<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

年末…


先日、ケアマネが来た時に年末年始の話になって、

こちらに予定があるわけはなく、

小規模の都合の話。



結局31日早帰りから、
三が日、そして4日日曜日、計4日連続在宅となった…

入浴日などもあり、それぞれ調整しているようで
でもうちの場合、ほぼいつも通り。


ケアマネいわく、

いつもと予定が変わっても料金変わらないのが小規模のいいところですからぁ~

・・・・?ってさ、うち、むしろ通所日減ってますけど?



4連続在宅。
気が滅入るどころではない。


何が正月だぁーーーーー






前に書いた、父と同じ病気を発病した叔父が亡くなった。
新しい薬が劇的に効いたと思っていたけれど。



この叔父は、父の父、私の祖父の面倒を最後までみていた。
祖父は晩年、今でいうとピック症の認知症だったのではないかと思う。
とてもとても大変だったらしい。

どうにもならなくなって精神科の病院に入院させたり
すべてこの叔父がしたらしい。


その叔父が、発病した時に、

親父のようにならずに死ねるならそれでいい

と言ってたらしい。



先日亡くなった両親の知人の方も、この叔父も
母が入院していた時夫婦でお見舞いにきてくださってた。
両方とも、奥さん達の方が足が悪くて、それを介助していたのに。



でも、どちらのおじさんも認知症ではなく
最後までご自身の人格のまま80歳を超えて
旅立たれたことを思うと・・・ね・・・



今回は母の、妙な予知能力?発言はありませんでした。




今日は晴れているけれど、光がなんだか冬の感じ。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-28 12:42 | ひとりごと。 | Comments(2)

超長編ドラマ


ちょっとブログの検索ワードを見てみたら、
今月のブッチギリ1位は、とあるブロガーさんの名前でした。


たまにコメントも頂いていて、同じレビーと言うこともあり
私もずっと読ませていただいてました。

最近読んでいなかったんですが、突然ブログ止められた様子。


なので、読んでた方がブロガーさんの名前で探していらっしゃるんでしょう。




ちょっと前にも別の方の名前が断然1位の時がありました。
そのブロガーさんはその時ランキング登録を全部外された時だったので、
これまた読んでた方が探してたんだと思います。



検索ワードから来られる数はそんな多くないですが、
レビーとか認知症ブログとか、そんなワードが多いです。

って書くとまたそれで引っかかってきちゃうか。


でも、ブログを探して読み始めるってことは
認知症と向き合い始めるってことなんでしょう。


この先、どんなことが起こるのか、
自分がどんな状況に追い込まれていくのか、
そんな将来のことが知りたくて、ブログを読みまくった時期もありました。


そういう貪り読んだ時期が過ぎたら、
次は同じマンションのご近所さんのように
あの方、どうされているかしら?とか気になったり


ホームドラマみたいにその後の展開が気になったりする。


そんな感じでこのブログを読んでくださる方もいるはず。
あんまりドラマティックな展開はないんですけど・・・
って、それを期待してるわけではないけれど、


知らないうちに、お互い気にかけていたりするんでしょうか。


スペクタクルもない超長編ドラマはまだまだ続く。






冒頭のブロガーさま。その後、お母様の入所先は決まったのでしょうか・・・










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-20 10:28 | ひとりごと。 | Comments(2)

申し込みだけ


昨日、グループホーム、行ってきました。


こういう施設の見学は、前に見たできたての特養以来。
どちらも同じように新しくて綺麗。
で、今回見学してわかったのは、特養は広すぎだったってこと。
個室も広すぎでした。特に動きの少ない母なんかには。

これくらいのこじんまりした感じの方が落ち着くだろうなぁ、と。

まぁそれ以外はあんまり何にも感じない。
特にすぐ入居できるわけでもないし。


今順番待ちの人は9人で、大半がサ高住みたいな施設に入居中の人だと言う話。
へぇ~~~。どこかに入居したからそれでよしって訳には行かないんだな。


それから私の話を聞いた施設長が、
話を聞く限り、まだ特養という感じではなさそうだし、
グループホームがあってそうですね、と。
これまた、そうですよねぇ~。
まだ特養じゃないって感じが自分の思ってるのと合致してスッキリしたような。


たまには、ちょっと外部の人と話すのもいいなと思いました。


見学してたら、

あれ、わたしの娘?

