<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

旅立ち。


前の記事を書いていた時、


私の介護の師匠、放浪カモメさまのお父様が旅立たれたという連絡がありました。


2月にお母様を在宅介護のまま見送られ、
その後ずっとお父様もよくない状態が続いておられました。



放浪カモメさまの介護の様子を伺うにつけ、
一つの命、親の命を見送ることがどれほど大変なことかと
考えずにはいられませんでした。



今は素晴らしい娘である放浪カモメさまに
見送られたお父様が、すべての苦痛から解放され
天国で待つお母様の元に無事旅立たれることを
心からお祈りするばかりです。



合掌。
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-05-26 20:55 | ひとりごと。 | Comments(3)

請求書、その後。


特養に電話しました。


事務所の担当者らしき女性がでて、
パソコンでぱちぱち調べてくれたようです。


負担限度額認定、入力されているようです。



支払額、当然変わるようで、新たに発行します、といとも簡単に。




その担当者はテキパキと答えてくれたけれど・・・
やっぱり、おかしいでしょ?
こちらから電話しなかったら、そのままの金額で、
多分こちらから言わなかったら、差額返金にも気づかなかったと思う。



新しい請求書、取りに行きますが、
そちらの方からお返事頂けることになってたんですが、と
一言付け加えました。



午後から請求書とりに行きがてら母のところへ。



いつものように、母はドアの方を向いて寝ていました。
恐る恐る、ポータブルトイレの蓋を開ける・・・


中は空っぽ。
使った形跡はないけれど、
やっぱり水は張ってませんでした。


中のバケツ、公衆トイレ並みに汚い…


家にいる時も、私毎日掃除していたわけではありません。
ただ、朝流して、後はお湯で1,2回すすぐくらい。
だけどこんなに汚くなったことはなかった。



自分で掃除しようかと思ったけれど、やっぱりスタッフに声かけて。
前に一度言った人と同じ人で、



最近使われてないので…水、蒸発しちゃったかな?


だって。
なんかその人ばかりを責める形になっちゃって悪いけれど・・・・




じょーーはつ なんかするかっ!ボケッ!!!




という気分ではありました。
持っていったゼリーを食べる母の手を見ると、
また爪がえらく伸びてました。
次回、爪切り持参で行かなきゃ。
切ってもらえるとはとうてい思えない。




それから帰りに事務所に寄って請求書を貰いました・・・

ってところで、地震!


緊急地震速報が鳴る何十秒も前に、既に初期微動感じてて
担当者と、地震ですよね?と。

日本人ってスゴイです。



で少々バタバタしたところへ、施設の介護主任が現れて、


 先日はどうもありがとうございました、と。



一体、何のお礼何だかわからずにいたら、


 担当者会議にお越しいただいて。



・・・あれ、担当者会議だったんかい?
オタク様はいらっしゃらなかったですよね?みたいな。
そうそう、この方が最初に家に来て頂いた方ですが、
介護主任 兼 相談員 という肩書でした。



そしたら、お伺いしたことは必ず対応して…みたいにおっしゃるので
言うつもりなかったけど、言ってしまいました。


今日もポータブルトイレに水張ってませんでした、と。
やだな、告げ口したみたいで。




そして再び請求書の件。
請求額はほぼ半減。
更に担当者が、今現金で払ってもらってもかまわない、と。



そう言われても、そんな余裕はお財布にあるわけもなく、
後日現金払いにすることにしました。


しかし・・・



何と言うのか。最近そういう支払関係はシステム化が進み、
一度出た請求額ってそんな簡単に変更できないと思ってたけれど、
おまけに現金で構わないって、ほとんど個人商店のノリ。



最初の入居者説明会の時から、渡された契約書は宛名だとか
誤字やら間違いだらけで、書類の日付に関してもはっきりしなくて。
その時に、案外適当でいいってことか、と感じたものでした。


何となく、特養ってお役所が絡んでいるようで
堅苦しいイメージを持ってたんですが・・・
いやいや、これは母の特養がそうなのかもしれないけれど・・・



個人商店風経営です!  と断言しちゃう。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-05-26 20:42 | ひとりごと。 | Comments(2)

