<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2歳児よ、ありがとう。


敬老の日。


約束通り、ひ孫クン登場でした。
2歳1か月です。



うちでお昼ご飯を食べたあと、母のいる施設へ。



敬老の日、しかもこの施設と入居者には初めてということもあるのか、
かなりの数の面会者来ていました。


入ったすぐに事務所があって受付があるんですが、
いつからか、訪問者名簿みたいなのが置いてあって
名前を書いて、クビからけるタグを受け取るシステムになってます。



が・・・
私、勝手に顔パス。
そのシステムできる前から出入りしてる者の特権…とか言っちゃって。


今日は、そのタグ付けた人をたくさん見かけました。




母はやっぱり寝ていました。
でも義姉が声をかけると、目を覚まし、
ひ孫クンを見て、


あらぁ~~~


と目もぱっちり。




ひ孫クンも狭い部屋でごちゃごちゃ触りまくるので
すぐ母に、散歩行こうかと促して部屋を出ました。



施設の前の並木道を散歩です。
ひ孫クンはトコトコ走り周り、
母はそれを目で追っていました。


保育園に通っているせいか、全く人見知りもせず
母の車椅子にも体当たりしてきたり、
母の膝にもたれかかったり。


おばあちゃんって呼んでごらん、と教えられ、



タータン、タータン
と母を呼んでくれました。



それから前日失敗に終わったコンビニショッピング。
アイスを食べようと言うことになり、
母にカップのアイスか、モナカアイスにするか聞くと、


食べやすいからモナカ、


とちゃんと意志を示してくれました。



また並木道にもどり、ベンチに座ってみんなでアイスを食べました。




風がさわやかで、それはそれは穏やかな時間でした。
母は笑顔を見せ、ひ孫くんの動きに驚かされていました。




50歳もとうに超えた息子や娘が揃ってもしてあげられないことを
この、たった2歳の男の子はやってのけるのです。



きっときっと、この日のことは忘れない。




いつか、この感謝の気持ちをひ孫クンに伝えよう。




それよりお年玉に感謝の気持ちを込めた方が
喜んでくれるか・・・









にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-09-23 21:33 | ひとりごと。 | Comments(2)

敬老会


80歳以上の方が1000万人を超えた・・・って。


割合にすると7%。
スゴイ数字じゃないかと、感じます。




昨日、施設での敬老会がありました。
私にとっても初めてだったけれど、
開設したばかりの施設でも初めての大イベント。



開始時間にはすでに入居者は着席している状態だったので
長い人ならきっとその時点で小一時間くらいそこにいるんじゃないかな。


中央くらいにある扉から中の様子をのぞくと
扉の真ん前に母。偶然なのか、ちゃんと母をわかってそこに配置してくれたのか。


とりあえず顔を見せておくと、大きな声で


あらぁ~、珍しい人が・・・ホントに久しぶり・・・


と何度も。ハハハ…




式典が始まり、中には入る余裕もないのでそのまま廊下で、
しかも母に見つかると絶対助けを求められるので扉からやや離れ。



施設長だとかのお話が終わる度、一応パチパチと拍手をしていました。
そこから、ナントカっていう楽器の演奏が始まり、
やがて手拍子と歌声も。



高原列車は、どこまでも行くよぉ~♪♪♪



みたいな歌。
同居していたすみれさんは懐メロ番組が大好きで
(伯母にとっては別に懐メロじゃないんでしょうけど…)
この曲はよくフィナーレで大合唱していたような記憶が。



やっぱり歌うっていいんだなぁと思いました。
自然に手拍子がでて、そして一緒に歌う。

自分たちの時にはどういう曲でノリノリになれるかなぁ~
ピンクレディーはいけそうだ。




なんてことを考えていたら、スタッフに車椅子を押されて母が出て来た。
その時には扉付近も人が多くなって私から母は見えなくなっていた。

立ち上がろうとしていたのを スタッフが見つけてくれたらしい。


時間切れ。




母がレビーになってまず失ってしまったものは
楽しむってことじゃないかと思う。
そしてそれが母を介護するときに、どうしようもない気持ちにさせられた。


でもそれにも残念なことにすっかり慣れてしまって
想像通りの展開で、母の車椅子を引き取った。



部屋に戻ろうかと思ったけれど、外があんまりいい天気だから
施設に来て初めて、散歩にでた。


陽ざしはキツイくらいだけれど、日陰は涼しいし彼岸花も沢山咲いてる。



少し歩いたところにコンビニがあるので、母に、



おやつでも買いにいく?



と聞いたら、



遠くない?




