<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お天気よくて。


今日は陽ざしが暖かくて、
風もあまりなくて穏やかな天気でした。


母は今日も小規模。
明日から4連在宅です。



せめて今日はと思い散歩してきました。

もう凧揚げしてる親子がいたり、
キャッチボールしてる親子がいたり・・・
しかも全部、お父さんと子供。

犬の散歩の人も結構多い。


なんとものんびりした穏やかな景色でした。






f0291972_15532072.jpg






たんぽぽ咲いてる・・・


ボケとんかっ!


と罪のないタンポポに当たり散らしておく。







今朝も出かける前には財布をゴソゴソ。
財布がない (もちろん自分で盗られないようしまい込んでいる)
やっぱり預かっておいて。
いくら入ってるか確認して。
やっぱり持っていく。
やっぱり預けて、2千円だけ持っていく。


そんなことを延々と繰り返し、
ようやくスタッフが車椅子を押して出かけるとき、


ちょっと待って!お金忘れた!


必要ないから、また私が後で払うから、
なんて誤魔化しつつ出発してたら

待って!お金上げるって約束してるから!


って廊下の壁に手を押し付けて止めようとまでして。



何のことだかサッパリわからないけれど、
きっと、お年玉 ってことが頭にチラついているんだろう。


先日、次男が
もうおばあちゃんからお年玉ももらえないよなぁ~
なんて言っていたら、母が次男に、

あんた私にお年玉ちょうだい…


って。




今日は帰宅時間もいつもより早く、
もう先ほど帰ってきている。


スタッフが、
コートのポケットに2千円入っていたので
カバンの中に入れておきました、
と。


いつの間に入れたんだ…






お正月、せめてお天気ならいいな。


みなさま、良いお年をお迎えください。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-12-31 16:11 | ひとりごと。 | Comments(2)

一年が終わる


今日は冷たい雨です。

寒いよぉーーー。



昨日今年最後のお泊りを終え、
今日は休む、行けない、をモロトモせず、
小規模に送り出した。


昨日も帰ってくると、

わたし、ここでどうしたらいいの?
この人に何て言ったらいいのぉ?

と、スタッフに訴えていた。
私はただ、テンションの相当低い声で、


おかえり・・・


スタッフが思い切り笑ってましたけど、
そこは何か適切なフォローが必要じゃないのかしら・・・

まぁ、いいけど。



小規模でもお正月の話をしているのでしょう。
先日は、私に、

アンタ、お正月大阪に帰ってくるんでしょ?


と。何というのか、大幅な的外れではなく
ちょっとゾクっとするような微妙な外れ方が
やっぱりシュールな世界をかんじます。



いや、自分のこの家にいます。


と答えたら、


あ、そう・・・でも1週間くらいは戻ってくるでしょ。


前なら、あ、そうなんだと納得してくれたようなことも、
最近はなくなった。頑固になったっていうのではなく、
理解力がますます下がってきてるんだと思う。


そしてますます、話するのがめんどくさい。

明日あのおじさん来るんでしょ?

って今朝も聞いていたけれど、
そのおじさんが誰なのか、もうそんなことどうでもよくて
来ないと言ったって、来ると思ってるのは変わらない。
なので、わたしの答えはいつも、


んー。



母のセーターとか出していたら、
去年買ったものが出て来た。

新年には新しいものを着て行かなきゃ、という母の要望に
イトーヨーカドーまで車で連れて行って買ったもの。



去年はまだ買い物に出かけてたんだ・・・


その後、元旦早々に腰が痛いと言い出して、
そこから整形外科通院が始まったんだっけなぁ。


一年とても早かったけれど、反面随分年取ってしまった気もする。


この一年、母は特に病気しなかった。
あと10年このままかもしれない。
そしたら私は初期高齢者くらいにはなっている。


来年はなんとかしないとなぁ・・・自分のこと。
このままじゃダメだ。


ただ待ってるだけじゃダメだ。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-12-29 12:34 | ひとりごと。 | Comments(2)

12月21日


昨日、スマホから投稿してみようとしたけれど、

公開ボタンクリックしたら・・・とんじゃった。
まあ、そんなもんでしょう。



今朝は、初めての・・・便失禁(←言葉あってるんだか)
自分が失敗したことがわかる状態なので、辛いと思う・・・
だからってそう優しくもしないところが、私ですけど。


今のところリハパンも、そう汚すこともないので
結構ザックリはいてもらってるけど、
これからはギャザーのところとかちゃんとしとかないと
エライことになりますわよね。



次男が大学の友達と話ていたら、
一人の子も、かつて認知症のおばあちゃんと同居してたとか。

その子は夜中の2時3時に、

朝だよ!起きなさい!!

