<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

とんだ失敗…


だいたいが手際よく早目の準備っていうのができないので、
何となく準備も進まない、グダグダした毎日を送ってます。


でも先週オーダーしたカーテンが早速出来上がってきたので
まずは母の部屋につけに行ってきました。


そしたら・・・


折角のオーダーなのに、長い。

えーーーー?


施設からもらった寸法が間違ってたのか、
カーテン屋が間違えたのか?



こういう場合、一番怪しいのは、


わたしです。


タテとヨコ。間違えてて、10センチ長くなってました。


ガッカリ。
まあ、短くて足りないよりはマシか・・・と
哀しい言い訳で諦めました。
安全ピンで上げちゃいます。

色はベージュ、幻視のきっかけにならないよう無地で。
画面で見ただけなので、とうかなと思ったけれど
部屋によくマッチしてました。

それだけに・・・サイズがザンネンすぎる
↑やっぱり諦めきれない。




それからニ●リで見つけられなかったローチェストは
家具屋で見つかり、値段はちょっと予算オーバーだったけれど
入居までに納品してもらえることになりました。



あとは書類関係。提出書類の記入も多い。
市役所の異動届には委任状も必要だし。
でもだいたいの書類がダウンロードできるのは
ありがたいです。


介護保険負担限度額認定申請ってのも勉強しました。
年金には課税年金と非課税年金があるんですね。
遺族年金は非課税で、ほとんどをそれに頼ってる母は
課税年金額が少ないようです…今頃知りました。



しかし、市役所が一年で一番忙しい時期に重なって・・・



あとは着るものなんかは、様子をみながら調整していけばいいかな。
新しいものより今の使ってるものの方が絶対いいでしょうし。



明日は兄家族たちがきて、食事会をします。
本人だけがその主旨を知らないっていう状況ですが。



こうやって記事を書いていると、やっぱりなんだかドキドキしてきます。
夜中にふと目が覚めて、眠れなくなるっていう日が続いてます。
ココロがざわついている感じ。


冬物の洗濯も、自分のカラーリングも、全部後まわし。
今は何にも手につかなくて。


でもあと10日。
カーテンみたいな失敗しないように、準備を勧めます。


キッチリできなくても、入居後に修正すれば
大丈夫だと思うから、気楽にと思います。


そう思うとやっぱり、ミスっちゃいけなかった
カーテンの長さ・・・



カーテンも気持ちもひきずるわぁ~








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-28 14:14 | ひとりごと。 | Comments(2)

母の部屋


今日、特養の内覧会&説明会に兄と共に行ってきました。


… こう書いてしまうと結構どこの特養なんだかバレてしまいますね。
でも、できれば探さないでくださいね。ハハハ


兄にはこれで楽チンと思われたくなくて同行してもらいました。
緊急連絡先の2番は兄、3番は義姉、4番にオットのつもりです。


オットは、オレが2番じゃなくていいの?なんて気軽に聞いてくれてますが
病院でもの凄いことの判断を迫られるかもしれないことがわからない・・・
それは兄も同じですけど。


2年前母が倒れた時、兄と二人で一体この先どうなって行くんだろうって
途方に暮れていましたが、今は兄と私とでは随分と違ってしまいました。
なのでつい、私がどんなに大変かを兄に、ついついアピールしたくなるけれど、
それも押しつけがましいので自重しないとね。



説明会の方は・・・ハハハ(汗)・・・な感じでした。
私は元来オオザッパな質で、なんとかなるさぁ~だし、
母もレビー以外の症状で深刻なことは何もないので
入居して暮らし始めていかないとわかんないよなぁ~で
済ませられますが、主治医のことだとか、ちょっとどうなるのか
わからない。


一番わからなかったのは、住民票と契約書関連。
多分、それほどシビアじゃないんだろうなぁ~ってことで。


書類はともかく、優しい介護をしていただければそれでいいかな。


持ち物などは具体的な数字がわかったので、
用意しやすくなりました。


部屋のカーテンは自前で、防炎・遮光の指定がありました。
窓のサイズは部屋によって違うようで、母の部屋は大きな窓一つ。
だけど規制サイズでは合わないので、さっきネットでオーダーしました。


あとはローチェストを用意しなければ!ですが、
これが丁度時期的に、ニトリでも売り切れ続出で・・・



10人で1ユニットで、リビング&キッチンがあります。
オープンキッチンで、母が台所仕事を見たりできるだけでも
いいな…と思いました。


兄も、母が明るく過ごしてくれればなぁ、と言ってました。
うちで何の会話もなく私と二人で過ごしているより
きっといいんじゃないか、そんな風に思いました。




母の部屋は位置的にも丁度いいし、部屋の向きも形も
イイ感じでした。
中には小さな窓が二つあったらい、ちょっと暗かったり
リビングに近すぎたり…

きっと、途中入居なら仕方ないけれど
最初なので、納得いかない方もいたみたいでした。



それから食器も持ち込みでいいようでしたが、
共通の食器の申し込みもあったので、お願いして来ました。
多分、母には重いだろうけれど・・・


やってみなきゃわかんない!