どの程度を遠いと感じるのかわからいし
とりあえず車椅子を押してコンビニへ行った。


どれくらいぶりなんだろう。
整形外科に通ってる頃は、隣がコンビニだったので
帰りにお昼を買って帰ったりしていた。


その頃からだったけれど、久しぶりにお店に行っても
何の反応もない。これ食べる?あれにする?といろいろ見せたりして
勧めたけれど、全く反応がない。


お昼の時間も近いから、あまり重いものもダメだし、
アイス食べると、う●こ っていう確率高いし。
結局、決断できずに、仕方なくカフェラテだけ買って店をでた。



施設に戻ったら、まだ演奏は続いていて
先に部屋に戻って、母をベッドに移した。


私も椅子に座ってボーーーーっとしていたら
母は一言。


さっき買ったおやつ食べよか?



えーーーーー?
コーヒーしか買ってないよ・・・





うそよ!長いパンと、おまんじゅうと、あと何か買ってたでしょ!



って。なんか、作戦失敗ってかんじ。
そうか…なんの反応もなくても、わかったのか。
ヤレヤレ。難しいな、やっぱり。




その後、デイルームでみんなで昼食をいただいた。
幕ノ内みたいにしてあって、立派な祝い善だった。
久しぶりに母の食事姿をみたけれど、
まだまだちゃんとお箸が使えていた。


私も同じものを頂いたけれど、健康を考えた調理師さんによる
料理を食べると、普段の自分の味付けが濃いことを思い知る。
減塩を考えるとここまで薄味にしなきゃいけないんだなぁ~と
お勉強しました。


母の向かい側のおじいさんは、ペースト状の食事だった。
見かけは全部同じだけど、色が違ってて、しかも
小鉢だのなんだのと、何種類くらいならんでたかなぁ。
これもまたプロの技を見た思いでした。


その方は、介助もなく一人で上手に召し上がってた。
途中何度かむせていたけれど。



食事が終わってまた部屋に戻ったのは一時前。
私、敬老会は2時までだと思ってたけれど、
昼食後2時から、今度はフロアー毎のイベントが始まるってことだった。
部屋に戻った母は疲れているのかまた眠り始めたし…




なんだか、もういいっかなぁ~~~ っと察知して
午後の部開始前に施設を後にしたのでした・・・





今日は午後から、わが家の救世主、天使ひ孫クンが登場。
天気もいいし、もう一度コンビニ作戦を展開しようかと思います。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-09-21 11:24 | ひとりごと。 | Comments(2)

検査はつづく


昨日、母の膀胱鏡の検査に行ってきました。



正直、大した原因はわかんないだろうなぁ~
年齢のせい、とかで終わるんだろうなぁ~



って言う大方の予想通りでした。




2時半に検査予約で、2時前には受付しておいたんですが・・・
クスリまで貰って、施設の車に無事乗せた時には6時近くなっていました。




検査室には3時前には入りました。


産婦人科みたいな足を開く体勢になるんですが
外で待ってると、若い看護師さんの大きな声が聞こえて来てました。
でも、決して怒鳴ってるのではなく、一生懸命言ってくれてました。



少しして、ドクターもやってきたようで、ドクターの声に
母も何かを訴えているようでした。
外で聞いているだけで・・・疲れます。



本人は何をされてるか全く理解していないというのに
こんな強制的な検査・・・本人からみれば充分苦痛な虐待じゃないか。



ようやく終わって検査室に迎えに入ったら、
母は不穏になってるかのように

ちょっと、待って、待って!

とそこらへんのものにしがみつこうとしていて、
ヤバイ!と感じましたが、


エライ目に合ったわ…大変やってんよ…


と。それだけの訴えで終わって、ホッとしました。
ホントに、幸か不幸か、いいのか悪いのか、わかんないけど、
不穏スイッチ入らずに終わりました。





しかし、




そこから診察室に入るまで2時間。
途中、おやつ休憩か?って思うくらい診察室の動きがなくなったり
入院患者さんの検査が入ったり…
特に待合室の人が減ったあたりからますます順番が進まなくて。



もちろん母も、もう帰ろうとか言い始め、
とうとう目につく看護師さんに



すみませーーーーん!私どうしたらいいのっ!



って大声で叫び出す始末。



でも、わたしも充分図太くなったものです。
そういうこと、苦にならなくなってるというのか、
もう好きにさせちゃう。
てか、私自身が


はよ、せぇーやぁー、働けやぁー!



と、ヤサグレ状態になってたしな・・・





そしてやっとこさ聞けた診断が冒頭のようなものでした。



ただ、オシッコがしっかり出ていないんじゃないか?と。
このままだと、オシッコが出なくなる可能性が高いと。


なので2か月後に残尿検査、という運びになりました。



しかし、


オシッコを我慢して溜めるとか、出すとか
そんな検査できるのか?


