<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日々ただ過ぎていく


今日で5月も終わりです。



毎日、ただ一日が終わるのだけを待つような、そんな感じです。



月曜日歯医者に行った。
その2,3日前に、なんだか鏡を出して来て口の中をみていたから
どうしたのか聞いたら、歯がとれたから、歯医者に行かないと!って。

ちょっと見たけれど、別に変わりはないようだし、予約もあるからいいや。

そんなこともあったので、月曜日は積極的に歯医者に行く気になっていた。

診察してもらったら、やっぱり今治療している下の前歯の近くで
もう一本折れてるって。

また型をとって、前のところと一緒に次回入れますって。
↑これ、もう何週聞いてるだろ。


歯も弱って来るわなぁ~。歯も寿命でしょ。






トイレに行ってウォシュレット勝手に使って背中水浸しにはなるは、
なぜか、おしっこ全部外にしてて、それを踏んだ靴下で歩いて
カーペットに足跡残してるわ・・・ トイレの限界も近いな、きっと。




お人形が一杯寝てるからって、ベッドの隅っこで寝てるし、
布団カバーだけで寝るから外せとか、寝てるのにもイロイロと…




朝食に兄が送ってきた明太子をだして、

お兄ちゃんが送って来てくれたって言ったら、
その後、小規模に昨日アレもらったでしょ?
お礼しないといけないからちゃんと考えて!

とか何とか、貰った ってことだけが残っちゃったんだろうな、
話が面倒なことになってしまった。



もう、何にも余分なこと伝えたくない。
ご飯が出来たってこと伝えるだけでも、一度じゃすまない。



兄に明太子の礼を言ったら、大阪出張の際、父のお参りに行ったことを
母に伝えておいてって言う・・・


そんな、ややこしい話、私の口からはできんわ。






というような毎日。ただこれが日常。
割とイライラもしていないけれど、恐ろしくため息は出る。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-31 11:41 | ひとりごと。 | Comments(0)

ただいま


無事に、母の2泊、わたしの大阪旅行が終了しました。



金曜に小規模に送り出すまで、やたら幻視があったりして、
まるで一年前に戻ったような状態でしたが、だからって
打つ手もないわけなので、いつも通り送り出しました。



で、昨日戻った連絡ノートを見ると、とても良い状態で過ごしていたようで、
夜も眠れていた様子。いい具合な訳でした・・・



私の大阪の方と言えば、まずすみれさん。
今年88歳になりますが、背筋は相変わらず真っ直ぐ。
変わりはありませんでした。



あんたにばかり苦労かけて悪いなぁ… と涙ぐみます。

あんたの尊い時間にわざわざ会いにきてくれて・・・と涙ぐみます。



母の小規模で撮った写真を置いてきました。

すっかりおばあさんになってしまって。
私より年下やろ?

と。妹やからなぁ~。


写真は置いていくと言ったら、いいのかと何度も聞き返し、

嫌というほど、本物見てるから写真はいらない、と
何度も繰り返す。



帰るのが5時過ぎになってしまい、部屋を出たら
夕食の用意が始まっていた。

エレベーター乗るのに、暗証番号が必要なのに
わたしは知らないので、スタッフを呼ぶことになって
忙しいのがわかるからそこですみれさんと別れたかったのに、
下まで行くと言って聞かない。

忙しい時間だからいいって言っても、

いいの、いいの。みんなそれぞれ食べるから。

って、状況がわからないあたり認知症だわね…
わたし、すみれさんが認知症という認識があまりない。
元々、ホントにそういう人だったから。


結局、スタッフが、一瞬チッ!って顔して、
ついてきてくれたので、玄関では大急ぎで退散してきました。

その、チッ! は、とてもよくわかります。すんません。




そしてその夜、世話してくれている従姉からメール。

かずちゃんの大事な写真を忘れて帰ってるから
すぐ送り返して欲しいと、騒いでると。


ちょっとしたことが、ちょっとした面倒に繋がって
段々、ちょっとした気遣いとかするのも面倒になっていく
認知症をとりまく状況。





それからもう一軒、父と母が最初に勤めた会社での友人という
古い間柄のお宅を訪ねた。もうほとんど親戚っていう感じ。


昨年、大阪を離れる時にも、一番切ないお別れだった。
おばさんの方は前から足が悪かったけれど、とてもはきはきした人で
おじさんの方はとってもダンディな方。


久しぶりにお宅にお邪魔したら、リビングに布団が敷いてあって
おじさんが寝ていた・・・

昨年心臓の大手術をして、ほとんど入院していて、最近退院してきたのだけれど、
今は身体がまだ思うように動かないと。

とっても痩せていて、私がいる間も結局起き上がらなかった。
だけど、帰るときには頭を持ち上げて挨拶して下さった。
話す声も変わらず、よく通るいつもの素敵な声だった。



