<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一つ下りた。


母を見ていると、
認知症が進んだというより、
一つ下りた、一段下がった…


落ちたな、というのが実感されます。


言葉というより、単語になってない最近。


わたしの名前を呼ぶことも、前みたいにお姉さんとかお姉ちゃんとか
それもなくなった。
でも、いつも同じ調子で話ている。
きっと改めて私は誰かと尋ねたら、答えられないけれど
一番近い存在であることは認識してるんでしょう。


相変わらず、廊下から誰かがみているっていうような
やはり不安げではあったので、
具体的には何もわからなかったけれど、
とにかく心配せずに休んでいればいいことだけ
何度も話ておきました。


帰る時、やはり私が羽織ったジャケットに反応してました。
今シーズン初めて着たものだったし、明るい色なので
きっと何かいうだろうなぁって思ってました。


前行ったときに、財布もカバンもないと言うので、
貰い物だけど、ちょっとイイ感じのミニトートを
今回持って行って母に渡すと、喜んで手に提げてくれました。


そんなこともありで、今まで靴下とか新しいものを買っても
名前を書いて引き出しにそのまま入れて来てたんですが、
これからは、買ってきたよと、大げさにでも見せようと思います。



ミニトートの中に入れるように、ブラシとかハンカチとか
行く度に何か新しいものを届けようかな。









にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-11-25 16:42 | ひとりごと。 | Comments(1)

混乱の日


昨日訪ねた時の母は、横にはなっていたけれど
眠ってなかった様子。



すぐ私に気がついて、あらぁ…珍しい、久しぶり… と
いつもの挨拶。



その後、いろいろと話そうとする。
脳が覚醒しているというのか、軽く興奮状態というのか
ウトウトしていないのもそんな訳だと思う。



あそこに大きいのをもらったけど、云々。

小さいのが、どうとか、云々。
ベッドの稼働式のフェンスをいじって
意味の分からない疑問を投げかけてくるのは
家に来た頃から。久しぶりに思い出した。


あのフェンスには軽くトラウマがあるくらい…
混乱している時には必ずだ。





途中、セブンイレブンで買ったスイートポテト、
食べる?って聞いたら、食べる!と超乗り気。


お茶も出せない、とか言うので貰ってこようかと聞くと、
どうも、訪ねてきた私のお茶さえだせないと嘆いている様子。


スイートポテト完食後も、ボールが転がってるだとか
誰かが呼んでるとか、いろんなことを言うので、聞いてみた。




虫、いる?





そしたら、瞬時に思い切り顔をしかめて、



そうなのよ!
もーーーーーー、イッパイ!!!
あんたのとこにもいるの?


と。やっぱり幻視がヒドイんだな。




途中で洗濯物をスタッフが持ってきてくれると
母は迷惑かけて申し訳ない、ようなことを言い、
お茶をもらいに行こうと言うと、みんなに悪いからいい、と言う。



そうしてやたらに気を使っている時には危険度も増す。
立とうとしている。一人でトイレに行こうとする。
センサーマットもあるし、ベッドもかなり低めになっているので
自力では立ち上がれないけれど、私に手を引っ張れだとか
何度も立とうとしていた・・・


こう言う時、火事場のナントカではないけれど、
思わぬ力が出そうでこわいなぁ。



ベッドの横に、ユニットリーダーの自筆で彼の名前が書いてある
メモがあった。


母に、書いてもらったの?って聞くと、



そう。それが、もの凄くコワいことがあって…



その後の話はちょっと混乱するのだけれど
まとめてみると、


そのリーダーの彼が死んだらしい。
なのに翌日、ケロっと生き返って目の前に現れ、
どれほど驚いたことか!


と言う話。私が、死んでなかったのよ~
って言い返すと、


しっ!!!!そんな大きな声で言ってどうすんの!



