<   2014年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

月曜日





今朝、小規模に行く前に着替えをしたら、

パジャマのズボンの下に、

下着のシャツを履いていました。




今日から、2泊の泊まり。


こうやって、時間が過ぎるのを待つだけ・・・です。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-30 22:07 | ひとりごと。 | Comments(2)

使ってみた


先日、お試し用にレンタルしてくれた、浴室用イスを使ってみた。

コンパクトタイプだけれど、両肘がついていて、多少の高さ調節もできる。


今までは、カランの方に向かって座っていたのを

湯船に向かって座るようにして、湯船の淵につかまってもらうことにした。



立ち上がった時の支えにはならないけれど、


少しは役に立ってる感じかな。




貼りつけ式の手すりはもう少し様子をみて
とりあえず、このイスだけでいこうかな。

イスは一割負担の買い取りだと言ったっけ。



ただ、このイスをずっと浴室に置きっぱなしにはできないから、
使い終わったら、ベランダに干したいけれど、
水、ポタポタさせずに運ぶのは至難の業だな・・・



強烈なオレンジ色のイス。
だけど、母は何にも言わなかった。
何の反応もなかった。



昨日、小規模から帰ってきたのを玄関で迎えたら、


あらぁ~~~、こんなところにいてたのっ?
私住所わからんから、この人の行くところについてきただけで…


とかなんとか。で、スタッフがさよならぁ~ って帰りかけたら、


ちょっと、ちょっと!待ってよ!私、連れて帰ってくれないのっ?




いろんなことをどんだけ聞いても、やっぱり慣れないわ、この暮らし。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-29 14:10 | ひとりごと。 | Comments(0)

なるほど・・・


母の袖の下の意味がわかりました。


今週、床屋さんがきているそうで、
カット代は他料金と一緒に引き落としになりますが、
カラーリングとかパーマ代は高額なので現金先払いにしているらしく、
それを持ってきて、渡しているそうな・・・


なるほど、です。ちゃんと見ているわけだ、その疑り深い目で。




最近の母は認知機能低下してますが、覚醒期だと感じます。
余計、めんどくちゃくて、ややこしい。



今朝もしつこく起こしても起きない、次男をたたき起こしている声に、
離れたところにいる母がしつこく反応。
起きろーーーー! と  寝てろーーーー!  です。





母が小規模に行ったあと、掃除してたらソファーのところに
母の手書きで


トイレ そうじ注意して下さい


と書いたメモがありました。
何度か漢字を書き直して、最後に清書してあって
久しぶりに見た母の字でした。
まだ、字が書けたのか・・・
いつ書いたんだろ? 多分、早朝・・・



どういう意味だろう?
トイレを汚したから、注意してそうじしてくださいという意味か、
もっと注意してキレイにそうじしなさい!っていう意味か・・・



ほんの少し震えているけれど、変わらぬ母の字でした。
この字から今の母を想像することはできないでしょう。
複雑な気持ちです。







昨日、介護用品レンタルの担当者に来てもらって
お風呂を見てもらいました。

シャワーで、立ち上がってお尻とか洗ってるときにつかまる場所がなくて。

ただ、住宅改修まではちょっと・・・



風呂場に入るところには20センチほどの段差があるし、
この先湯船につかることはないと思うし、
あとどれくらい、私一人でシャワーできるかというところもあるし。


それから、とりあえずこの家は私のものではないので
さすがに、母の為に家に穴を開けるのはちょっと気が引けます。


できるだけ簡単なもので済ませたい。


とりあえず、肘付のイスをお試しさせてもらうのと、
貼り付け式の補助棒みたいなのをつける時の為、
写真と図面を撮ってもらいました・・・

風呂場にタオルかけのちょっと大きいようなものを貼り付けるだけでも
住宅改修になって、役所の手続き大変なんですね。



これから先も母の介護用具が増えていくんでしょう。
あと数年?いずれ母の介護が終わった時、
私も、そしてこの家も介護に疲れた状態になってると思います。
なのでその時が来たら、一度は跡形もなく介護の痕跡を消したい…
ネジ穴一つ、残したくない。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-27 12:16 | ひとりごと。 | Comments(0)

