<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ちがう春が来るかもしれない


運気が下がる(と信じている)2月が今日で終わる。



鬼の2月を追い払ってくれる、桃の3月が大好き。
暖かくなりかけの寒さはもっと身に染みるってこともあるけれど。



突然、(まぁこういうことは突然くるだろうけど)
特養に入居が決まるかもしれない、という状況になっています。


ある日電話がかかってきて、
待機上位者って言ったか、入居候補上位者と言ったか、
現状の確認に伺いたいと。


うちがそれほどの上位にいるとはとうてい考えていないので
ある程度周期的に確認してんだな、程度に受け止めて
日程も慌てて調整することなく、1週間はあいてしまった。


今申し込んでいる2軒は同系列なので
どっちの方から来たのかもわかってなかった。


それで話をして行くと、新規オープンの方で
ほぼ入居できるでしょう・・・と。


      



全く考えたこともなかったので。
申し込んだとはいえ、本当にただ自分の気休めだったから。



話を聞きに来られたスタッフが
沢山話すわけではないんだけど、

一人で大変だったでしょう・・・とか、言ってくださって
何だか久しぶりにそんな言葉を聞いた気がした。


正直、突然入居できますと言われて、とても複雑です・・・
まだ、頑張れるとも思うし・・・

って言ったら突然涙溢れてしまって。


本当に大変になってからでは遅いし、
入居してから自由に来ていただけばいいのだから、と。


そして

またお会いしましょう

と言って帰られました。




この記事もちゃんと決まってから書いた方がいいと思ってたんだけれど、
入居することを迷っているわけではありません。
断る勇気などないから。必ず絶対後悔するのは目に見えている。



それ以来、街でシルバーカーを押して一人で買い物をしている人や、
娘らしき人に助けられ洋服をみている人を見ると
涙が出そうになってしまう。


レビーじゃなかったら・・・っていう思いと、
ギブアップするんだ、あたしはっていう思い。


そんな思いの今日この頃です。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-28 15:03 | ひとりごと。 | Comments(5)

ぷちギレる


昨夜、ぷちギレてしまった。

ブチ! までは行かない、ちょっとした ぷちギレ。




最近の母は、振り出しに戻ったように、
主婦の記憶が目覚めているらしい。



台所の使い方がわからない、
買い物に行くのがわからない、
お風呂の沸かし方がわからない


そして、やっぱりお金。


前回の時、財布の入ったポーチごと預かっててと言われて
目のつかないところに片付けてしまったら
それでおさまった。



そう言えば、兄がくれたお年玉が袋ごと見当たらない。
ちょっと探してみたけど見つからなかった。



昨日は、次男と二人で夕食を食べていると
母がやって来て、


お金を少し持っていたい・・・
と。



そこですぐ行動しなかった私が悪いんだけれど、
食べ終わるまで、待って。


一旦ベッドに戻ったけれど、またすぐやって来て、

パンを買いに行くときのお金が・・・云々。



もう、わかった!いくら必要?

って立ち上がったら、



ヒステリー起こしてる…



うるさいっ!



てな、状況です。
その、ヒステリー って言葉でスイッチ入ってしまいました。



2人の時は言わないけれど、次男がいると、味方を得たようで
そういうことを言う。オバチャン、コワいよ、とか。


で、わたしぷちギレる。そこには次男がいつもいる。



またやっちゃったよ・・・って凹む。



子育て中には、それはそれはブチ切れまくってました。
感情むき出しにしてました。
でも、若かったんでしょうね。子供にも物凄いエネルギーがあるし、
自分にもパワーがあって、それのぶつかり合いだったんじゃないかな。


でも介護は違う。
子育てがパワーの発散なら、介護はとにかくジワジワ染み込み型。

ブチ切れたって何の発散にもならなくて
返って、激しく疲弊する。ほんと、ヤダな。



もう絶対何言われても、取り合わない、受け流す。
そしてキレたりしない・・・ってその度に思ってて・・・



そしたらやっぱりできるだけ長く、母には寝ていてもらうしかない。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-24 10:48 | ひとりごと。 | Comments(4)

今日は低い日



昨夜の深夜2時半。

カタカタと音がする。



昼夜逆転の、若者次男が何かしているんだと思った。


また、カタカタ。


あれ?・・・


カタカタ。


スルーに限る。



カタカタ、カタカタ。



ノック・・・・・だよね。



ドアを開けたら母が立っていた。


わたし、かずちゃんなんですけどね、
布団の中に子供が入ってきてて・・・



恐ろしい話です。
母のベッドまで行き、布団を整えて、


ほらこっちに来て見て!誰もいないでしょ?


