入院3週間


入院4週目に入りました。


母の容態はそれなりに安定しています。
寝ている時はどんなに声をかけても目がはっきり覚めることはないけれど、
一旦目が覚めると、施設のベッドで寝ている時と変わりがないくらい。

ベッドの柵を揺らしたり、布団カバーを引き上げたり
結構な力です。


点滴も足首あたりから、一日1000mlの維持液を入れているだけで
紙オムツをしています。

ただ・・・口はふさがりません。




そんな母を見ていると、何だかわからなくなってくる。

鼻から栄養入れて下さい

って言えば、施設に戻れるんじゃないの?
そんな簡単なことが・・・延命・・・


いや、迷っているわけではなく、
何とも表現しにくい不思議な感じなんです。


先日、自分の歯の定期健診に行ったら
今痛みはないのだけれど、虫歯が見つかって
治療に時間がかかるだろうっていう診断で。
治療を始めて途中で何かあったら困るなと躊躇して
先送りにしてもらいました。


でも母を見てると、まだ大丈夫そうだから
治療始めるかな?
なんておもって予約入れたりすると
何かが起こるような気もするし・・・

っていう、堂々巡り。


友達から 今月下旬に出かけないかと誘いがあって、
一日だけのことだし、大丈夫だとは思うんだけど、
予定を入れるということに躊躇してしまう。


その友達に状況を伝えたら

一日でも多くお母さんに会いに行って
できるだけの親孝行をしてね

と。
もちろん悪気なんてない、お見舞いの言葉だってわかってます!

が・・・
ちょっと、
ハハハ…←カワイタワライ


毎日行っとるわーーーーーーーー





ていう感じで何もかもが保留先送りとなり、
待機状態です。
待機・・・それでいいのか?っていう自問。




兄も平日なんかもやってきてて、週二では来ています。
↑これがまた自分のペースを乱されてメンドクサイ


それから先日は大阪から従姉が来てくれた。
その時母は眠りモードだったんだけれど、
従姉が、耳元で、

おばちゃーーーーーん!

と何度も声をかけてくれて、
そしたら母も、うんうんと頷いて
きっとわかってたんだと思う。



おばちゃーーん、ガンバってやーーー
おばちゃんが一番、若いねんでーーー




え━━━(゚o゚〃)━━━!!!



確かに、従姉の母97歳、すみれさん91歳。
そして母約87歳。
一番若かった・・・




あとになったらきっと、
あの時もっとこうしてあげればよかったって
思うことがたくさんあるんだろうけれど、
それが何なのかは今の私にはわからなくて。
ただ、その日の母の様子を診察するために、
今日も買い替えたばかりの自転車に乗って
病院へ行ってきます。




ゲリラ豪雨にあいませんように。









[PR]

# by kissinheaven6002 | 2017-06-02 13:49 | ひとりごと。 | Comments(0)

のこりの時間


ドクターの話を聞いた日の夜は
流石にあまり眠れなかった。
何度も目が覚めて。
まさにココロがザワザワしてる感じ。



昨日病院からの帰り、施設によってみた。
でも会議中だとかで事務の人以外誰もいなかった。

伝言しておきますって言われて、
伝言レベルの話ではないんだけれど、
とりあえず、
ここに戻ることはできないかもしれないので相談したいと伝えておいた。


今朝、今年度より生活相談員になった、セカオワみたいな兄ちゃんから電話。



昨日お電話いただいた件で~
↑直接出向きましたけど、あたし。

入院が長引くので退去の手続きをということですね?

って、そんなこと言うてるかーーーーーー



先日のドクターとの話でも、お互い直接的明言はやんわり避けての会話でした。
人の命断言なんてできないから。
それがその兄ちゃんには伝わらない。
三が月後にはどこか他へ移るつもりみたいに受け止めてる。


三か月ももたないっていうことです!!!!


その後 施設長兼ケアマネに確認して折り返し連絡すると。
返事としては、退去はあくまでも入居者の意思なので
居住費はかかるけれどそのままで大丈夫だし、
途中で一日でも施設に戻ってくれば
そこからまた3か月と伸ばすことができると。
↑だからそういう状態じゃないって言うてるやろうがーーー

その間、一言のお見舞いの言葉も母の様子を尋ねる言葉もなし。

何だかイラっときたから、絶対答えられないだろうと思いながら、
退去したら住民票どうなりますか?