袖の下


月曜日に小規模から帰って来てから、母が深刻に訴える。



みんなが何か包みを渡している、と。
どうも、封筒にお金を入れて渡していると思っているらしい。


どういう光景を見て、そんなスイッチが入ってしまったのか…



渡してないのは自分だけだ、と。

とにかくわかった、わかったでやり過ごす。




そして昨日。帰宅してからおやつを食べて 寝ていた。
私が台所で夕食の準備をしていたら、突然やってきて・・・
顔も声も深刻そのもの。


何?って聞くと、

ちょっとこっちに来て座って話そうか・・・

ってさぁ~。夕食準備中の私は、だいたいが不機嫌なんだけど。
で、食卓に座ると、


昨日の話なんだけど、やっぱり渡さないと。
渡せば問題は解決すると思うのよ。

もう、わかったってば!払う、払いますから!!!


あんたの分払うの?私はどうしよう?


って、だいたい自分から話題を振っておいて
それに答えると、主語がどっかにとんでいて、
話の発端が消えて、わけわからんことになって、イライラする。



問題って何?何で封筒の中身がお金ってわかるの?
誰が受け取ってるの?

って、気づいたら久しぶりに食ってかかってしまってて、
もちろん、母がそれに答えられるはずもなく、
わからないけど、とにかく払わないといけないって
情けない顔してる。



この話題が私のイライラを誘発させるもう一つの理由。


とにかくお世話になっているからって、スタッフたちに気を使う。
私にもお礼しろだの、挨拶しろだの強制する。


じゃあ、あたしは何っ ゛(`ヘ´#)


って言うほとんど無意味なムカつきを生む。





今日も一日、食べる事と出す事をサポートするだけの一日。
まだ、9時だよ・・・トホホ。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-26 09:05 | ひとりごと。 | Comments(0)

勘ぐる。


昨日は、ケアマネの訪問がありました。

来月の宿泊予定は既に伝えてあるので、特に話もないわけですが。



宿泊がうまく行ってるので、私が随分助かってると伝えました。
そしてら、ケアマネは、定期的に宿泊をいれてはどうか?と提案します。



例えば、金~土 で。金曜、土曜は夜専門のスタッフがいますから。



と。これ以前からよく 週末には夜のスタッフがいるから、って言われてたのですが、
じゃあ、平日は誰もいないのか?ってそんなことはないのになぁ~。




そうか、夜専門スタッフがいるってことなんだって、
今日、納得しったっていう、オオザッパぶり。




とりあえず今の母は、夜間トイレに行くくらいで
それならいつものスタッフの対応で充分と思われるので
私としては、その夜専門のスタッフってのには
なんのメリットも感じないのだけれど、


何度もそれを言われると、平日より週末に宿泊して欲しいって
やんわり要望されてるってこと・・・かなぁ~ と勘ぐってしまう。




だって、金曜日に固定してしまったら、私の時間も金曜日に固定される。
今は私の予定優先で、宿泊の予定を入れている。
誰が見たって今の状態の方がいいでしょう?
固定する理由はどこにもないんだけれど…

 


ということは、やっぱり週末宿泊推奨してる・・・だろぉ~?




今月から通う日が、火曜日から月曜日に戻った。
その時も、月曜日の方が明るい方が多くて楽しく過ごせるからどうですか?
って感じでした。元々、月曜日だったのを、そちらの要望で火曜日に変えたこと、
覚えてないし。



今回のもそちらの都合なんじゃないのぉ~っていう勘ぐり。




別にどっちでもいいことなんだけれどね。




ただ、言葉がいつも上滑り・・・重みがないんだな。
だからイチイチ勘ぐる始末。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-25 09:59 | ひとりごと。 | Comments(0)

母、帰宅。


母が2泊お泊りから帰宅した。


今までうまくいっていたからといって
今日もうまくいくとは限らない、
今回が最後になるかも・・・
っていう不安は毎回。


それでも母はやっぱり普通に戻ってきた。


例の優しく報告してくれるスタッフが

とってもお元気で、カラオケも随分お上手に楽しまれてましたよ!