その他にも自分の友達に会ったりもしたのだけれど、
かなり濃い2泊だったこともあるんだろう・・・
でもそれ以上になんだか酷く疲れた。


そして、もう若くないんだなって実感してしまって
人生、残り少ない・・・なんて感じてる。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-26 10:22 | ひとりごと。 | Comments(2)

呼べないんです。



いつもいつもその頑張りに敬服する放浪カモメさまのブログでよく、

ママ~

と呼んでいる場面が出てきます。
いつも、いいなぁと思っています。



うちは母が生粋の浪速の人なので、小さい頃から

おかあちゃん

と呼んでおりました。
これが小学生くらいになると嫌だったんですけど。
いつまで、おかあちゃんと呼んでいたんだろう・・・




次に気がついたときには、おばあちゃん、と呼んでおりました。
兄のところに、子供ができた頃からなのかなぁ。


今もオットや、もちろん息子たち、兄家族も、おばあちゃんって呼んでます。




ところが母が私のことを おねえちゃんだの、おかあさんだのいろいろ呼ぶのに、
わたしが母をおばあちゃんと呼ぶとますますややこしいことになってしまい…
そこから不毛の会話に発展するのも怖く、とうとう何て呼べばいいのか
わからなくなってしまったままです。




兄のことも、最近孫を連れてくるせいか、おじいさんと呼んでますが、
父のことをそう呼んでいたので、兄もわかってるのか、わかってないのかって
混乱しております。



上がったテンションは予想通り急降下。
今日は天気も悪いし、行きたくない、ずっと寝てたいとか言ってました。



珍しく私の名前を呼びますが、これがまた怪しい。
私と母と二人が、未知の家にいるという設定で昨日から
進んでおります。


ハハハ・・・









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-21 11:03 | ひとりごと。 | Comments(2)

だよね~。


自分に、

だよね~~~

なんです。


そんな調子いいのが続くはずがない!!!

の、だよねぇ~ です。



今日、ようやく歯医者に行けました。勝手に今日で終わると思ってたんだけど、
まだみたい。抜けた歯の型をとって、とりあえず次回入れてみるとか。
前回も同じこと聞いた気がするけど・・・どうでもいいや。


整形外科もあと一度となったけれど、どっちもこの先通い続けるわけで
一時休止なだけなんだものね。



歯医者に行く前に着替えしようと思って、
下着は午後からシャワーの予定なのでその時でいいやと思ってたら
パンツがどうこう言い出して、その上なんだか匂うので、
みたらリハパンが濡れていて、その上着替えようとしたのか
2枚重ねばきになってた。


歯医者で10分ほど待たされたら、そろそろおかしくなりはじめ、
男のパンツを履いてきた、とか。ちゃんと履き替えたと言っても
納得しなくて、まずいなぁ~と思った頃に順番が回ってきて、ホッとした。



帰ってからも、ベッドからリビングを行ったりきたりで落ち着かない。
お昼を食べて、1時くらいからシャワーにしようと思ったけれど、
それより前に私のところに来て、あの子をシャワーに連れて行ってあげてと。


シャワーの担当者は別の人らしいのは、もう前からのこと。
そこはシカトでかわし、シャワーの用意して、行こうっていったら、

誰がいくの? あの子呼んでくる! 


脱衣所に行っても、脱いでくれないし、相変わらずジュンちゃんのこと探してるし。
もうシャワーの時にはあたしはへとへとだし。

もうさぁ~、何も考えないでシャワーにしようよぉ~(┳Д┳)




シャワーに座っても、今はもうほとんど説明なしで、いや説明しても
自分では何もできなくなってる。


頭、流すよ!って言ったら、


ながす?ナガスってなに?

もう~エエワぁ・・・・・




身体を拭いていると、おしっこ行きたいといい、
トイレに連れてって、その間に風呂場を片付けたりしていて
その後トイレを見ると、多分、フタ占めた上にしたらしい・・・
フタから床まで、おしっこまみれ・・・

トイレを失敗したことよりも、そのことに一言も触れないことの方が、
認知症を感じる。


シャワーが終わっても今日はゆっくり寝てくれる様子もなく
とにかく行ったり来たり。


そしてわたしの耳元で深刻な顔つきで、

今日の晩御飯どうする?お寿司でもとる?
ここの奥さんにも出さないと・・・
肉でもいいけど。



ここの奥さんには、ビール出してくれ!!!
奥さんヘトヘトですがなっ!