最初からすべて整えることにはムリがあると思うので
徐々に・・・慌てても仕方ないし。






今日からここで暮らすんだよと
母にはその日言えるような気がしました。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-22 19:51 | ひとりごと。 | Comments(3)

天気も味方してくれた


今日は暑いくらいでした。


春だなぁ、って思える瞬間がとても好きです。



今日は母を検査に連れていくと決めていたので
天気がとても気になってましたが、こんなに晴れて
有難かったです。


ホントは歯医者の予約の日だったので、
歯医者が終わってからそのまま内科医に行こうと思ってたけれど、
間にトイレが必要だな・・・って。
でもどちらも古い作りなのでトイレが狭い。
一度帰ってから行くかなぁ~  なんて
こんな細かいことまで考え込んでしまってて、
そしたらふと閃いた。歯医者の予約を延ばせばいいじゃん?
そんな簡単なことも思いつかなくなってました。



母を病院に連れて行くの、とても不安なんです・・・
きっと認知症の介護されてると、そうですよね?
何が怖いって、待つってこと。



先日内科医に相談したあと、またまた考えて、
提出するのは健康診断書か
病歴と感染症の有無が書かれた意見書かのどちらか。
健康診断すると尿検査があり朝食を抜くとかちょっと面倒…


ということで今日は 感染症の検査ということで行きました。
料金は8000円でおつりがあった感じ。



受付で 特養が決まったのでと話したら年配の受付の方が、


あらぁ、よかったわねぇ~

とあっさり言って下さって、そうよかったんです…




このドクター、50代前半。
うちの長男の高校の先輩のようで、そして父と名前が同じ。
ひろしとかたかしとか(←スミマセン)そういう名前じゃないんです、
あんまり聞かない名前なのにね、同じなんです。


ヒョウヒョウとしてて、あんまり私には親身になってくれないけれど
母には優しく、ちゃんと目をみて話てくれる。


今行ってる小規模のことも、評判いいですよと教えてくれたし、
今回の特養のこともちゃんとご存じで、意見書がいつまでに必要かも
わかっていました。


入居日のことも、初回の入居なんでしょうと。
入居が決まっても順次ということで、長く待たされたりもするんでしょう。
そういう意味でもちょっとバタバタだけど、
今回はかなり恵まれているのもわかりました。




とにかく、検査も終わりました。


午後にはレンタルしていた車椅子も返却しました。
返却だけで、5,6か所署名捺印です・・・




今日が無事終わって、ちょっとホッとしました。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-17 19:02 | ひとりごと。 | Comments(2)

ヒール志望。


週末2泊していて、今日も小規模ということで

このパターンの月曜日が一番・・・きわどい。




その上朝食の時にむせてしまって、特に今日は長引いてしまった。


そしたら案の定、今日は行けるはずがない! くらいなことを言い出して。


お願いだから今日は堪忍してぇ・・・


と懇願される。




行かんといて・・・そこにいてて・・・


ダメだ。勘弁してくれ。
ずっとそばにいるわけにはいかないので
小規模に行って看護師さんに診てもらってとかいうと、


そしたらここで一人で寝てるから…休ませてぇ・・・


もうどんな言葉で説明しても説得しても通じないから
迎えに来たスタッフに連れ出してもらった。


いつもだったらもっとイライラしたと思うけど、
やっぱり今日は違う。


こんなに何にもわからなくて不安な母を施設にいれる。



あ、迷っているわけではありません。
これから先、この纏わりつくような懇願を一人で受け入れることは
絶対できないので。



入居の前夜。今日が最後の夜、と私だけが思っていて母は全く知らず
いつも通りの夜を過ごす。
そしてその日の朝。病院に行くとかなんとか言って連れ出して、
今日はここで寝てねとか言って母を置き、私は帰ってくる。