と。それを聞いてた母は、


 信じられんでしょ。


おっしゃる通り。でもお元気ならそれでいいッス。




その後、おやつを食べているとき、


 最初にね、私が帰って来なかったとき心配した?


・・・


Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン


アレ?それって泊ってるってこと?気づいた?


しかし、ここは焦らず、

いいやぁ~、知ってたから心配してないよぉ~。



母、 フーン、私は行ってから知ったから。みんな最初から知ってるって言うし。



というだけで、その話は終わった。
いつもと違うところで泊ってることはわかってるのね。
ただ、自宅と小規模、大差がないんだろうな。
元々、ここは母の家ではないし。


そういえば、今日母は、こんにちは って言って帰ってきたっけな。
スタッフは冗談くらいに受け止めてるだろうけど、
あれは本気だ。


そしてそのあと、今日は日赤に帰ってきたわ

と言ってた。


日赤。これも懐かしい名前。父が随分お世話になったっけ。




来月は4回、2泊ばかり予定している。
流石に何か訴え始めるかな・・・



いいや。行けるとこまで行こう!










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-23 17:17 | ひとりごと。 | Comments(1)

捨ててしまおう…


今日から母は2泊。


自分の洋服の整理をした。
ここのところ、ダラダラと買い物し過ぎ。
多分ストレスからでしょう。


昨年の夏ごろよく着ていたなんてことないベージュのワンピース。
ユニクロのセールで1000円くらいで買ったもの。


このワンピースをよく母が褒めていた。
着る度に、干してあるたびに。

いいの、着てるね、 あの服いいわねぇと。


母と着るものの話はしたくないので、
変なスイッチ入るとこまるから、
安かったし、


捨ててしまおう。




それから紺系でやや和風ストライブのゆったりパンツと
ブルー系のTシャツの組み合わせ。




これを着ているとき、母がせん妄状態になった。



あんたのお母さんが大変なことになってる。
あんなおかしな恰好して変になってるよ!
なんとかしなさい!!!

って次男の寝ているハイベッドをユサユサ揺らして叫んでた…



和風のストライプが着物のように見えたのかなぁと
今もあの時のこと鮮明に覚えている。



そのパンツ、涼しいしお気に入りなんだけれど…
この夏は、トラウマになってて 怖くて絶対履けない。



前に母が作った、オレンジのサッカー地の真夏用パジャマ。
これもとっても涼しくていいんだけれど、
自分が作ったものだと覚えているだろう。

だけど、なぜわたしがそれを着ているのかは理解できない。

そりゃそうだ、わたしが誰かわからないんだから。



これもあまりに危険な香り。

あれば着たくなるし、



捨ててしまおう。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-21 18:16 | ひとりごと。 | Comments(0)

まだまだトイレ


今朝の母は、なんだか臭う。


どこからともなく臭う。


リハパンの中におしっこしてしまってる匂いではない。




とにかく朝はご飯が一番なので、

食事を済ませ、

オットも次男も出かけてからようやく着替えをした。



そしたら、リハパンの中に、

小さな大きいブツが入っていた。

小さいっていったて、お尻に残ってたレベルではなく、

やっちゃってる。


しかも、何も言わない・・・



ここのところ、トイレの失敗続いてるし、
きっとわかってるんだろうな…


しかし・・・ ある程度ショックだな。




朝は7時40分頃にはすべての支度が終わっていて、
そこから8時30分のお迎えまで、最近は熟睡している。

10分前くらいに一度起こしていたけど、
そうすると、今日は休むわ ってことになるので、
5分前に起こすことにした。

そろそろ行く時間よ~

と言ってそのまま姿をくらます。
そしたらベッドから、

 おねーさぁーん、おねーさぁーん、

としつこく呼んでいる。
呼ばれて飛び出ても、どうせ 今日は休むわ なので
徹底的にスルー。

そしたら、起きだして来て、

 おねーさん、呼んでるのにぃ~


なんでわたしをおねーさんって呼ぶかな 
↑ これは聞こえる程度の独り言のつもり。

じゃあ、なんて呼べばいいのぉ~


はい!ここまでっ!!!