って何回も聞いてるおばあさんがおりました。
みんな同じようなもんだわ・・・
あたしゃ誰の娘なんだかもうどうでもええわぁ。


それから、見たことのあるおばあさんがいて、
同じマンションの方でした。

足が少し悪くて、補助車押しておじいさんとお買い物に出かけるのを
よくお見かけしてて、それが車いすとなり、
いつからかそういえば見かけなくなったなぁと思ってました。

おじいさん亡くなられたとか。






そんな昨日のことを書いていると
少し落ち着いてきたわけですが、

朝からキレてしまいました。


・・・今日は行かない、休む。
先生がゆっくり休みなさいって言いはった・・


でも朝食も完食。第一それだけ話せているし、行ける状態。


同じ言葉の繰り返しなんて、認知症介護の基本なんでしょうから
トイレに行く度、座り方の説明すんのもメンドクサイけど諦められる。

だけど、この行く行かないはストレスが溜まる。
トイレの事みたいに諦めればいいんだけれど、
ストレス溜まるのは溜まるんだから仕方ない。



結局、迎えが来ても頑なに拒まれ、スタッフに説得してもらいました。


最近買い物に出ても、つい高齢のおばあさんに目が行きます。
母娘とみえる2人づれも多いです。
おばあさんは杖をつきながら、それでもスーパーで買い物をしたり、
お洋服をみたりされてます。

母は他に悪いところはどこにもない、ただ認知症なだけ。
そうじゃなければ、こんな風に杖をついて買い物くらい
出かけられてただろうに・・・


そうじゃなければ、こんなに苦しまなくてすんだだろうに。



デザイナーの横森美奈子さんの 私の介護days という本の中で

「あなたたちのおかげで私はこんなに(ボロボロに)なっちゃったのよ!」
これは親への最低限の礼儀として絶対思いたくない

と書いてありました・・・


この思いを守り通せるか、ムリだと諦めるか
親の認知症介護の重要な一線じゃないかな・・・


わたしは、越えちゃって向こう側に落っこちてしまってますけど。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-18 10:44 | ひとりごと。 | Comments(2)

秋も深まり


昨日、小規模から帰ってきたら、
見慣れないジャージをはいていて、
ノートを見たら 失禁あり、と。


リハパン履いているけど、ちゃんとはけてなかったんだろう。
気をつけなくっちゃなぁ。


そしてなんだかいつも以上にふらつく足取りでベッドにはいり、
そのまま眠ってしまった。


夕食の時に声をかけたけれど反応もなく。


何度も声かけて、ようやく返事はしたけれど
結局起きてこなくて、そのまま朝。
しかも朝も起こすまで寝ていた。


どんだけ寝るんだってくらい眠ってた。


また今日は行かないって言いそうで気が重かったけれど、
何にも尋ねることなく、出かけてくれた・・・



しかし何だかちょっとおかしい。
気温とともにいろんなことがまた下降していくんかな。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-17 09:59 | ひとりごと。 | Comments(0)

時空をこえて


先日、H&Mでセーター買ったら
サイズ間違えててチョーデカくて・・・

結局、次男のモノとなってしまった。

ガッカリ。



朝7時頃、オットも次男も出かけて玄関のドアが閉まった瞬間、
母と二人で、社会から断絶された空間に閉じ込められる気分になる。



先日からレベルアップしたような母の認知症。
それは不安感に直結。


突然にやって来て、握手して…というのでしたら、

どうぞよろしくお願いします・・・
ご迷惑おかけします・・・


って。朝食やら弁当やら慌ただしい時間。




不安になると出てくるのは、時計 お金 鍵。


考えてみれば、母の場合、時間に対する感覚が一番早くから
壊れてしまってたのかもしれない。

外が暗くても、時計が何時を指していても、それらは結びつかない。

おはよう  お帰り  出かけるの?

この3語が真夜中だったり、早朝だったりにバラバラに出てきて、
一日中、今何時? って聞いてる。


そして枕元の時計。壊れてるとか、止まってるとか、おかしいとか。
ホントは置きたくないけれど、時計は絶対必要らしいし。




お金も、2千円とか3万円とか、
出張に行くのに必要だとかで、渡しては
持ってると心配だから預かっててと、また戻ってきての繰り返し。

小規模でもお金を払うって言い張る時がある様子。

まぁ、仕方がない。
普通に生活していたら、お金に関係なくなんていられないはずなんだから。


先日は通帳を見せて欲しいって。


ヤバっ! 年金横領してるの追及されたらどうしよ?・・・みたいな。



今日は、


写真代を払わないと。
あれ、どういう意味かしら?
一人、一枚・・・45円?
決まったらちゃんと紙に書いててくれるかしら?