って揺り起こされてたらしい。
介護話に盛り上がる2人に、全く理解できない残りの2人。

お前たちだって絶対他人事じゃないからなぁ!

って言ってやったとか。
イマドキの大学一年生の会話・・・


で、次男が言いました。
うちのおばあちゃんは、昔からここに住んでないから
各自の部屋を回ったりしないんだろうな~

鋭い!


片や、のんびりオットは、その意味がわからなかった。




先週末、友達と遊びに行って、
とっても楽しかったんだけれど、
前までは、楽しかった!またガンバロー!って思えたのに、
最近はその、楽しかったあとの気力の萎え方がハンパなくて。


立ち直るのに1週間かかってしまった。




そうだ、母の足の爪、特に親指。
厚くなってるし、なんだか曲がってるし。
あんまり歩かないせいもあるんでしょうね?

特に親指の爪が、もうわたしの手には負えないかも。
通ってる整形外科に、巻爪の治療ポスター貼ってあるから
病院で切ってもらえばいいのかな・・・








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-12-21 11:03 | ひとりごと。 | Comments(0)

千円だよ、せんえん!


毎週木曜日、ホントに怪しい天気です。
整形外科に行く日なので、
毎週、空模様と天気予報とにらめっこ。

今日は小雨降る中、強行突破しました。

雨降って来たから帰ろ  とかフツーの言葉を聞きながら。




前にも書いたかもしれませんが、腕時計の話。

最近小規模に行くのに、カバンとか身支度をとてもしています。
カバンは化粧品だの筆記用具だのが入りドンドン重くなってます。


母が元気な頃に自分で買って使っていたいくつかの斜め掛け用バックがあって
当初使っていた、大 が大きすぎると、最近 中 を出した。
イイ感じだと使っていたけれど、ヒモの長さがどうこう言ってたかと思ったら、
ある朝起きたら、ヒモに鋏が入ってた。

羽毛布団を切られてからハサミ片付けたと思ってたのに。
結構な硬さであったろうに、小さなハサミで切られてしまった。


で、バッグはまた大を下げて行ってる。
そんな重いバッグをわざわざ下げなくてもいいのに。


あと身支度に必要なのが腕時計。



昨年、母がもう要支援2 とかになるんじゃないかってくらい
調子のよかった時に、安いのでいいからってリクエストに答えて
一緒に勝った1000円ショップの腕時計。


電池を換えなくても、今もちゃんと動いているじゃないか!


だけど、母はこの時計を腕につけてははずし、
食卓に置いて・・・

これ安物だから。1000円だった・・・

と言う。



前に兄が来たときにもそう言って、兄は、
 
1000円でも5000円でもそんなかわらんよ


って言ってくれたけど、


腕時計がないと言う度わたしが探し
そして結局

1000円の安物だから、

を繰り返す。



別にあたしが1000円のにしときぃーーーーー


って言ったわけじゃないじゃん!
自分が安いのでいいって言ったんじゃんかぁーーーー
↑ って認知症に言ったって仕方ないわな。


しかし、

なんであれが1000円だと覚えているんだろう。
お金払ったのも私なのに。






きっと、あの時にもホントはちゃんとした時計が欲しかったんだろうな。
それを言えなかったんだ・・・・





だけどな、母の荷物の中から腕時計なんか出てこなかった。
携帯電話で済ませてたんでしょうに・・・




あんまり、1000円の安物!がしつこいので、とうとう



じゃあ、お幾らならいいですか!
わたしが買ってまいります!