って言っても側に来ようともせず、離れた場所から怯えた声で

そこからは見えないのよ、ホラ向こう側・・・・


そんな、草木も眠る丑三つ時に・・・
わかってても、超絶コワいです。



その後私がトイレに行ってる間に、ベッドに戻ったようなので
後は知らん顔で私も眠りました。



そして今朝。
成り行きは想像通り。

夜中に目を覚ましていたのだから、寝不足なんでしょう。



お願い、今日だけは休ませて・・・





最近の連絡ノートには、帰宅願望 ばかり。
ホンッとに、書いてくれなくていいです、帰宅願望。

帰宅願望帰宅願望帰宅願望帰宅願望帰宅願望帰宅願望帰宅願望帰宅願望帰宅願望



しるかーーーーーー




そして念願叶って帰宅し、夕食を終えた母。
歯磨きとなると、必ずトイレに行くと言う。


ベッド横のポータブルで用を済ませ、
案の定そのままベッドへ。



歯磨きは? 5回言っても聞こえてない、様子。


側で、歯磨きはーー? って言ったら

かみかぜ?

は・み・が・き!

かみざき?



思いきり口を指さして、


歯!




あ~~、はみざき!




は・み・が・き・し・て!!!




・・・はがききた?







バカにされているはずはないけれど、
バカにされているとしか思えない。


もうエエです、そこまでして磨こうとも思いません。












にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-16 19:44 | ひとりごと。 | Comments(3)

平穏な・・・


今日の新聞の日曜版の記事です。




平穏な最期。

誰もが望むことではないでしょうか。

長生きなんていらない。平穏な最期を迎えたい。



この記事は 79歳になられる 特養に常勤される医師の話。
医療のおしつけ から 自然な看取り へという内容。


平穏死のすすめ という本を書かれているらしい。




この記事を読んで、なんだか少しココロが緩んだ。
自分勝手な解釈なのかもしれないけれど、


母は今年85歳になって、私は正直 もういいだろう…と思っている。


もうそこそこ、そう頑張らなくていいだろう。


記事に、

そもそも身体が必要とする以上に食べさせようとするから誤嚥が起きる

と書いてあったけれど、
それを断言していいのかどうかわからないけれど、
わたしは、賛同する…


80歳も半ばとなり、認知症でもあり、
それなら、本人も、介護者である私も、
ありのままでいいんじゃん、って。



母が白飯とたくあんと、あとは甘い物がいいなら
それでいいや。




母はまだまだ、その兆候はないけれど、
85歳。既に看取りへの道は進んでいるんだと思う。


最後にわたしにできることは、
自分も、母も、平穏であること。



それだけ。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-14 23:02 | ひとりごと。 | Comments(2)

寂しい


今週は変則的な宿泊が入っている。

水木で一泊、金土で一泊。

昨日一泊して、今日帰宅してまた明日一泊。
スタッフが勧めてくれて入れたらこんな風になった。



昨日は大学近隣で暮らす長男が戻ってきて
就活スーツを買いに出かけた。


大学3年生で、来月就活が解禁になるらしい。



真剣に、あまりに運動神経が悪く、
筋肉とかどこか成長に問題があるのではないかと
悩んだこともあるくらいドンくさい子だった。


もしかしたら専門的な検査を受けたら何か見つかったかもしれないが
なんとかここまで成長した。
ちょっと変わった子だったから、母も随分心配していた。


長男を見て母は、

あら、また帰ってきたの?

ってちゃんとした反応するのだけれど、

誰だかわかってる?