特養から初めての請求書



初めての請求書が届きました。

初回は振り込みです。




引き落とし銀行を決めるとき、
母の年金がゆうちょに振り込まれるので
ゆうちょにしようと思ってたら、
ゆうちょは使えないと・・・


何て不便なんでしょ!と思ったけどそういうんだから仕方ない。
結局、私名義の銀行口座にしました。


・・・なのに初回振込先はゆうちょ銀行っていう・・・
なんか矛盾を感じますけど。




請求額は私が思っているより、随分高い。
申請していた負担限度額認定が適用されていない様子。



このことも先日の担当者会議モドキで質問しました。



ケアマネが事務室に行って確認してところ、
やっぱり認定証が届いていないと言うことでした。


こちらの方で確認してご連絡します。


という返事。



認定書発行には3週間ほどかかるという話だったけれど、
申請したのは入居の日だったので、少なくとも4月中には
でているはず。



とりあえず連絡を待つことに・・・だけどきっと連絡はないでしょう。
それでも気持ち待機して金曜日の午後に市役所に電話しました。


すると、ずっと保留になっていたと。
理由は、転出手続きの時に言われていた居住地特例の話。
施設に転出しても、介護保険は元居住していたところの扱いになるってやつ。




わかっていると思いますが、念のため施設の方に
両方の市に届け出するように伝えてください



と言われてました。
その届出を特養がしてなかったので、ずっと保留になってて
ようやく先日18日に発行になりました、と。




ヤレヤレ。そこか・・・


しかしどっちにしろ、18日に発行になったのなら
もう届いている頃です。




振り込み期日も迫ってきているけれど、
連絡、してくるんだろうか・・・





してこない! にスーパーひとしくん。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-05-24 16:41 | ひとりごと。 | Comments(0)

担当者会議・・・特養の話


先月、入居した日に決めた月に一度の担当者会議でした。


施設のケアマネ(30歳くらいの男性)が
ドンドンスケジュールが決まるので
来月の担当者会議の予定を決めておいてください!と
言うので決めた予定日が昨日でした。


その前日にケアマネから携帯に電話がきて、


担当者会議、明日の14時からですがお間違えはないですか?


と、時間も経っているので確認の電話です・・・・
大丈夫、しっかり予定は空けてあるので!


とガッチリ返事したところ、




それでなんですが・・・
今お母様、大変落ち着かれていて・・・

と、物凄く遠まわしに、担当者会議するほどではない、って電話でした。

次に私が施設に行ったときにサインをすればそれで済む、ってことで。



とても遠まわしにヤンワリおっしゃってましたが、
その言葉の中に、ご家族からお話があればもちろんお伺いします、
ってのが全くない。


私自身、担当者会議で聴いてもらいたいことがあるのに、
何だか、とっても引っかかりました・・・



入居して最初の一か月ですよ?
初回の担当者会議ですよ?



取りあえずは開くでしょうよ~普通はさぁ~



母は大人しく暮らしているようなので
向こうからは言うことはないでしょう。
私も母の介護を向こうに丸投げしたわけだから
向こうがいいならそれでいいだろ?
って態度のようで。


っていうか、もし母が入居後とても不安定だったら
担当者会議開くってこと?
それこそ、そっちの力量にお任せするしかないのに
呼ばれても困る感じですけれど。



何だかモヤモヤしたけれど、
私は歯医者のことなど聴きたいことがあるんですけど・・・
と答えたら、


それなら来た時に声かけて下さいと。


私は明日の2時に行く予定なので
その時間に行きますから、と。





そして昨日、2時前に母のところに行って
ポータブルトイレの確認をする。


うーーーん、水なし朝から処理なし、ってところ。


ポータブルを綺麗にしてから、そのケアマネを訪ねました。


個室に入るなり、

歯医者のことですよね?

と。




それだけとちゃうけどな!(←ココロの叫び)




施設に歯医者も来ているようなので、そちらでの処置をお願いしたかった。
でも何だか、まだまだその歯医者も機能してないようだった。


その話もどうにも生ぬるくラチあかない感じで・・・
とにかく、その出入りの歯医者に確認してくれ!で納めてしまった。


他に何かありますか・・・ の言葉に、



まずはポータブルトイレの話から。


あれって普通、水張って使うものですよね???


臭いがあまりに酷くて、窓とドアを開けたって話したら、
消臭剤とか使ってませんでしたか?  って。

そんな発酵臭漂うまで放置してませんわ、流石のわたしでも。
↑なんてことは言ってませんけど、ただ朝一度簡単に洗い流してもらいたい、
って伝えました。


それから、部屋のトイレの便器の汚れ。
母が毎日排便してるとは考えられないのに
私は行く度に持参のトイレクイックルで掃除してると。



ケアマネ、明らかに凹んでました。
早急に対応します、と。




ホントにホテルのような対応を求めているわけではありません。
コメント頂いためぐみさんがおっしゃるように
家のトイレ掃除したこともないような若いスタッフさんたちと
私たちのように長年家事をしてきたスタッフとでは
やっぱり違うと思います。ちょっと汚れたら、ちょっと綺麗にしとく。
それだけの事だと思うんですが。





そんなこんなで初回の担当者会議・・・的なものは終わりました。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-05-22 17:37 | ひとりごと。 | Comments(4)

キョーレツだった


前回から1週間あいてしまった。



部屋のドアを開けると、母は横になっているけど
目は覚めているみたいだった。


一歩、部屋に入る・・・



臭い!