しかし、自分の欲しい時計を教えられないので
買ってこないでいい、お願いだから買ってこないでと。


買ってきたらきっと、払うお金が財布にない、って思ってるんでしょう。
このお金のことも説明しても、もはや理解はしてもらえないし。





うわぁーーーーーん

メンドクチャイ よぉーーーーー










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-12-11 14:02 | ひとりごと。 | Comments(1)

申し込み2件目


昨日、新規オープンの特養の申し込みしてきました。

でも実は、はっきりとどこにできるのかわかってないっていう…



前に申し込んだ時はなんかドキドキしちゃって
ちょっとでも大変さをアピールしておこうなんて
セコイ思いもあったけれど、今回はフツー。

私にはどうすることもできないことだし。


とりあえず希望理由として、
今大学近くに一人暮らしの長男が
来年には帰ってきて、部屋が足りなくなるってことに
しておきました。


あとは介護者としての私の年齢も若いし、無職だし、
わたしも家族も健康だし。



家族と言えば、申込用紙に家族を記載するところがありますが
ここ一番悩みます。
同居、別居の記載もあるので一緒に住んでいるから家族って
ことでもないようだし、住民票では母は単独世帯です。


まぁ、私は娘だし主介護者だし家族ですが、
同居しているオットや次男が家族だとして、
じゃあ別居している長男は含まれる?


結局、今回は家族欄に、私と兄の名前を書きました。
私に何かあったとして、オットが母の介護をすることは
ありえないので、ここは家族から外しました。





選挙、行っておかないと、です。
超高齢化社会になって、封もあけられないままの
投票所入場券、どんだけあるんでしょう。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-12-09 10:14 | ひとりごと。 | Comments(1)

安全地帯陥落


時間が過ぎるのが早くて、
ブログ、長いこと放置していたみたい。
ログインできず、焦った・・・



金曜日の朝4時ごろ。
トイレの前あたりで、


おかあさん、おかあさん、


と呼ぶ声。
どうしようかなぁとおもったけれど、
そのまま諦めてベッドに戻ることを期待しつつ
ちょっと様子見。



だけど、とうとう私が寝ている部屋の前で、

おかあさん、おかあさん

の声。もうその時にはわたしの心臓はバクバク状態。
そして、
ついに、



トントン、トントン。


ノックされてしまった。
恐怖のあまり、全身の毛が逆立ったみたい。



ドアを開けると、真っ暗な廊下に母の影。
どうしたのか聞くと、一人で不安だとか
話相手がいなくてとか・・・


とりあえず、まだ夜中だと言ってベッドに戻ってもらった。


そこからもう一度寝付けるわけもなく、
何となくうつらうつらしていた。


そして次は6時過ぎ。
またドアをノックされたので開けると
まだ寝ている様子の私をみて、

どうしたん?どっか具合悪いの?

を繰り返す。
・・・ただ寝ているだけです。
まだ少し起きるのには早い、というと、


私はいつも6時半におきてたわよ。



もう、なんだかわかんないけど、
とにかく起きて朝ご飯の支度をした。

そしたら、随分早い朝ご飯ね、
あなたも一緒に食べましょう

とか、その話し方とかどうもいつもよりはかなりおかしい。
結局、用意した食事にティッシュペーパーをかけて
食べないまままたベッドにねてしまった。



その後いつもの時間に朝ご飯できたと起こすと、

昨夜は誰もいなくて、よその奥さんを呼びに行った…
その人のことを おかあさん て呼んじゃったわ…

ついでにそんな日は、くちばしの尖った鳥まで見えているようで
レビー度マックス な朝だった。



最近の母は夜、多分目覚めたりしていることもあるんだろうけれど、
夜のトイレはポータブルにすませるので、
部屋を出てくることはなかった。

なので夜は家事を終えて、元長男の部屋に入ってドアを閉めると
本当にホッとする瞬間だった。
その空間だけが家の中、唯一の安全地帯のようでとっても大切だったけど、
いつそのドアをノックされるかと恐れてはいた。


とにかくわかんない人にはわかんなくて
わかる人には物凄くわかってもらえると思うけれど、
何故か、いつノックされるのか?物凄くコワい。
忍び寄る足音がコワい。
突然、呼ばれるのがコワい。
トイレから出る時、ドアを開けたら
母がそこに立っているかもしれないのが超コワい。
朝、台所に立つと速攻で側に突然現れて
おはよう・・・と言われるのがコワい。


なんなんだろう?このコワいって言う気持ち。


そして一度部屋をノックされてしまったから
その恐怖は更にまして、
もう、安全地帯は安全地帯ではなくなってしまった。


母はその日から泊まりで、今日帰宅。
というわけで、今夜がかなり心配。


年明け、4日連続在宅・・・
コワすぎる。









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2014-12-07 12:02 | ひとりごと。 | Comments(0)