なぜ彼が死んだと思うのか?死んだところを見たのか?
その辺りは全く通じず、返答はない。
ただ、間違いなく死んだらしい。





母のところへ行くときは、少し早足のウォーキングを心がけて歩く。
でも帰りはいつも全くスピードが上がらない。
こんな日の帰りは特に、延々と道が続けばいいと思うくらい
ただただ歩いていたくなる。











にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-11-14 22:21 | ひとりごと。 | Comments(3)

レビー小体型認知症


今日は改めてのタイトル。


いつも読ませて頂いているペナコさんの記事を読んで
そのことを改めて思い出したから。


長くペナコさんの記事を読ませて頂いているけれど
キッカケはなんだったのか、気にもしていなかった。
改めて、そうかレビー繋がりだったのか、と。



今ではすっかり介護の師、ココロの友となった放浪カモメさま。
彼女ともレビー繋がりだった。




母は認知症なので、と何かの時に人に言うけれど
レビー小体型の認知症で…とまでは中々言えない。


私は日本ブログ村の、認知症 ってジャンルに登録しているのだけれど
別にレビー小体型っていうジャンルもある。久しぶりに覗いてみたけれど
登録は7名くらいで増えてはいない。



母がレビーだと最初に診断したのは・・・わたし。
母は、同じことを何度も繰り返し話たりしない。
だけど、どこの世界にいるのか、わからない。


今となっては、何型の認知症であっても変わりないけれど
そこに行きつくまでは本当に大変だったな。


それに第一、まだまだ介護は終わってないのだから。










にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-11-05 22:19 | ひとりごと。 | Comments(0)

入院特約その後


昨日、施設に郵便局の・・・正式にはかんぽ生命の?
渉外員2人に来てもらった。



ご本人の意志確認のため。


ご本人が特約の解約をご希望なんですか?と
母の部屋に入る前に聞かれて、


そういうご希望すらわかりませんから。





部屋に入ったら母は寝ていて、私が声をかけて起こして、



郵便局の人よ。保険のことで手続きしてもらうから~



とかなんとか言うと、母は、


わたしそんなん、わからんわぁ~。



以上で意思確認終了のようでした。

意志というよりは、生存確認的な。
と思うと、やっぱり必要なことだなと思いました。



その後、ロビーの机で手続きを。

入院の保険金請求の書類。
転倒した時の簡単な見取り図を書いて下さいと。


つい先日、マンションの駐輪場にいつも通りおいてた
私のオンボロ自転車が盗難にあい、まあなくなってももういいんだけど、
駅の駐輪場とかで見つかって厄介なことになるのも困るので
一応盗難届を出しにいったら、その時も盗られた場所の簡単な地図を、と
言われて困ったばかり。自転車、どっち向きに停まってたかも
書くんです・・・わたし、ひどい方向音痴なもので、大混乱です。




次に、入院特約の解除の手続き。
そしたら、本体の方も解約できますけど、と。
本体の方は払い込み終わってて、それを今解約して
何の得があるんでしょうか?



なので本体の方はそのままにしておくことにしたら
今度は死亡保険金の受取人が空欄なので、指定しておく、
これまた手続きの書類。



何度も母と私の住所と名前を書くことになったけれど、
一度に手続きが終わってよかった。



この、母が続けてきた簡易保険の入院特約。

一日1500円。
入院から4日間は免責で、5日目から対象となります。


今回病院で書いて?いや、ちょこっとプリントアウトしてもらった
診断書代、7500円。 入院、5日分にあたります。
結局10日以上入院しないと、請求したらマイナスになる。




年間13000円ほどを20年以上払ってきてるんですけど、
何の足しにもなってなかった入院特約。




改めて自分たちのも考え直さなくっちゃな、と思いました。






そう言えば、昨日は本当は 残尿検査の予約があった日でもありました。
ちゃんと病院に連絡してくれたかどうかは謎ですが、
昨日は天気も悪かったし、母はいつも通り穏やかだったし、
ムリに頑張って検査に連れて行かなくてよかったと、思っています。



もう一つ。センサーマットのその後。
購入を決めて、見積書をお渡しします…と言ったきり。
こっちから言う必要もないのでそのままにしてます。
これも段々、必要なくなってきてるんじゃないかな。










にほんブログ村
[PR]

by kissinheaven6002 | 2015-11-03 11:23 | ひとりごと。 | Comments(2)