まぁいいや。2か月後また考えよう。




施設のスタッフに迎えに来てもらい、
トボトボと家路につきながら思い出した。


2年前に母が倒れる直前にも、夜のトイレのことをエラく気にしていたし、
倒れた時にもオシッコが出なくて、泌尿器科にもかかっていた。


夜寝ている時もトイレに何度も起きると、私に話てました。
私もどうすることもできず、
あんまり気にしなくていいじゃん。行きたいときにトイレに行って
それで眠いなら昼間寝ててもいいんだから、って、そんな風に答えてました。
でもきっと、夜中のトイレも沢山でるのではなく、ちょっとしかでないっていう
不快感もあっての訴えだったんだろうなと、今ならわかります。



何でもかんでも泌尿器科に回されて迷惑だ、とか言った
泌尿器科のドクターがいたっけな。


その後、レビーになってオシッコはとりあえず出てるしで
それどころじゃなくなってた。


やっぱり昔からオシッコの出方に問題があったんだろう。



検査をして、血尿の原因が膀胱癌ですとか
ハッキリ言われた方が案外よかったのではないかと思う。
85歳にもなったらがん細胞も元気はない。

それよりもオシッコが出なくなるって言う方がよほど
重大事項だと思うから。



診察が終わって、母が施設の車に乗って帰るのを
バイバイて手を振って見送るのは、不思議な感覚です。
もし入居になってなかったら…どんな暮らしをしていたんだろう。
今となっては想像もできない。


一度預けてしまったら、よぼどじゃないと元には戻れない。



川崎の有料老人ホームで痛ましいことが起こっています。


何より、高齢者がベランダから落ちて、それを安易に転落事故と
片付けてしまっている警察。転落すると思うか?
幼児ならもっと調査したんじゃないか?




先日来、超話題になった芥川賞。
ピース又吉氏の話題性は凄まじいけれど、
深夜番組で見た、もうひとりの受賞者・羽田圭介氏。
メイクして、デイモン閣下の歌を熱唱してる、変わった青年だった。
その2人が気になって初めて文芸春秋なるものを購入して、読んだ。



又吉さんのももちろん良く書けてるなぁって感心したけれど、
羽田氏の作品、スクラップ・アンド・ビルド。


読まれましたか?
我が家でいうところの、次男目線で母のことを見ている小説でした。
小説では、語る僕は28歳くらいで、見ているのはおじいさんで
おじいさんには認知症の症状はない。


おじいさんが毎日、死んでしまいたい、とか言う望みを叶えるべく
おじいさんに弱ってもらうために過保護の介護をしようとする僕。



面白いというのか、よく見てるなぁって感心して
一気に読んでしまった。いろいろ、考えてしまった。




長男が、ゼミ旅行に絡めて、一人旅行をして
大阪の元実家やら父を納骨してあるお寺やらに行って来たらしい。
お寺と行っても、ハルカスって今日本一高いビルの近くにある
大阪らしい賑やかなお寺です。
でも、父は喜んでいるでしょう。誰よりかわいい孫だったから。



そして、本来ならそんな話を聞いて一番喜ぶのは母なんだけど。
そういう話さえ通じないのが、何より辛いのです。
長男の話、次男の話。話すネタには困らないのに。
アンタの話聞いてると元気がでる、って言ってたのに。




こんなに側にいるのに、ね。











にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-09-08 20:17 | ひとりごと。 | Comments(0)

白内障



白内障です、次は。






しかも、









わたし!







です。








f0291972_1831082.jpg









今日、コンタクトレンズを新調しようと検査に行ったら言われました。
コンタクトレンズ自体が、遠近両用なんですけどね(;´▽`A``











母が倒れた時に辞めた仕事に復帰しようかと考え始めている9月。




そう思った矢先の母の血尿。
仕事を始めたらまた母の病院通いとか始まるんじゃないか…




ずっと続けている仕事なら事情もわかってもらえて
休みも融通してもらえるかもしれないけれど、
今からまた始める仕事では、それはあまりに自分勝手かなと。
第一に、自分の負担になるし。
休ませてくださいとか早退させて下さいとか。





その前に、雇ってもらえるかどうか、わかんないか~。
気持ちを奮い立たせて、応募してみようーーーー!