多分、シャワーの世話をしてくれたここの奥さんに、と言うことだと思う。


その後も何度も夕食のことを聴かれ、夕食の準備しているときには
お腹減って我慢できないから、この前買ったアイスが食べたいって。

アイス買ったのは、1週間前だと思うけど、そんなことは覚えている…



ケアマネが言った通り、明るい・・・いや、テンションが高い。
そして、高く上ったものは、必ず落ちる。




なんか、今日いろいろ話かけられたけれど、ほとんどスルーでかわした。
なぜ話相手になれないんだろう?・・・わかった。
母が誰と話てるか、わからないからだ。
適当な相槌うってると、今日も、お名前は?なんて聞かれて
背筋が凍った。



(┳Д┳)






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-19 21:09 | ひとりごと。 | Comments(4)

逆転・・・するかな?



今回の2泊の泊まり。 連絡ノートには

2時間おきにトイレに

と書いてあった。その前は1時間おきなので、イイ感じ。
だと思うけれど、やはり、

昼夜逆転の兆し、みたいなコメントがあった。



直接聞いてみればいいだけだけど、昼夜逆転・・・するかなぁ~?
夜中のトイレなんて数回行くのも普通だろうと思うし、
いつもと違うところで寝ているんだから・・・



今回そのコメントを書いたスタッフは、よく送迎にきたとき
その日の様子なんかを一言二言伝えてくれる、40代と思われる、
とても温厚そうな男性スタッフ。



今日はとても楽しそうでした、なんて教えてくれて、
あとで連絡ノートを見ると、看護師が、
今日はとても不安そうでした、なんてコメントがあって、

どうよ?


なこと度々。でもまぁ、優しい口調で話かけてくださるそれだけで
よし、です。


昨日も帰りそのスタッフが送ってくれて、一言。


○○さん(苗字で)、夜はちゃんと寝てね!娘さんに迷惑かけちゃダメだよ!


いやいや、夜別に迷惑かけられてませんけど・・・
本人、泊まりのこと何も言わないんだから、それ以上言ったら、


本気で、


怒んで ゛(`ヘ´#)





昨日ケアマネと電話で話したところによると、

最近の母、とても明るいらしい。


家では全く変わりない。
テンション上がるってことは、次下がるってことだし、
いろんなこと、気にしないや。



今は、母はともかく、天候も、わたしも、安定期。
もうすぐ梅雨だしね・・・











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-18 13:27 | ひとりごと。 | Comments(3)

10日周期。


あれ?わたし、10日ばかり更新していない・・・

早いなぁ~。



10日周期で泊まりを入れているので、前回も泊まりのあとの更新で
今日も泊まりのあとの更新です。


今回は一泊の予定が、思いがけないお誘いを受けて
2泊にしてしまいました。


午前中、迎えに行った母は、やっぱり少し縮んでしまってるような。


火曜日、水曜日と一日中出かけてました。
これ自体すでに、あんまり私らしくないことです。
わたし、実はお家好き。


この二日、ほとんどまるっきり、母のことは考えませんでした。
思い切り、遊んでます。


上手い具合にリフレッシュできている・・・ようでしょ?

でも、少し、自分に違和感があるのです。
今朝、母を迎えに行くわけですが、そのことが物凄く気になり、
そしてドキドキしてくる。


すっかり母のことを忘れて過ごしてる自分と、
戻ってくるドキドキとのギャップが激しすぎると思います。


なんと言うのか、あんまりふり幅が広がらないように
自分のこと、コントロールしていないと、何か危ない感じ。




母の日に、兄の家族がやってきました。
兄、約2か月ぶり。義姉正月以来です。



姪っ子も赤ちゃんを連れてきてくれました。


その子供の話、飼っている犬の話。そんな話を楽しくはなし、
一家は帰っていきました。


別に兄にも、義姉にも悪気があるとも思わないし、
わたしに感謝もしてくれているでしょう。


でも、やっぱり、


なんか、なんだかねぇーーーー





もう、いいよ、来なくてもサ
洗い物、増えるだけだもの。



っていうような反動が、自分の激しい気持ちの変動につながるんでしょうねぇ。


ホント、お会いしたことはないけれど、このブログを読んでくださる皆様の方が、
よほど母のことも、わたしの内面もわかってくださっている。


不思議なことです。




そうだ!コメントをいただいた、うし様。
お返事しようと、すっかりほっぽりだしていて
すみませんでした。


うし様、小さなお子様二人の子育てと、義母さまの介護されています。
そして、義母さまの妹・・・たち。 たちですよ、たち!複数形です。
たち!も度々登場されるという、過酷な現実。