兄ちゃん、また誰かに聞きに行って、
元いた住所にもどして下さい。

住民票移すのはちゃんと居住してからでないとムリじゃないですか?
↑最初に母が倒れた時に散々苦労した件なので。


兄ちゃんまた周囲に聞いて、
退院後そこに戻る予定ということで転入手続きできますって。


え~~~、ホントかなぁ~~~
これ違ってたら大変なことになるけどなぁ。


というような一連の不愉快なやりとりがあったので
この件については考えるの止めました。
お金がかかろうと、住民票の行き場がない苦しみを
思い出すのも辛いので。


あ~今まで抑えてきた不満が噴出しそうで自分がコワい。







そして今日の母。
目はぼんやりあいているけれど、
顔を覗き込んで呼びかけても全く反応はない。
口も大きく開いていて、呼吸音を聞いていると
眠っているようだけど、目は開いている。
もしかして、意識レベルで言うとかなり低い状態か?
と顔をみてると思うけれど、
やっぱり手は動いている。
ベッドの柵を指でなぞったり、
結構な力でガタガタ揺らしたりしている。
この手の動きは ”うわごと” みたいなものなのかもしれない。
自分の意思と関係なく動き続けてるみたい。
途中2回ほど、肩をトントンして声をかけたら
眼だけが左右に動いた。反応はそれだけだった。
溶けてしまってる氷枕もあったので、午前中は熱があったのかも。


のこりの時間はそれほど長くはないのかもしれないと
今日は感じた。







[PR]

# by kissinheaven6002 | 2017-05-24 21:40 | ひとりごと。 | Comments(0)

静かに受け止める


さっき主治医にお会いしてきました。


私が見たまま、感じたまま。
ただ、医師にはっきりと言ってもらえて
もちろん涙が出そうになったけれど
気持ちが決まったというのか、落ち着きました。


肺炎は治まっているようだけれど、
やはり口から栄養を摂取できるまで回復は見込めないと。
点滴も今は最低限必要な水分だけなんだそうです。

医師も、私の気持ちを探り探りのようだったので、
ほぼ毎日見舞いに来て、口の状態を見ているけれど
口からはもう難しいだろうと覚悟はしていると伝えて。

最初の診察の時に、
とにかく早く施設に戻りたいと言ったことも覚えていてもらってて
そのことも尋ねられたので、
入院が長引いて、いろんな検査を受けるのが可哀そうだからと説明すると
それももう心配いらないと。
病院の方ではすでに、ターミナルケアの段階なんだと思いました。


この病院は三か月を超えて居られるのかと聞いたら、
今の状態で三か月を超えることはないと思います、と。

そりゃそうだ・・・すでに水だけの状態になっているんだから。

このまま、老衰ということになります。




気のせいなんだか、前の入院の時より
看護師さんたちが優しい気がするんです。
前の時はもっともっと動いてたから拘束もされていたし
いろいろ話もしていたし。


母は今日も口を大きく開いたままだったけれど、
口の中がよく手入れしてもらってるのか
綺麗で、それが嬉しい。


今思うと、施設で食事がペースト状になった時点で
歯ブラシをやめてスポンジで手入れに変わってるべきじゃなかったんだろうか。


私と同年代くらいのおばさんスタッフさんが一人いて、
その人はよく、母がこんなに手がかかってるんですよアピールをする。
夜ナースコールをいじって頻繁に押すとかね。


そのスタッフが
飲物すべてとろみをつけても
歯磨きの水にはとろみつけられなくて大変なんですよ~
って言ってたけど、


スポンジ使えや!!!!


って、今頃ぼやいてみる。





今、母は2人部屋にいて、日に2000円ばかし差額が出ている。
6人部屋はものすごく狭かったし、
なんだか看護師さんも親切にしてくださるし、
このまま行こうと思う。



さて・・・特養はどうすればいいんだろう?
待っている人も多いはず。
早速、退所の手続き・・・するのか?
退所したら、担当ケアマネってどうなるんだろう?


アタフタしないで、その辺り、ちゃんとしていきたいと思います。
















[PR]

# by kissinheaven6002 | 2017-05-22 18:09 | ひとりごと。 | Comments(4)