<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

にんはら


昨日久しぶりに友達とランチしたときに
先日ののん子おばさんの話をした。

友達は目に涙うかべて、

完璧な最期だね、すばらしい。

と言ってくれた。
親しい人には見守られず、一人で旅立ってしまったけれど、
ここに手紙を上げて、みなさんに読んでもらったり
友達に聞いてもらったりして、
たくさんの方にすばらしい最期を知ってもらえることになって
よかったなぁと思っています。

チョコレートは美味しく頂いています。




そんな遠くに離れた人には優しいけれど、
身近な母親には、相変わらずの冷淡ぶりで暮らしています。


何もかもがジワジワじわじわ、超スローペースで
生綿で、しめられてるかんじです。


夕食後、部分入れ歯を外すことでもめます。
外すのをなんだかんだと理屈をつけて拒否します。


あたしだって好きでやってるわけじゃないし、
それでも外さないとまた歯痛だったり、衛生士に
注意を受けたりするんだし。


食後ちょっと目を離すとサッサと席を立って
ベッドに戻ってます。


なんでこっちがお願いしてまで
歯磨きしてもらわな、あかんのじゃーーーー


です。
多分拒否するから余計こっちがイライラして
イライラするから余計拒否してって悪循環なんでしょう。



先日、雑誌の見出しで、 認ハラ なんて言葉をみました。
認知症に対するハラスメント。
面倒みてやってんのに! みたいな暴言も含まれる模様。

その意味はともかく、 認ハラっていう遊び半分でつけたような
つまらん新語の響きに無償に腹が立ってしまった。


何言うとんねんっ!!!


です。
これからドンドン増え続けていくこの病が
どんだけこれからの日本の社会に大きな負担となり
蝕んでいくことになるのか、わかってるのか・・・









来春できる特養の申し込みが始まりました。
明日あたり行ってこようと思います。

午前中来たケアマネにもその話とかして、
ケアマネが私に、大丈夫ですか? と尋ねてくれる。


大丈夫とか、大丈夫じゃないとか、そういうことじゃないと思うけど。
大丈夫じゃないですって言ったってどうしようもないじゃんね。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-11-25 14:32 | ひとりごと。 | Comments(0)

手紙


昨日、宅急便が届きました。

送り主は、先日亡くなった母の友人のん子おばさんです。



中を開けるとゴディバのチョコレートと手紙がありました。
一人ではこの切ない気持ちを支えきれないのでここに載せてみます。





f0291972_12412977.jpg







受取人はわたしの名前でした。
やはり、母でもなく、すみれさんでもなく
わたしに届いたことが哀しい。



荷物伝票の文字ものん子おばさんのものでした。
最後に一人一人を思い出しながら書いてくれたのだと思います。




そして母と同い年でありながら、
周囲に家族もないけれど
こんなにきちんと人生を終えていったということに
考えさせられます。




こんな形で送られてきたチョコレート。
もちろん母にも食べてもらうけれど
何も知らないと思うと胸が痛みます。



一体、どういう思いでこのチョコレートを食べればいいのか・・・



昨日は出かける予定だったので
チョコレートはそのままに出かけました。



帰宅すると、次男の方が先に帰っていて・・・



しまった!
やっちまった・・・





腹をすかせた甘い物好きのハイエナ次男。
半分以上、食べられてました。








f0291972_1258064.png



高級スイーツを腹のたしにすんなぁーーー!







と本来なら言ってるところですが、
今回は、次男がパクパク食べてくれたほうが
気持ちがラクになりました。



超~うまかった!



そりゃあそうだろうよ。
ブラックサンダーとは違うさ。






こんな状況見て笑ってくれてるといいな。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-11-20 13:08 | ひとりごと。 | Comments(2)

また一人


昨日は小規模に行く前に、
カバンやら上着やら帽子やら車いすやら…

あーでもない、こーでもない、のやり取りが散々続き、
ようやくお迎えがきてくれた。


玄関から出て行く時、母が私の顔を見て一言。


わたしが行ったら、スッとするでしょ?


だと。
ばーさん、冴えとんな…( ̄Д ̄;;


スタッフがいなかったら、うん! と答えてたな。
それは、本来の母娘の関係では十分に通じることだから。
でも、認知症のマニュアルブック的には アウトでしょう。




そんな、スッとしたところに一本の電話。


母の女学校からの友人が亡くなった。
ブログにも何度か書いていると思うけれど、
独身で足が悪くなっていて、母がマンションのカギを預かっていた。


母がこちらにくる際、そのカギを返すのも寂しい気がして
そのまま私が持ってきた。当初、母もそのカギのことを気にしていた。

この一年半くらい4・5回くらいは電話で話していた。
私とはもう40年くらいは直接会ってないけれど
電話では話していたので、その声はずっと変わらなかった。


3か月ほど前に、別にカギを預かってくれる人が出来たので
送り返してほしいという電話で話たのが最後になった。


元気な頃の母は、デパ地下でお惣菜を買ってその友人の家にいき
おしゃべりしていた。それをとても楽しみにしてくれていた。

母もずっと気になっているだろうし、さすがに亡くなったことは言えない。


そして何故だか、その訃報が結構こたえている私。


電話をくれた方も、全く知らない方で、荷物の整理していたら
アドレス帳が出て来て、私と母の名前が見つかったので電話したと。
話は聞いていたから、どういう関係かわかったらしい。