キョーレツに臭い。


間違いなくポータブルトイレから臭ってる。


もう母へのあいさつもそこそこ、ポータブルトイレを開けると
水をはってないのはもちろんのこと、
色は変わって発酵し始めてるんじゃないか?って感じ。


訪ねて行ったのはおやつの3時前。

多分短く見積もっても昨夜のオシッコだと思う。
いやもしかしたら1日経過してるかも。


窓はあいていたけど、廊下側のドアも半分あけて
風を通した。
臭い、おやつ中のデイルームに流れて行っただろうな~


トイレに流しにいったら、こっちの便器の中はウンチで汚れてる。


3,4回ゆすいで、持って行ったトイレクイックルで中を拭いて
水を張った。


それからポータブルトイレの便座なんかも掃除して
トイレの中の汚れも拭いた。



それから母の爪。
先週見た時にかなり長かったので、新聞紙と爪切りを持って行った。
多分、絶対、この一週間で切ってくれてるはずはないと思ってたけど
母の爪みて愕然。伸びるの早いのかな、
先週よりずっと伸びててとんでもないことになってた。



今までは私がサボってもこんなになることなんかなかった。
小規模でちゃんと見ていてくれてたんだなぁと
今更ながら感謝。



母はと言うと


あんたは元気でいいね…
私は何でこんなになってしまったんやろう…
やっぱり妹やからかなぁ…


いろいろ考える時間が多いんだろうな。
爪を切ってると、


いつまでも元気でいて私の爪切ってね…



それからデイルームにおやつを食べに行ったら、
ソファーには4人おじいさんたちがテレビ見ている。
別のおじいさんはテーブルに。


母はそのみなさんに大きな声で、

こんにちはーーー

と挨拶。一人の方が返してくださった。
母は私にも何か挨拶して、というので、


こんにちは。お世話になっております!


と頭さげときました。そしたら母は、


私の姉です!


と。そしたらお一人が、


いやぁ~、お姉さんには見えないけどなぁ~


よかったです。見えたら困りすぎますから。



そんなことをしていたらスタッフもワリとヒマそうだったので
最近トイレはどんな感じですか?と聞いてみた。

最近は一人で行ってるらしい。
そして夜間はポータブルトイレを使ってると。

ですよねぇ~。
だけどいつも水張ってないようなので
臭いもキツイので、必ず水張ってください。


と言うと何だか苦笑してました。
どういう意味だろう?
その後そのスタッフが姿を消したと思ったら戻ってきて、


トイレ、流していただいたんですね?!
すみません、後でやろうと思ってたところで。


多分朝からいろんなスタッフがずっとそう思って放置してきたんでしょう。


それからさっき、ツメも切っていただいたみたいで、すみません、と。

ドア開けてましたから気づいたようでした。




キョーレツなアンモニア臭とキョーレツに伸びた爪。
きっと忘れないと思う。




一つずつ、自分にムリのないように
改善して行こうと思います。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-05-07 15:22 | ひとりごと。 | Comments(3)

時々ココロが揺れる


私が訪ねて行く時、母はいつも寝ている。

いつもこちら側を向いて。



昨日も、来たよって起こしたら、


あ・・・来たん?帰るときは声かけて・・・


いやいや、来たばっかりなんですけど。




部屋の床が濃い茶色で、ホコリなんかがとても目立って
掃除も毎日ではなさそうなんで、ちょっと迷ったけれど
100均でフローリング用のクリーナーを買って持っていった。


母がウトウトし続けてる間にザット掃除してみたら、
さすが100円で若干使いにくいけれど、
チョコッと掃除するくらいなら十分だった。


家に居る時からやたらティッシュやらトイレットペーバーの
切れ端があちこちに落ちてるので、そんなのが綺麗になった。



それから家からトイレのクリーナーも一枚持ってって
口をゆすいだままになってる洗面台とか、
ポータブルトイレとかも掃除して。


ポータブルトイレ、やっぱり水ははってなかった。
オシッコもしてなかったんだけれど、多分流したあと
軽くゆすぐこともしてない様子。


スタッフに言っても伝わらないと思うので
これはユニットリーダーに直接。



そんなことをしていても10分もたたない。
すると母が、



あんたはあの人たちに会うの・・・小規模の



2年ほど小規模に通ったけれど、その名前をちゃんと言えたのは
今回が初めて。いや、驚きました。


でも、小規模のこと、よく思い出しているのかな…


今日は行く日か、行かない日か。
毎日の大事なことだった。
行くのを散々嫌がってたのに、行けば明るく過ごしていたり。


みんなに優しくしてもらって、いろんなことさせてもらったし。



なのに今は、何処へも出かけるところもなく、
日中の活動なんかもないんだろう。


小規模の上にあるグループホーム。
あそこに入居できてたらな…


あぁ、たられば。






母の手をみると、ツメが随分伸びてる。
次は爪切りを持って行こう。


自分で用事を見つけて、行くようにしなくちゃな。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-05-02 13:51 | ひとりごと。 | Comments(6)