これに答えたら底なし沼に沈んでいく。



昨年の10月の介護認定再審査のとき、
本気で要支援になると心配してた。

なのに今なら、要介護4 くらいとれると思う。
って、なんの自慢や・・・








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-20 15:03 | ひとりごと。 | Comments(2)

やっぱりトイレ。


トイレの失敗の頻度が上がってきてます。


昨日の夕方、気づいたらトイレから出てくるところで、

 トイレまた濡らした。新聞紙でふかないとあかんわ…

と言ってベッドに戻る。
新聞紙って…

トイレ見たら、今まで見たことないくらい水、ちゃう、おしっこ浸し。

怒っちゃダメなんですよね?
別にトイレ拭くくらいいいから、怒らないけどさ、
絶対足だって踏んで濡れてるはずでしょ~よぉ~

ちょっと待って!

って、怒ってなくても焦るわ。




で、さっきもきづいたらトイレットペーパーの巻をもって歩いてる。
トイレ見たら 中規模浸水。

これホントに気をつけないと、タオルとかで拭いて
それをトイレに流されたりしたら、どえりゃあ事になりそう。



それから、今は夜間のトイレはポータブルで問題なくできているけれど、
ここで大浸水になると、ちょーーー困る。






トイレの大浸水、何で拭いてますか?
新聞紙って嵩が増えるし、ごみの日までの保管もきになるでしょ?
トイレットペーパー、流せるからいいけど、大量でなんか勿体ない?
専用雑巾作る? え~、洗うのか?



高齢になると、トイレの失敗するようになるって
漠然とわかっていたつもりだったけれど、
それが、間に合わないとか、尿意がわからないとか
そういうのじゃなく、トイレの使い方がわからないって
そんな理由があるとは…











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-19 11:16 | ひとりごと。 | Comments(3)

曇天


1週間更新してなかったかぁ…


時間が経つのが早いです。
多分、時間の中に区切りが一杯あるからだと思います。

一日の中では、小規模から戻る午後4時であったり、
一週間の中では、行く日、休みの日、病院の日。
一か月の中では、もちろん泊まりの日。

そうやって時間を追いかけているからか、あっと言う間に1週間が過ぎる。


時間はどんどん過ぎて行くけれど、道の先は全く見えない。
ずーーーーっと長い一本道。周囲の景色も変わらない。


今朝は、

あの、すみません。私の姉なんですけれどもね…
幼稚園行かれます?


とりあえず、小規模に行きたくないってことの前触れでしょう。


ここのところまた、小規模にスムーズに行ってくれません。
普通に、

 今日は休むから連絡しといて。

行くと決まってる日には行ってもらわないと困るとか言うと、

 死んだらいいねんね!

と。考えてみれば、
自分は休みたいのに
家に居られては困ると言われれば、
それは即ち、邪魔だと言われてるようなものだと、
その辺りは敏感な訳です。


今日は、テレビも見ないのに何故だか台風が来てるの知ってるようで、

台風も来るしこんな天気の悪い時は みんな休んで来てないのに
私だけ生真面目に出かけて行って、恥ずかしいわ!


なんだか小難しいようないろんな思いが駆け巡り、
言葉がでなかった・・・


昨年母が突然認知症だとわかったとき
自分では結構あっさりそれを受け入れたと思ってました。

ところが最近ココロによぎるのは、

 なんでこんなことになったんだろう…

そればっかり。
トイレ、歯磨き、シャワー、着替え・・・
その度にやり方を説明しては、イライラしてるのは
なんでわからないのよ!っていう気持ちがあるからで、
ちゃんと認知症を受け入れてないんだよな~ と。



足元のフラツキも徐々に進行中。
だけど、寝てると思ってたら音もなく歩きだしていて、
和室の5センチ足らずの段差で、ハッとすること度々。
その時は、自分の足元からお尻にかけて、ザワザワ鳥肌がたつのがわかる。


もう大転倒するのも時間の問題だって思いながら暮らし、
室内も車いすになるのか?この先どういう状況になるのか?
と漠然とした不安。





午後4時。
帰宅がこわい。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-06-18 10:43 | ひとりごと。 | Comments(1)