やっぱりこれじゃあダメだ。なんだか、母に対してあまりにヒドイ気がする。

それならハッキリ、これ以上は一緒に暮らせないから!と言ってしまいたい。
一日中息をひそめて過ごすのも、物音にビクつきながら暮らすのも
午後4時ばかり気にして時計を見てるのも、わたしはイヤだ!と言って
見事なヒール役になる方がさっぱりするんじゃないか。



いやいや、これは私だけがスッキリするだけだ。



いろいろ考えてしまってて 最近夜中に目が覚めてしまう。
それでも入居したら、家の中立て直そうとか、畳張り替えようかなとか
そんなこと考えてるのも事実です。




今日ウォーキングしていたら、上手な口笛が聴こえて来ました。
とっても上手なんです、一音ずつハッキリしていて。
よく聴いていると、


上を向いて歩こうよ、涙がこぼれないように…


おじさんが葉っぱ摘みながら吹いていました。


オッチャン、グッジョブ!!!





明日は内科医へ行って、検査してもらう予定です。
これが一番の大仕事かも。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-16 19:27 | Comments(2)

いつも通りの朝でした。


昨日の夕食後、随分良く寝てるなと思ったくらいで
いつも通りの朝になりました。


迎えに来てくれたスタッフに転倒のことを伝えていたら、


そうなのよ、転んじゃって。大きな音がしてびっくりしたわぁ~
あんたもエライビックリしてたねぇ~


とやたら明るい。
こっちの心臓が先に止まります…




今日は、入居の際に健康診断書 または 病歴と感染症の有無がかかれた
意見書が必要と言うことで、かかりつけのお医者様のところに相談に行きました。

ちょこちょこっと書いてくれないかなぁ~という野望を胸に。


でもやっぱり一度は母を連れて行かないと、無理みたいです。
その上、1万円以上かかるとか…


血液検査もするみたいなので、
日程的に提出期限に間に合いそうにありません…ま、しょうがない。
というか、小規模を休んでまでって言う気になれなくて。



それから、返却しなければいけない車椅子。
ケアマネが中古のものを見つけてくれて、明日納品です。


車椅子も難しい。ピンからキリまでなんですね・・・
しかも変な例えですが、子供の自転車みたいに
乗り換えていく必要もある。在宅なら介護保険で
レンタルですが、特養だとそれができず自前になるらしいので…



とりあえず今日は、2歩前進した・・・つもりです。





今朝、母が洗濯物がどうこう言ってて
ちゃんと洗濯する人に手渡したかとか言うので
それは誰のことかと聞いたら、

すみれさん。

と。いつも世話してくれてるすみれさんが今日はいなくて寂しいとか。


すみれさんって何度も書きますけど、ホントに何にも家事しない人で
何もかも母がやってました。なんでつい、


すみれさんが洗濯なんかしたことある?
そんなことする人じゃないでしょう?

なんて言っちゃって。

とっても不安な中で頼りに思うのは姉・すみれさんって
ことなんでしょうけど、どう考えてもよっぽど頼りがいのある娘のことが
すみれさんに見えてるってのは、どういうことなんでしょうかね。


なんで目の前の娘のことはどっかに消えてしまってるんだろう・・・不思議。






母の転倒のこと、ご心配頂いてありがとうございました。
目の前であんなふうに倒れられると本当に恐怖です。
本人はもちろんでしょうが、こっちも心的ショック大…
でも今回は何とか無事に乗り越えました。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-13 23:25 | ひとりごと。 | Comments(5)

背筋が凍る瞬間


今日、整形外科から戻りお昼を食べた後。


母が立ち上がり、椅子の横に出ようとしたので
介助しようと近寄った瞬間・・・


母はバランスを崩し、椅子の背に手をかけたまま、
そのまま椅子とともに見事に後ろ向きに大転倒。



やってしまった・・・終わったと思った瞬間。



こっちが凍り付いて動けなくなる。
でも母の一言。

起こしてぇ~



ちょっと様子見て痛いところないのかとか聞いて
起こしたら、自分でベッドに戻って行った・・・


先日も宿泊の時に転倒してどっかの角で頭を打ったらしい。
その時に、その後8時間は要注意と聞いたので
今も多少は気にしてみているけど。


とにかく行動の一つ一つが危なっかしい…というのか
なんでわざわざそう危険な動きをするかと。


さっきもベッドに上がるのに、階段を上がるように足を上げてる。
でまた後ろ向きにひっくり返りそうになってるし。



無事に入居できるのか・・・
それまで何が何でも、付きっきりだよ・・・











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-12 20:01 | ひとりごと。 | Comments(3)