仕事始めましたって書かない限り、断られたのね、と思ってください。







今朝、ちょっとつけたNHK。今日のテーマはダブルケア。
介護と子育て。
そんないいとこドリの話じゃなぁ~って思って、
モノノ5分程度しか見ていないんだけれど
その中で、つるの剛士氏が言いましたよ、


来た道、来る道(?)
行く道だよね・・・



つるの氏。子だくさんの良いパパさん。
でもね、認知症の親の介護をしていて、
それが自分の行く道だってサラっとは言えないよ。






その言葉がどれほど残酷か・・・



あまりに夢も希望もなくて
私は嫌いです。










にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-09-02 18:34 | ひとりごと。 | Comments(3)

血尿


センサーマットのこと、早く決めた方がいいと思いながら放置してる日々。


でも、先日面会に行った際、
また朝方ベッドの下で体育座りになっているのを見つけたと。
腕にデッカイ青あざ。



そこでやっぱりセンサーマットの提案されました。
施設にあるモノを使ってみて、有効かどうか試してみてから
購入を検討して下さいと。



前回より前進してます。お試し期間ができました。
そりゃそうでしょ!
いきなり4万円もするものを購入して下さいじゃ、
あんまりいきなり過ぎました。





前進といえば、トイレに100均で購入したと思われる
掃除ブラシが置いてあり、便器が汚れていることなくなりました。
ちょっとしたひと手間で、自分たちの掃除もラクになったと思います。




そんなことがあったものの、



便りがなにのが良い便り・・・状態のブログになってますが、
タイトルの、血尿です。




その体育座りから2,3日後なので、ちょっとひっかかりますが、
土曜日の朝から血尿がでていると。
熱もなく、土日になるので月曜日に病院へという話になりました。




指定されたのが、地域の大病院。
最初に心筋シンチ?の検査を受けたところ。
ひどい不穏状態にあった母と何時間もの待ち時間を過ごした…
あの日のこと思い出すとはきそうになります。



今回も泌尿器科での検査。覚悟していきました。



施設から来る母と待ち合わせより15分早く到着して待ちました。
施設からも車で10分ほど。
ところがうまく会えないまま、約束より30分過ぎてようやく。
私も悪いんです。自分が早く着いているので
ザット見て姿が見えないので玄関で待ってたんですね。
そしたら母たちは違う入り口から中に入ってた。
でも前回の骨折の時は、すぐに携帯から電話があったので
今回も到着したら電話があると思ってたら、
送ってきてくれたスタッフ、携帯持ってないんです。
今どき、携帯のない待ち合わせって…ね。




そこから、レントゲン、エコー、検尿 の検査。
広い病院、行ったり来たり。
その上、最近母の介助してないので腰が・・・





最も恐れていたのは、検尿。
大きな病院でかなり儲けているって話で
コンシェルジュがいるホテルのような人間ドックセンター建てたりなのに、
肝心の診察病棟が古い。
トイレだって、車椅子用は男子トイレ使って下さいって
ただちょっと広いだけで、壁に捕まる棒がちょこっとついてるだけ。



何とかズボン下げて座らせたら、柔らか目のウン●がべったり。
拭いても拭いてもきれいにならなくて…

その間、母は、

えらいことなって悪いねぇ、ごめんなぁ

と言ってました。



ようやく採れたオシッコはコップ三分の一ほどで多分足りない。



でも出ないものは仕方がない。
そしてその時には午前の診察が終わってました。
少し経った頃、看護師さんがやってきて
やっぱり尿が足りないと。


まだ時間あるので水を多めに飲んでみて下さい。


時間あるってさ… あたしたちにはそんな余裕はない。



幸い母は、比較的おとなしくしていてくれたけれど、
いよいよ限界かな。施設を出て4時間は経ってるはず。



ようやくドクターの診察は、ものの5分。
検査結果解説するだけだから。
やっぱり膀胱に問題ありそうということで
来週、膀胱鏡って検査の予約。




しょうがないですよね。病院なんだから悪いところの
原因を探すのが当たり前。
でも、85歳に検査、検査・・・




ようやく終わったと思ったのに、なかなか受付が呼んでくれない、
と思ってたら、看護師さんがきてやっぱり検尿。
出ないようだったら、看護師がカテーテル入れて採りますが、と。



オシッコさえ出れば、そんなことしなくていいわけなんだから…
ガンバってもう一度トイレに連れていくことにしました。
母も出るって言うし。




でもトイレの途中でノックされたりして
母も気が散ってしまったのか、結局出なかった。



再び待って、カテーテルしてもらいました。
最初からしてもらえばよかった・・・(泣)




次回の検査でも検尿があるというので、
キッドをもらって施設で採ってもらうことにしました。
↑ よくひらめいたな、わたし!です・・・もう泣きながら自分で自分をほめたい。






こうして母も私も飲まず食わずの一日が終わりました。








f0291972_11474130.png












にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-09-01 11:28 | ひとりごと。 | Comments(3)