その一枚、45円って、微妙に価格がそれらしいところが謎。
誰と話しているつもりなのかも謎。



こうして今日も物音ひとつしない異次元空間で一日を過ごして行く…



と言いながら、最近ハマっているものがある。

宮廷女官ジャクギ っていう中国のドラマです。
清の康熙帝の時代にタイムスリップした
歴史好きな女性が主人公で、実際にあった
皇子たちにより後継者争いが題材らしい。


主人公、宮廷の茶房で働いているんだけれど、
中国のお茶の文化ってなんかすごい。
しょっちゅうお茶飲むので、トイレも近いだろうなぁ~なんて。


お茶だけじゃなくって、挨拶ひとつみても
中国の文化ってやっぱりすごい。


なんてことで、異次元空間で時空を超えたドラマを堪能中。




そういえば私の第二外国語、中国語だった・・・
なんも覚えてないけれど、当時の友人は、私のことを、
旧姓の中国語読みで今だに呼んでいる。
残ったのはこのヘンテコなニックネームだけだった。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-12 11:44 | ひとりごと。 | Comments(3)

自己都合?


遠慮しなくて大丈夫です、と言われはしたものの、

人手不足が明らかな施設。平日に泊まりを入れるのに

ちょっと躊躇することとなり、いや別にそう平日にこだわるわけではないけれど、

なんとなくココロに引っかかるものができて…



ふと思いついて近所のグループホームのパンフを取りよせてみた。



徒歩5分。行こうと思えば毎日の買い物ついでにでも寄れる距離。
適度に母との距離もとれて、もしかすると最適かもしれない。

なんて、突然ひらめいた。
パンフを見ると、金額的にもなんとかいけそうな感じ。


うーん。
と、悩む前に入居状況確認が先でしょうに・・・

だけど、今すぐ入居可能です!って言われたらどうする?

そんなことまずないだろうけれど、そっちの心配してる。



今の生活の状態は安定している。
淡々と過ごせば大きな問題はない。

というわけで、今施設入居するっていうのは
ただただ、私の都合で、私の判断によるもの。



昨日2泊して帰宅した母は、もう何日も外泊した気分らしい。
それが突然、今日は帰るのだと言われたとかなんとか。

そして言うには、


もうどこへも行かないでここにいるわ・・・


と恐ろしいことを言う。

昨日から台風の進路が気になって
今日の小規模、どうしようかずっと悩んでた。

自分が仕事でもあれば、行ってもらわないとどうしようもないけれど、
哀しいかな、わたしには予定ってのがほとんどない。

台風の中、行く行かない、これも私だけの都合。


そんなこと考えていたせいか、なんと朝4時まで眠れなかった。


結局、小規模は休むことにした。


大したことじゃないのになぁ。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-06 08:54 | ひとりごと。 | Comments(6)

人手不足・・・


今、自分の記事タイトルみたら
前に書いてたのが、人出不足 になってる…
寂れた観光地か・・・


漢字の訂正だけではなく、またまた人手に不安が。


母が大不穏時代に、毎日通って来てくれていた今の小規模の
施設長が転勤だそうです。


で、後には今のフロア長がなるそうなので、
簡単に言えば一人減ってます。


まあ引き継ぎもあるので今すぐではないようですが
どちらにしても何となく気分が沈む話。







日曜日に2泊から帰宅した母は、何故かしら (←いやいつだって何故かしらなんだけど)
葬式に行かなくちゃ!設定。


あんだはどうする?  攻撃。

黒い服がない・・・
あんたのその服、貸してくれる?
と、あんまり着ないのにその日
たまたま来ていたのが「黒のTシャツ。


飛行機と船を乗り継いで九州まで行くらしい。



翌朝もかわらず、いつも着ている長袖ポロシャツに着替えたら、
葬式なのにこの色はよくないでしょう、って。


一体誰がなくなったのか・・・どうやらスタッフのKくんらしい。
あの健康そうな若い彼が亡くなってるとしたら大事件だよ。



いつまで続くんだろう、この葬式設定…と思っていたら
月曜日の夕方、父と母の古くからの友人が亡くなったと連絡。


ただの偶然とは思うのだけれど、
母が入院して認知症が出始めてた頃、
その時亡くなった遠い関係だった伯母の名前で
呼ばれた事があったっけな・・・


あの時はちょっとゾッとしたけど。



次、またこんなことがあったら、母の謎の力を信じることにしよう。





葬儀の連絡があって、兄にも連絡して、なぜだか近所の友達からも
ちょっとした用事の電話があって、普段滅多に鳴らないスマホが大忙し。
母の夕食時間も迫ってくるし、ワサワサしてる時に、兄からの電話をとると、


おまえ、いつも元気ええなぁ~


だと・・・
失踪してやろうかと本気で思った瞬間。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-10-01 09:55 | ひとりごと。 | Comments(1)