って聞くと無言。最近は親しくてよく知っている人っていう感覚だけで
具体的に誰か?って言うのがいえない。





子供と私と母と。この三角関係を思う時が一番 母の認知症を感じる時かな。
あんなに、子供のことを!って私に言ってたのに、今は母が足かせとなり
身動きがとれない・・・一番、母が望んでいない状況だと思う。




スーツの買い物はアッと言う間に終わり、
出張で留守になったオットを除き、
次男と長男と三人で焼肉を食べに行った。


次男運転で長男と私はアルコール飲み放題。

子供が小さい頃、オットは遠方勤務が続いていたので
いつも3人行動だった。
覚えているのは、上野とお台場で飲んだビール。
遊びに連れて行って、子供はアイスとか食べてて
一人でビール飲んで。これがまた旨かった!


それがとうとう、一緒に飲めるようになって、
しかも運転手までいて。



ガンバって育てた甲斐があるってもんだ。








そして今朝。
次男は、デート に出かけ、
長男は午後からゼミとかで帰って行った・・・


そしたら、今まで感じたことがないくらい、
なんだか寂しくて。


わかってる。2人は出かけてしまって
そして、夕方には母が帰ってくるから。



一人でいるより、2人っきりにされる方が
果てしなく寂しい。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-12 21:00 | ひとりごと。 | Comments(4)

ティッシュを食ったらしい。


今日、帰りのスタッフが玄関でちょっとお話が、と。


スタッフが目を離したすきに
ティッシュペーパーを食べてしまった、と。
聞いたら、どんな味がするのかと思った・・・って。


すみませんでしたと、またまた謝って頂いてしまった。


仕方ないでしょ。一対一でいる家の中でだって
ずっと見てるわけにはいかないもの。


多分、家でなら食べたことすらわかんなかったな。
完食してたかも。



きっと発見したスタッフ慌てたんだと思う。
大きな声でも出したのか、きっと叱られたと思ってる。
帰宅してから母は、ご迷惑ばかりかけてすみませんねぇ と
そんなことばかり口にしているから。





先日の夜、私は布団の中で本読んだりしていて
さぁ、寝ようと思ったら、スマホをリビングに忘れていたので
取りに行った。

母に気づかれないように、ドアをそーーーっと開け
電気も点けず… すると何か物音がして、母が起きている様子。
こりゃいかん!と思ってそのままそーーーーっと後ずさりして
ドアをまた閉めようとした瞬間!


おはよう・・・・






ひぇーーーーー

暗闇から母の声。私、メガネかけてなかったので全く見えてない。

一体、どこにいるんだ!!!

慌てて電気つけたら、何故か食卓の前に立っていた。






翌朝、起こしに行ったら、やっぱり今日は休むと言う。

朝なのに、アンタは起きてこないし、私はずっと待ってて眠い。

とか。シランガナ



で、ふと枕元を見るとハサミがある。
それも、台所の側にある引き出しに入れてあるものが。
いつの間に取り出したのか?
そして、よくそこにあるとわかっていたもんだ!←驚愕レベルです。

ハサミで何したのか、聞いてみると、

ズボンのゴムがキツイから・・・と。
いやいや、困るから!



そしてその後、着替えをしていた時。

ズボンを脱ぐ。
ヒートテックのタイツ脱ぐ。
・・・
ズボンがもう一枚。


よく穿けたな・・・タイツの下にまたズボン。

いつ、穿いたんだよ・・・



そりゃ、ウエストまわり、キツイだろうよ。





本当に何をしでかすかわからない。
でも、ずっと見守るなんてことは不可能。




いろんなこと、

仕方ないし。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-09 18:29 | ひとりごと。 | Comments(3)

行き詰る食事


いろんな意味で母の食事に行き詰っています。


一言で言うと、食べにくい ってことだと思います。


お箸の動きがとても悪くなってきています。

それからやはり時折むせます。
昨日も朝食の時エラくむせてしまった。


ご飯やおやつは食べるのだけれど
おかずを食べなくなった…というのか
好き嫌いが多くなった。


80超えの婆さんと、こっちも好き嫌いの多い19歳の男子と
同じ食事で済むはずもなく、
今は、ベルーナで、京のお惣菜と魚のコースをとっている。
どちらも一人分の小袋に入っている。


これらと、私がつくる料理との組み合わせで
なんとか日々凌いできたのだけれど、
この魚を食べなくなった。


小さい一切れで、煮魚やら西京焼きやら
いろんな種類もあるのでよかったんだけど。


オットや息子にはやっぱり肉を使うけれど、
母は鶏肉がキライだったり、つみれとかミンチボール系も
イマイチらしいし、豚やら牛はやや硬い・・・


毎日鍋ってわけにもいかないし。


なぜ魚食べなくなったか尋ねると、油っぽいからと。
じゃあ、どういうものなら食べられるかと言うと、
すぐにはわからないから、その度これはイヤだ、これがイイと言うから
って、そんなカンジ悪いことやだよ。



世間の高齢者、どういうものを食べているのでしょうか?



