迎えた昨日の朝。
取りあえずココロ穏やかに母に対応し、無事出かけてくれました。

ただ・・・

泊まりだと言うタイミング、逃してしまいました。
m(_ _)mスマン


これってちょっとした人権無視だ・・・
でも、目先の楽チンに目がくらみ。


言い訳するなら、

先日、5時半に迎えに行った時、
この時は母にちゃんと説明して送り出していたけれど、
迎えに行ったら、
 私はなんーーーーにも聞いてないのよ!
とスタッフに繰り返してた。
てことは、言っても言わなくてもどっちでもいいんかぁ?
ってことにしてしまいました・・・



昨日はお昼すぎてから都心に出かけました。
例の、歩くだけでシェープアップ靴履いて。
3時半のいつものボーダータイムを超えて、時間気にせず
一人でぶらぶらしまくりました。


今朝も10時過ぎまで布団の中でグダグダ~~~
ささやかで、最高のしあわせタイムでした。



木曜日、小規模もなく一日中二人きりで会話もなく過ごした日。
夜、オットや次男が帰ってきたら、何だか寂しいとか泣きたいとか
言い出してた母。

だけど金曜日の小規模は、とても調子良さそうで他利用者さんと楽しく過ごしたようでした。


母にとって、わたしと過ごす時間はあまり幸せではないんだと思います。
そりゃそうです、私もあまり幸せではないから。

少し、いやかなり、一緒にいすぎていると思います。
この基準って、きっと物凄く個人差があるはず。

だからホントは猛烈に母と離れて暮らしたいのです。

でも、特養どうぞ!って今言われたら、それなりに躊躇もする。

今は毎日母の様子を見ているけれど、預けてしまったら
見ていない間の突然の変化に対応できるのか、それがコワい。

それがコワくて、会いに行かなくなるんじゃないか・・・
またまたそれがコワい。



とりあえず、まずは自分を楽しませることを考えようと思う。
そしたらそれを実行するために、母にも機嫌よく行ってもらう
努力もできるんじゃないか。




明日は先週行けなかった歯医者再び、です。
そして木曜日には整形外科。
また同じ一週間の始まりです。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-13 12:58 | ひとりごと。 | Comments(0)

大介護時代・・・


朝日新聞でのシリーズ記事です。


昨日は自宅で実母の介護をされている共働きの男性。
お子さんも4歳だったかな。


お母様、レビー小体型で、要介護5とありました。


介護って女性が担ってる場合が多いですけど、
男性の本気の介護ってスゴイと思うことがよくあります。


奥様もお忙しい仕事のようで、24時間対応の保育園と
デイとヘルパーさんとを駆使し、そして帰宅後
お母様のお世話と・・・


ただかなり、経済的に余裕もあるんだろうな・・・


すごいなぁと思いつつ、もう一つ引っかかることが
その、レビーのお母様の様子。


年齢は82歳だったか、診断されたのは2009年。
今は意思の疎通もなく、食事も口を指で開けてスプーンで
食べさせているようでした。
固縮もひどく入浴の時のはマッサージをされているとか。



レビーをネットで調べまくってた頃よく見かけた
後期の状態でした。

やっぱり、

やっぱり、

向かっていく先はここか・・・


できないよ、そこまで。





今日、一つ特養に申し込み出してきました。
待機、500人超だとか。
まぁ、緊急性ゼロなので関係ないかっ!ですが、
2か月に一度の審査会?の後、電話で聞けば
順位を教えてくれるんですってね。
500人中485位とか言われたら、次男の成績か!って
突っ込み入れて、それなりにちょっといらぬショックを受けるだろうな。


来年4月には隣接する市に同系列の特養ができるらしい・・・
その時には気合い入れて申し込もう。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-11 19:40 | ひとりごと。 | Comments(2)

一年前の今日でした。


私が職場の休憩室でお昼を食べていた時
従姉から母が入院したとメールがありました。


あれからちょうど一年です。


その夜、実家のカギを開け、真っ暗な家の中に入りました。

いつも帰る時は母が迎えてくれていたので、初めてのことでした。



そしてその時同時に、私は介護という真っ暗な世界のドアも開けたのでした…

・・・なんて言うのはちょっと上手いこと言いすぎでした(^▽^;)


前にも書いていることですが、家の中はいつも通り片付けられていて
何一つ乱れたところはありませんでした。


一晩中動けなくて一人でもがいていたと言っていたので
トイレに行けず布団を汚してしまったのを、従姉が干していてくれてました。


最後に母が作った夕食の献立は何だったんだろう。
前日、体調の悪いところはなかったんだろうか。


母を引き取るつもりではいたけれど、認知症なんて全く考えてなかったので
何の知識もなかった。

入院中、あんなに激しいせん妄状態になったのに
それがせん妄なのだと誰も教えてくれなかった・・・


あの頃もネットでいろいろ見ていたけれど、専門的なものばかりで
介護している方のブログにまで届かなかった。
今なら、あの時の母の状態を書き込めば、きっと何人もの方が
アドバイスしてくださるだろう。


去年の今頃は、随分と泣いた・・・
一年後なんて想像もできなかった。


でも今は一年後のことも想像できる。
何より、あんなにオロオロしていた自分が、
すっかり、擦れちまったなぁ~

まぁ、いいか。




リーボックのイージートーンっていう、歩くだけでシェイプアップ!
って靴を衝動買いしました。

ちょっと歩いてみただけで、何だか足が疲れた。効果あるのかも!
この一年、動かずじっとしている時間が長かったから。





f0291972_1832591.jpg








基本前向き・・・次に挫けるまでは。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-09 18:39 | ひとりごと。 | Comments(2)

街は生きている。


昨日のことを踏まえて、
さすがに出かける直前に通告するのを止めました。

朝食の時に今日は小規模の日と伝えました。


何とか理由を見つけようとしていたようですが、
迎えが来たのでせかして車いすに乗っけてしまいました。


いつもの施設長ではないのを見て、

 校長先生は?  と聞いてました。

今日は、お休みです。

 え~、わたしも休みたい…

はい、いってらっしゃいーーー!



その後、今日も外を歩きに出かけました。
まだまだ桜が咲いていて、今日は入学式でした。
いつからランドセルってあんなにカラフルになったんだろ?
いや!入学式にランドセルなんか持ってたかな?

校門の前の、入学式 の看板には写真撮影の列ができてました。 

中学生も、まるで制服が歩いてるみたいな子たちがいっぱい。

新しい生活が始まっているんだなぁ・・・
生きてるんだなぁ・・・
と感じました。


小規模から戻った母の連絡ノートには
今日はとても穏やかで明るく過ごしていたと。
散歩にもでかけ、歩行練習もしたと。


なんだ、行けば結構楽しんでるんじゃん。
結局やっぱり、困っているのはわたしだけか。


それでも母が楽しく過ごせたことはホントにうれしい。
もう私が母を楽しませてあげられることはないと思うから。


夕食作ってると突然やってきて、
ひーーーーっ と悲鳴がでるほどビックリした

 さっき私を早く行かせる相談してたでしょ?

多分、送ってきたスタッフが、明日も迎えにきますからね!
って言ってたことだと思われる。


最近お迎えの時間が早くなったことを、はっきり認識してないのだけど、
どうも早すぎると、疑念を抱いているのはわかってる。


しかし、すでに明日の朝の攻防は始まっていると思うと
気が滅入る。


お母さん、そんなに行くのが嫌なら・・・
行ったきりになってもらうしかなくなるんだけど。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-04-08 22:50 | ひとりごと。 | Comments(2)