不安感


昨日は小規模で入浴の日だったけれど、

不安感がヒドイので入浴は見合わせました、と。




最近、2年前にここに来た頃に言ってたことを
よく口にするようになったと思っていた。


出かける時に鍵がない、
2階のトイレに、下の部屋。
窓から誰かが呼んでいる



あの頃言ってたことの繰り返しだなと思ってたけれど、
そうだ、あの頃酷かった不安感が戻ってきてるのか。


恐怖と不安。それが母のすべてだったからなぁ。




以前から、便意を催すとトイレの使い方がわからないと言ってた。
便座に座っても、ここからどうしたらいいの?とか。


それがその不安感もましているようで、先日、

う●こしたい・・・とリビングに出てきた母は
ズボンもリハパンもずり下ろした状態でオロオロしている。
しかも既にブツがリハパンに一個乗っかてて
慌てず騒がずトイレに誘導した。
だけど母はすっかりテンパってしまってて、
トイレが何かもわからない。どうしよう、どうしようって。
オシッコの時と同じ、と言ってもわからない。





母はまた前みたいに恐怖と不安に支配されてしまうんだろうか。
プロによる介護が待ってるから大丈夫かな。













にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-12 10:10 | ひとりごと。 | Comments(0)

入居です。


今日ようやく連絡があり入居が決まりました。


電話を切ったときやっぱり涙が溢れました。



参りました・・・と降参した、そんな気持ちです。



2,3日前の夕食の時、



すみれさんっていたの、知ってる?
すみれさん、今どこに住んでるのかしら?
ご飯、どうしてるのかしら?


こんな質問は全く初めてでした。
すみれさんは家事全然しない人だったので
特に食事の用意はすべて母がしていました。


大阪の老人ホームにいるから食事はちゃんと用意してもらってる
と答えました。すると、


じゃあ、私はどこにいればいいの・・・誰が世話してくれるの・・・



特養からの電話こないなぁ~と考えてる私にはビックリの質問。
ホント、時折この察したような質問を投げかけてくる母はやっぱり怖い。




入居まで1か月。
まず健康診断書を貰いに行かなければなりません。
それから、入居と同時に借りている介護用具も返却なので、
車椅子を用意しないといけません。



実際のところは、説明会の後でないとさっぱりわからないので
準備期間は2週間ってところです。



何より、その日母に何と言って連れ出すんだろう、私は。









にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-10 20:09 | ひとりごと。 | Comments(6)

散歩がてらに。



その特養を見に行ってみました。
買い物のついでに。

だいたいの位置は分かっていたけれども
あたり住宅しかないところなので、
ほとんど足を踏み入れたことがない地域。


スマホ片手にようやく見つけました。
住宅街だからでしょう、3階建て(4だっけ?)の東西に長い建物でした。
前に見た大規模施設より、何となく馴染めそうに思いました。


ま、それだけです。



日曜日、

う●こしたい・・・

というのでトイレに連れてって座らせて放置しました。
まず、一度目では出ません。中で動きがあったらまた迎えに行きます。


で、この時ちょっと他のことをし始めて
そう言えば、滞在時間が長い!と思ったら
母が出て来て、

ビチャビチャなってしもた・・・


恐る恐るトイレを見ると、軽く水浸し。
流すタイミングで、ウォシュレットを押したんです。
で、トイレにはブツもあり、一度目のトイレで出たようでした。



床は水浸しでそこにおしりを拭いたペーバーがあり、
ちっこいブツも落ちている。
天井からもしずくがポタポタ。




待て!その靴下濡れてるだろ!動くなーーー! です。


一体、何から始めたらいいのやら。



結局、ズボンにも点々とついていて、
それがカーペットにも落ちていて・・・



トイレ一度目だからと、手を抜いた私が悪い。





昨日は昨日で、一日中寝ていて、
いつも一日中寝ているけれど、どうも眠りが深い。
夕飯も起こしても起きなくて、もういいかと思っていたら
9時ごろ覚醒。


わたし、一日中寝てた・・・さびしい・・・


とか言い始め、さびしい攻撃です。


おねえさん、おねえさん、ちょっと来て。さびしいわ・・・



母親におねえさんと呼ばれている私もかなり寂しい。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-03-04 10:45 | ひとりごと。 | Comments(6)