最後は身の回りの世話をしていたというその方に看取られたらしい。
それを思うと涙がでてくる。
独身同志ということですみれさんともよく飲み歩いていたらしい。
だけどその人の死は、母でもなく、すみれさんでもなく
私だけが受け止める。
そんなこんながとっても寂しくて切なくて。




せめて、母の代わりに私がいっぱい泣いておくろう。



のん子おばちゃん、安らかに。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-11-15 13:57 | ひとりごと。 | Comments(3)

食欲増進…


最近の母は食欲がある。

いや、うまく言えないけれど、
お腹イッパイとか、その感覚が鈍っているような。



少し前までご飯もお茶碗に半分くらいだったのが
今は普通に一杯。

昨夜も普通に夕食とったすぐあとに

昨日頼んだアイスある?

と、ついその前にオーダーを受けて買ってきた
ジャイアントコーンを軽く1個完食。


休みの日の間食もなんだか菓子パン結構な量食べてる気がするけど。


そして食欲に比例して、いや反比例なのか、いろんな不安がましている。



歩行器、ベビーカー、自転車、車・・・がない。
↑ 全部車いすのこと。何回玄関に行って広げて見せてるか。



時計があわない、財布がない。
明日くるのが誰だかわからない。



いつ帰る?今日帰ろう!
ここが家だと言っても納得しない。



そう、最近、人の説明なんか聞いちゃあいない。
どう言ったって、ずーーーーっと不安で心配し続けてて
お手上げ。



文に書いてしまうと、認知症の基本形で
今までもこうだったんだけれど、
言葉にはできないけれど、前よりなんだかややこしさアップ。




昨日は朝曇ってて、外が暗かったせいか、

暗いから今日は迎えに来ないよ…
家に居る方が 身体休まるよ。


って。家にいたらまた一日中、食べることと、トイレに振り回される・・・
と口に出してしまったら

そうか、わたしのせいか。



そして迎えがきて出て行く時玄関で、わたしに向かって


よかったね・・・ と。



流石のわたしも、複雑。


でも、2人は一緒! みたいな空気がとても辛い。






f0291972_1226729.png





    ↑ こんな感じ?










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-11-13 12:33 | ひとりごと。 | Comments(1)

11月


月がかわる度、早いなとばかり書いてます。



お節、予約してきました。
オプションでお雑煮セットまで付けてしまった。
とにかく、元旦の朝さえ乗り越えれば・・・



昨日、兄が一人でやってきました。
先日亡くなった叔父のことを 私に代わって母に伝えてくれるつもりのようで。


宿泊だった母が帰宅した時には、兄は既にやってきていて
ちょっと反応を見ようと私は敢えて母には、来客中と。


兄の顔を見た母は、

あらぁ~~~、どうしたん? 懐かしい、会えるとは思わなかった。

いくら8月以来とはいえ、明らかに兄ではない感じ。
この人誰?って聞くと


ともぞうさん。



ともぞうさん?
わたしは思いました。母、なんで知ってるんだろう?


ともぞうさん。


f0291972_10544973.jpg





だって、前にいる兄みたら似てるんだもん、ともぞうさんに。
(55歳なんですが、悲しい血筋のため若い頃から頭が寂しいことになっている兄)


私一人でウケていたら、若くして亡くなった母の次兄がともぞうさんだったらしい。






ま、そんな面白いことはさておき、その後も母はともぞうさんとの再会を
涙しそうなくらい喜んで、そのうち私はすみれさんと化し
一度みんなで集まろうとか。
兄が帰る時も、今まで折角生きてきたのだから気をつけて帰ってとか。

結局、兄がどう話そうと息子になることはなかった。

ともぞう兄は少々ショックなようでした。
わたしなどよりよっぽど気持ちが優しい人なので。





f0291972_11201555.gif






宿泊から帰宅したあとは大混乱はいつものことなんで
それも重なって余計ひどかったんだろうな、と思ってたけれど、
そうじゃなくて、昨日の状態が今の母の状態なんでしょうね。
いつもは極力変化や刺激がないように生活しているから
わからないだけ。


先日もすみれさんからの電話で、母に替わったとたん、

もしもしぃ~、あんた奈良に行くんでしょ?
奈良よ、奈良!

みたいなことを言いだし、

煮炊き変わる? えっ? 煮炊き? 煮炊きはしてもらってる~

にたきかわる、はきっと私にかわってとすみれさん言ってると思い
電話かわりました。

とうとうすみれさんにも話がおかしいことがわかってしまったようで、
私にかわれと言ったのは初めてでした。

きっとすみれさん、かずちゃんがボケたとまた何度も何度も
繰り返して言ってるんだろうなぁ。



インフルエンザ、広がり始めてますね。
今週中に注射しなくちゃ。


わたしがインフルエンザになったらどうなるんでしょう?
母の事小規模、預かってくれるのかしら?








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-11-03 11:22 | ひとりごと。 | Comments(1)