わたしなんぞ、母一人でこんな有様でブログ書いてるのが
恥ずかしくなりました。




それでも、それでも。
世間の数多い介護者の平凡な一人として・・・


次回の10日後。
母を迎えて1年となります。

で、1周年記念!で、大阪に帰る…いや、行ってこようと思ってます。


そのにんじんに向かって、またちょっと母に優しく過ごします。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-15 19:06 | ひとりごと。 | Comments(4)

また小さくなった


お泊りで楽チンしたあとは、帰宅する母に会うのがコワい・・
さて、どんな状態で帰ってくるかと。


昨日の帰宅。心配をよそに、いつも通りの帰宅。

 これで私は、おしまいでいいの?

はい。おしまいです。後はゆっくり休んでねぇ。
明日も休みだからねぇ~。

許容範囲内での帰宅です・・・

が、

足元を見ると、上履きのままの帰宅です。
日曜日は手薄なんでしょう。

カバンを開けると、どうも土曜日入浴日のはずが、その形跡がない。


連絡ノートを見ると、

 入浴に不安があるようで清拭と着替えをしました。

とあります。
そのほかの連絡欄にも、一日中不安状態であったこと、更に
夜は、一時間ごとにトイレに起きるのが5時まで続き、
本人の希望で5時半には起床しました、と。


やっぱり、大変だったのねぇ~。


例えプロであるとしても、私は自分がラクをしたいからという理由だけで
母を預けているので、やはり、スタッフさんたちに対しても申し訳ないなぁって
気持ちが拭えません・・・


でも・・・


多分、ご存じのように母のケアマネは、あまり聞き上手ではありません。
そしてわたしも、泣き言のほとんどはこの場で吐き出させてもらっているので
ケアマネに泣き言はほとんど言いません。ただ、聴かれるので状況を言うのだけれど、

この前も、夕方になると、朝だか夜だかわからなくなって、
夕食時に、おはよう・・って起きてくる、なんて話すと
すかさず、みなさん、そうですよぉ、と
みなさんの話が始まります。

わたしは、ケアマネとの会談の時、いかに、このみなさん、そうですよ!を
言わせないかってことに面白半分こだわってみてます。


みなさんがそうだってこと、結構知ってますし
みなさんがそうだからって私がラクになることはないわけです。
その話に愛想よく相槌うつ方がよほど大変です。


みなさんがどうかは知らないけれど、母の状態はやっぱり私が一番見ているのです。


で、不安そうで入浴できなかったとか、一時間ごとにトイレに行ったとか
わたしには想定ないであります!


それによって昼夜逆転ってことも多分ないと確信しています、
だって一日中ベッドで大人しくしているんだもの。


連絡ノートに書いてあることは、私への報告というより
わたしには、スタッフたちの泣き言のようで、
ちょっと・・・・( ´艸`)ププ


いや!いかん、いかん。謙虚な気持ちでいないと。



今日も一日をベッドの上で過ごしていたけれど、
時々起きて来て、

 あの子をお風呂に入れてやって・・・

とか、

 小規模がなくなったらどうするの?
 売上悪くてなくなるから。

とか。

ベッドの上でいろいろ考えているんだろうなぁ。
だけど頭の中の記憶や言葉がとっちらかって一つの回路に繋がっていない。
そう考えるとやはり、切ない病気です。


先日の わたし、もう死ぬわ の発言から
元気がないわけではないけれど、また少し小さくなったように感じます。


何を言っても一度では通じなくて、つい言い方がキツクなっていく。
そうすると、そんな怒らないでよ、って。
その言葉に怒りたくなる。



母の通う小規模の上階はグループホームになっていて、
とりあえず次回空きが出たら、声をかけてもらうことにしています。



さて、もし今、空きましたと言われたら… とうしよう。


父は、ショートから入院してそのまま亡くなったんですが、
葬儀が終わったあと、ショートのスタッフが書類を持って実家に
来ました。活発そうな若い女性でした。亡くなったこと驚いたと。
ショートで最後に入浴させてくださったと聞いて、胸がいっぱいになりました。