大して多くなかった料理のレパートリーがますます減っている今日この頃。
スパゲティなんてほとんど作らなくなったし、
鶏モモ肉のソテーとか、どこへ行っちゃったんだろう。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-05 14:04 | ひとりごと。 | Comments(4)

旅立ち


放浪カモメさんのお母様が昨夜旅立たれました。


お母さま、今は胸いっぱいに空気を吸い込んでいらっしゃるのでは
ないでしょうか。


母がレビーと診断されて、先が全く分からない時に
巡り合った放浪カモメさんのブログ。
実はブログ開始時期は私とほとんど変わらなかったと思います。


介護生活が始まってブログを読みあさるのは
自分がこの先どうなって行くのか、最後は一体どうなるのか、
それが知りたいからだと思います。


お母さまの介護を終えられた今、放浪カモメさんのブログには
介護生活のすべてが書かれています。
けれど彼女のような介護は、誰にでもできることではないとも思います。


心からご冥福をお祈りするとともに
放浪カモメさんの心がどうか穏やかでありますように。
あなたの勇気ある介護生活は、同じようなたくさんの介護者を
励ましてくれています。






そしてわたしはどうかというと、
先週末に久ぶりの2泊だったので
と言ってもほとんど寝てすごしてしまったけれど、
髪をまた短くしたら少し気分も変わり、
身体も軽くなりました。


本当は今日の節分に、もう恵方巻を巻くのはムリだなと
思っていたのだけれど、次男のガッカリした顔と
週末の気分転換で今年も巻こうと言う気持ちになりました。


今日はこれからまた整形外科に注射に行きます。
寒いだろうけれど陽ざしもあるので行けそうです。


こうして私の介護生活はいつも通り続いて行きます。












にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-03 11:27 | ひとりごと。 | Comments(3)

一つの命。


最近、テレビも見ないし、
何より、新聞も読まなくなってしまった。


今起こっていることが、もう受け入れられないからかもしれない。
なので、詳細は全くわかっていません。


でも、


人質となっていた彼はもう帰ってこないのでしょうか?





友人の一人が今回の事件にとても心を痛めています。
元々、原発のこととか、今の時代を憂いている人です。
だからと言って、国会議事堂の前に集まったりはしないけれど
いつも真剣に考えています。



今回のことでも、自分の健康まで害してしまうのではないかと、
心配になりました。


でも、私自身はどうかと言うと、新聞もニュースも見なくなったのは
自分の中にその事件を受け入れるスペースがもうなかったからだと思います。


これ以上の憂いを取り込みたくなかったのです。


その友人にしても健康を害するほどなどで
すでに憂いを取り込み過ぎていると思います。



もちろん、本人、ご家族のことを思うと
ただただ無事に帰ってこられることを願う気持ちに変わりありません。



でも、今のわたしはやっぱり、
たった一人でお母様の命を懸命につなぐ
放浪カモメさんを思わずにはいられません。


介護をしていると、日々なにかしら命、生命のことを思います。
介護者より少なくとも被介護者は生命の最期に近い場合が多いと思うので。


人質となった彼は、まだまだ生きなくてはならない年齢です。
小さなお子さんもいるようです。


世界中の人が無事を祈る一つの命。


そして世界には誰にも知られることはないけれど
懸命に守ろうとされている命もある。





最近、ココロの中に 井上陽水の 傘がない って曲が流れています。


世界にいろんなことが起こっていても
彼女に会いに行くための傘がない・・・




なんだか、文章がまとまりませんでした。



生きていくってホントに厳しい。


命はいつか絶えるもの。
だけど、その瞬間は、
苦しみや痛み、恐怖。そんなものがない穏やかな一瞬であって欲しい。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-02-01 18:39 | ひとりごと。 | Comments(3)