父とは話さない冷たい娘でしたが、自分の親の最後の入浴を
この若い女性にゆだねてしまったんだなぁ・・・


その時のそんな思いはあるものの、自宅で母をさいごまでみる覚悟は・・・
できません。

ということは、いつか誰かにまた委ねたいということ。


そんなことを考えていると、これは鬼娘的にではなく、
今のまま、壮絶な介護生活がやって来る前に、この状態から
静かにさいごの時がやってきてくれれば、と思います。




きっと明日は、今日は行けない、休む と言うだろうなぁ。


何故がまたまたノドが痛くて風邪ひき気味。
なぜだぁーーーー! 
・・・多分、遊び過ぎ。




今日の記事、暗いですか?本人は全く暗くはありませんです 
((^┰^))ゞ テヘヘ






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-05 21:56 | ひとりごと。 | Comments(9)

季節に慰められる


金曜日、送りのスタッフさんが、

 今日は昔の映画の話をしてホントに楽しかったですよ!

と。会話が盛り上がったようです・・・



しかし、その後玄関上がったところで、

 わたし、もう死ぬわ。わかるもん。

そんな、突然。小規模では元気そうな話じゃないか!

 そりゃ、わたしも無理して話してるから。

前日もアイスクリームだのアンパンだのガッツリ食べてたじゃん!

 そりゃ、好きなものは・・・




到底、死期が迫ってる感じはありまへん。
ただ確実にいえることは、翌朝小規模に行かないと言うだろうこと。


予想通り、昨日の朝、やたら今日は休むの連発です。
そう疲れている様子もないのだけれど。実は昨日から泊まりです。
私は出かける予定だったし、母が何を言おうと玄関の車椅子に
乗せてしまえばコッチのもの!みたいな覚悟です。



そうそう、つい最近まで母に泊まりであることをいつ言うか!
とても真剣に悩んでいたけれど、言うのやめました・・・


先日も家でシャワーするときに、タオルと着替え持ってきてないから、とか
家と小規模が混同しているような発言が続き、
どっちでもいいんじゃないかって判断にしてしまいました。



出発するときに思い切り、

 いってらしゃぁ~い!

というと、母、スタッフに向かって、

 ほら、物凄くよろこんでるでしょ・・・

だって。イチイチ・・・





 あ~~~、嬉しいよ!
ちょーー、嬉しいし!






爽やかな天気と、明るく色とりどりの風景が物凄く
癒してくれてる今日この頃です。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-04 10:35 | ひとりごと。 | Comments(0)

あと3回!



あと3回。

ははは、整形外科の話です。


わたし、だいたい、ツメが甘い。
それはあともう少しで終わる!って状況に弱いから。
おまけに、GW? 通院には影響うけますよね。
来週の木曜日は、整形外科と歯医者のはしごの予定。
こなせるかなぁ・・・



小規模からは、母は元気を増してきたと報告があるけれど、
認知症の方は何とも感じていないのかなぁ~。


トイレがおかしい。
突然、場所も使い方も全くわからなくなる。

この前も見ていたら、ペーパーを取ったと思ったら
丸めて、鼻を拭いて、便器の外に捨てようとして、
そのまま立ち上がろうとした。


リビングから見える位置にあるポータブルトイレでいきなり用をたす。
着替えたりするときには、カーテンが引けるようになっていて、
今までならちゃんと閉めてたのになぁ。


遅い夕飯食べている次男のところにきて、

 うんこしたい・・・

次男、絶句。


昨夜は、次男に、

 あんた、妹いてるでしょ。かわいい声した。早く紹介してよ。

と。次男とりあえず、

 あ~、またそのうちね。

とかわすも、

 名前だけでも教えてよ。

再び絶句。これを見て、あ~次男も昨年の名前トラウマあるんだな、と思いました。
そして、やっぱり次男は唯一、母の介護同志なんだ・・・

まぁ、頭にくることもヤマほどあって、わたしのイライラにガソリン注いでるヤツだけれど。



今一番見たくないのは、ばあちゃんがトイレしてる姿 らしいです。



今日も整形外科が終わって、隣のコンビニでお昼の買い物をしたけれど、
いつもなら喜んでパンを選ぶのに、今日は反応がない。

適当にパンとおにぎりを選んで帰ったら、
そのほとんどを平らげてしまった。


5月になったばかりなのに、カレンダー見て6月の宿泊考えてます。
不良介護者になって、自分を楽しませることだけ考えるんだぁーーーー
d(*^v^*)b♪
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-05-01 19:40 | ひとりごと。 | Comments(6)